【告知】『学生日記.asia』からドメインが変更になります(・∀・) 詳しくは ⇒こちら

『音』で趣味と仕事が捗る!? Bose Companion20を買ったのでレビューしてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今回は以前から愛用していたスピーカーの調子がどうもよろしくないので思い切って新しいスピーカーを購入してみました。

まあ、もう買っちゃったんですが(笑)

今回私が購入したスピーカーは『Bose Companion20』です。

Bose companion20

そうです。

あのBOSEです。

学生の私にとってBOSEのスピーカーはちょいちょいお高いですが、いつも通り背伸びをして購入しました。

今回はそんな背伸びをして買ったBOSE Companion20の商品レビューをやっていきたいと思います。

BOSEとは?
坊主じゃないですよ。ボーズです。
BOSE(ボーズ)とは、アメリカに本社があるスピーカーを主とした音響機器開発製造企業。

比較的お高いスピーカーが多いが音質やデザインが素晴らしく、プロやハイ・ユーザーの支持を受けている。
sugiもそれに魅了された一人。

BOSE Companion20はこんなスピーカー

Bose Companion 20 multimedia speaker system : PCスピーカー バスレフ型 シルバー Companion20【国内正規品】

スポンサーリンク

BOSEからは家庭用やホームシアター用など様々なスピーカーやイヤフォンが発売されていますが、私が今回買ったスピーカーの部類としては『コンピューター向けのステレオスピーカー』という部類に入ります。

ちなみに同じ『コンピューター向けのステレオスピーカー』のカテゴリーを見てみると、BOSE Companion20以外に3製品がラインナップされていますので軽く紹介しておきます。

『コンピューター向けのステレオスピーカー』としては最も高価な『BOSE Companion 5 multimedia speaker system』

BOSE Companion5 マルチメディアスピーカー [並行輸入品]

商品のキャッチコピーが『映画館のようなサウンドをパソコンで楽しむ』なんて素敵なものになっています。

USBケーブル1本でパソコンと繋がり、部屋がまるで映画館になったようなサウンドを楽しむことが出来るんだとか。

『コンピューター向けのステレオスピーカー』としてはは2番目に高価な『BOSE Computer MusicMonitor』

Bose Computer MusicMonitor : PCスピーカー シルバー MusicMonitor M2【国内正規品】

実は当初私が購入を目論んでいたのがこのスピーカーだったのです。

が、何分学生には高い。

って訳でやむなく断念しました。

音質は私が購入を検討していたので良いです。(視聴済み)

スポンサーリンク

BOSEで一番安いスピーカー『Companion 2 Series III multimedia speaker system』

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system : PCスピーカー バスレフ型 ブラック Companion2 III BK【国内正規品】

個人的な感想ですが、BOSEにしては重厚感が足りない・音に厚みが足りないという印象を受けたスピーカーです。

ただ、1万円前後で購入できるスピーカーとしては非常に優秀ですので低価格帯でBOSEの音を楽しみたいユーザーにはおすすめ出来るスピーカーです。

と、まあこんな感じで今回購入したBOSE Companion20を入れると4種類が『コンピューター向けのステレオスピーカー』としてラインナップされています。

BOSE Companion20を買ってみた!!

そんな訳で今回はBOSE Companion20を購入した訳ですが、実は購入前にアウトレットモールでBOSEストアで視聴していたんですね。

その時にBOSEって凄い!

って惚れてしまい、ずっと欲しい欲しいと思っていてようやく今日買えました!!

スピーカー配置とレイアウト

BOSE Companion20は本当に良いスピーカーだったのですが、私があまり音には詳しくないので、素人レベルでBOSE companion20を紹介したいと思います。

まあ、1つの購入事例として参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

BOSE Companion20の使用用途

itunes

まずはBOSE Companion20を買ってから使う予定の使用用途を紹介します。

私はまだ学生ですが、専門学校を卒業してからは一度会社に就職するにしろニートになるにしろ、最終的には自分で会社を作って起業することを1つの目標にしていました。

事業内容は多分Web制作とかパソコンを使ったIT系の仕事になる予定です。

つまり、自宅での作業が凄く多くなる予定なんですね!

なので作業用BGMを流しておけるスピーカーには拘りたかったんですね。

まだ学生ですがBOSE Companion20の主な使用用途は作業用BGMの再生ですね。

音源はYouTubeで『作業用BGM』とか検索して出てくる音源やiTunesで購入したMP3ファイルがメインです。

まあ、至って普通の使い方をする予定で購入しました。

追記 最近はAmazonのMP3デジタルミュージックの音源の方が音質が良くコピー制限やデータ保護などもされていないのでAmazonでMP3デジタルミュージックを購入しています。

おすすめですので興味のある方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

Bose Companion20の外観・デザイン レビュー

では次にBOSE Companion20の外観を見ていきましょう。

Bose companion20を安く買う方法

BOSE Companion20の外観デザインはApple製品との相性が最高です。

Bose companion20を安く買う方法

いま使っているのはWindowsの自作PCですが、将来的にはiMacとMacbook Proの環境に置き換えていきたいので、今後の部屋のレイアウト次第でBOSEとiMacを合わせた紹介とかもやっていきたいと思います。

BOSE Companion20自体は結構前から売られているモデルのスピーカーなのですが、デザインに古さを感じないのは良いです。

まあ、新モデルや後継機がまだ発売されていないので見劣りしないのも1つの要因かと思いますが。

BOSEスピーカーの操作は『コントロールポッド』を回してタップするだけ!! これは凄い!!

以前、BOSEのショールームに行った時に驚いたのがこれ↓

Bose companion20コントロ−ラー

BOSE Companion20にはリモコンなどが付属していないので、電源のオン・オフやボリューム調整はこちらの『コントロールポッド』というもので行います。

なのでスピーカーを左右に配置してどちらか手の届く場所にコントロールポッドを配置しておくスタイルになります。

電源のオン/オフはBOSEロゴ(シルバー部分)をワンプッシュするだけ。

するとBoseロゴの上が光り電源が入ります↓

Bose companion20かっこいい

電源のオン・オフがタップするだけなので良いです。

シンプルです。

クールです。

素晴らしいです。

最高です(・∀・)

Bose Companion20の拡張性 利用できる入出力端子は??

一方でBOSE Companion20の実用性についてはどうでしょうか。

BOSE Companion20で利用できる拡張穴はAUX2本とイヤフォン1本となっています。

Bose companion20価格

普通に使う分には全く問題のない拡張性に見えますが、個人的にはiPhoneやiPadからワイヤレスで音を飛ばして音楽を楽しむといった使い方もしてみたかったので、BOSE Companion20にBluetooth接続が付いていないことが少し残念でした。
次に発売されるBOSE Companion20の後継機にはBluetoothが搭載されることを願いたいですね。

ちなみにイヤフォン出力は今のところ使うシーンがないので放置しています。

Bose Companion20をワイヤレス化する方法 BOSE 活用術

前記したとおりBOSE Companion20にはBluetoothが搭載されていないので有線でのみオーディオを再生することが出来ます。

しかし、それでは少々不便に感じてきたので少しばかり投資してみることに。

今回はBOSE Companion20をワイヤレススピーカーにするべく『Bluetoothレシーバー』を別に購入してみました。

BOSEスピーカー活用

こちらの製品を使うと、Bluetoothに対応していないスピーカーもBluetooth化することが出来るという優れもの。

しかも、音質が大きく劣化することなく楽しめるとあってsugi絶賛のおすすめガジェットです。

型番はBT-WRV01というものなのですが、結構前に買ってからだいぶ時間が経っているので、同様の機能を持つBluetoothレシーバーの紹介をしておきます。

興味があれば下のリンクから詳細を確認してみてください。

ちなみに、Bluetooth化するとiPhoneやiPadやスマホからBOSE Companion20に音楽がワイヤレスで飛ばせるようになります。

Bluetoothオーディオレシーバーの使い方

iPhoneの場合は『設定』から『Bluetooth』の設定画面に入って出てきた製品型番をタップして『ペアリング』すれば利用出来るようになります。

iPhone Bluetoothペアリング

詳細は購入したBluetoothオーディオレシーバーに入っている説明書を確認してみてください。

Bose Companion20の音質レビュー

さて、肝心の音質ですが間違いなく満足出来る音質だと思います。

同じBOSE Soundlink miniという持ち運びが出来るスピーカーと比べると音の広がり方は圧倒的にBOSE Companion20の方が良いです。

また、BOSE Computer MusicMonitorとBOSE Companion20を比べるとBOSE Computer MusicMonitorの方が音が硬い感じがしました。

結局長い時間曲を流しっぱなしにするのであればBOSE Companion20の方が向いていると感じましたので、結果としてBOSE Companion20を買って良かったと思いました。

ただ、音は本当に人によって感じ方が全く違いますのでぜひ購入前には先入観を持たずに視聴して欲しいと思います。

BOSE Companion20は強すぎる『重低音』が特徴的

BOSE Companion20の音の特徴としてはとにかく低音が響きます。

一方で中音や高音域も軽快に出してくれている印象です。

結構強めに低音が出るのでマンションやアパートなどの集合住宅にお住いの方は注意しないと苦情が来る可能性もあるかと思います。

私の場合は実家で弟の部屋が隣で『BOSEうるさい』って文句を言われていました。

そこで、私が行った対策は『イコライザーの調整』です。

あまりにもBOSE Companion20は低音が出すぎるのでイコライザーで調整して低音を抑えて高音が出やすいようにしたら最高に満足のいく音が出るようになりました!!

イコライザーはiTunesでも調整できますし、MacであればVOXというアプリがおすすめですのでぜひ試してみてください。

アプリ1つでも音は劇的に変わりますので、毎日BOSE Companion20で音楽を楽しんできたけど飽きてしまった・新しいスピーカーの購入を検討している。

なんて方は購入前に一度イコライザーの調整を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか?

今回紹介したBose companion20というモデルは新品で3万円程とパソコン向けスピーカーにしてはお高いスピーカーですが音質もスピーカーのデザインも凄く気に入りました。

BOSEの製品で共通している驚きポイントは幾つかありますがBOSEのスピーカーを使っていて一番驚くのは『お前、その音どこから出してるの??』ってことだと思います。

スピーカーの大きさからは想像も出来ないような上質で部屋全体に響き渡る重低音が凄いです!

表現としては『音に厚みがある』とか『臨場感がある』という表現が正しいのでしょうか。

スピーカーの音をレビューするのは難しいですね…

スピーカーの購入を検討している方で予算が3万円前後であれば、今回紹介したBOSE Companion20がおすすめです。

BOSE Companion20は間違いなく買って損をしない・期待を裏切らないスピーカーであると使ってみて感じました。

さすがにお高いスピーカーなので、機会があればBOSEを扱っている家電量販店やBOSEショップで視聴してみることをおすすめします。

BOSE Companio20は本当に良いスピーカーでした(・∀・)

Macユーザーの方は部屋のインテリアにもなるのでオススメです(笑)

私はBOSE Companion20シリーズがとても気に入っているので、これからも大切に使っていこうと思います。

皆さんもおひとついかがでしょうか。

今回紹介したBOSE Companion20

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする