【告知】『学生日記.asia』からドメインが変更になります(・∀・) 詳しくは ⇒こちら

Apple Watchは買いか!? Apple Watchの使い道や活用術を徹底レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

今日は価格が下落してきているAppleのApple Watchを購入してみたのでそのレビューをしてみたいと思います。

これからAppleWatchを買おうと思っている方は今が狙い時です。

今さらだけどAppleWatchを買ってみた。

AppleWatchが発売されてから少し日が経っていますが、ようやく手に入れました。

やっぱり新製品は一度買って使ってみたかったので買っちゃいました。
AppleWatch時計_画面種類

今回買ったのはスポーツモデルのAppleWatchです。

サイズは42mmのやつです。

AppleWatchが安く売られている楽天市場ストア

AppleWatch開封レビュー

では早速ですがAppleWatchを開封していきます。

まずは箱です。

スポンサーリンク

Appleウォッチ箱

アップル製品は入れ物から凄く拘っていて、AppleWatchの箱もまるで宝石箱のようです。

AppleWatchに限らずApple製品はギフトやプレゼントに向いているパッケージですね。

高いけど。

AppleWatchの付属品はこちら。

Appleウォッチ

付属品は本体と説明書と、替えベルトと充電アダプターと充電ケーブルが付属してきます。

ここで箱に書いてあるAppleWatchスポーツの説明を簡単にしておきます。

applewatchレビュー

AppleWatchには様々な種類のラインナップがありますが、サイズは37mmと42mmの2種類があります。

スポンサーリンク

私が今回買ったのは42mmサイズです。

そのほかベルトや仕上げ方法などでモデル名・値段が変わります。
AppleWatchスポーツモデルはAppleWatchシリーズの中で一番安いのでおすすめです。

とは言っても中古でも3~4万円ほどしますがね(笑)

AppleWatch本体 レビュー

AppleWatchを開封したところでAppleWatch本体の紹介をやっていきたいと思います。

AppleWatchかっこいい

AppleWatchスポーツの場合、ベルトはシリコン素材で触った感じは滑らかで良い感じです。

汚れが付着しても石鹸などで落ちそうな素材です。

本体表面はガラス素材で、触った感じはiPhoneやiPadのガラスと似た感じです。

AppleWatchはタッチパネルなのでタッチ操作もできます。

周囲はアルミニウムで出来ており、iPhone6を小さくした感じです。

スポンサーリンク

質感はさすがAppleと言ったところ。

品質は凄く良いです(・∀・)イイ!!

またAppleWatchに付いている物理ボタンは横側に2つだけ。
AppleWatchデザイン

初めてAppleWatchを見た時は『これで本当に使えるのか??』って不安になりますよね(笑)

けど、これでちゃんと使えるんです(笑)

また、AppleWatchの横側を見てみると丸みがかった綺麗なエッジ処理がされています。

手触りは最高でした。

続いてAppleWatchの裏面。
AppleWatch防水性

AppleWatchの裏側にはセンサーと充電アダプターを接続する場所になっています。

ヘルスケアなどの健康アプリを使えば、AppleWatchを着けているだけで心拍数などを測ることが出来るようになっています。

AppleWatch心拍数測定

そのほかランニングなどの運動にも使えるようです。

AppleWatch運動

ヒッキー(引きこもり)の私には縁のない機能ですね。

ちなみにAppleWatchを充電するときは裏面に…

AppleWatch充電

聴診器のようなマグネット式アダプターをくっつけて充電します。

AppleWatch充電器

仕組みはMacで採用されているMagsafeと似ています。

聴診器を胸に当てるような感覚です。

AppleWatch充電中はこんな感じ。AppleWatch充電器聴診器

またAppleWatchを充電している時に置いておけるスタンドなども販売されています。

AppleWatchの電源を入れて使ってみた

AppleWatchの電源を入れて実際に使ってみました。

AppleWatchディスプレイ強度

電源を入れるとAppleWatchの電源を入れるとホーム画面が表示されます。

AppleWatchの画面表示は内蔵センサーで腕を曲げたアクション(普段時計を見る動作)をすると勝手に液晶がオンになって画面が表示される仕組みになっています。

それか横側のボタンを押せば画面が映ります。

AppleWatchに用意された時計のデザインは様々 毎日違う柄の時計が楽しめるぞ

AppleWatchの時計モードは豊富です。

気分によって時計の柄やアナログ・デジタル表示を切り替えられるのは素晴らしいですよね。

本当にシンプルなデジタル時計からAppleWatch地球時計

シンプルな蝶柄デジタル時計や
AppleWatch時計_画面種類

著作権でうるさいディズニーのミッキーマウスも登場しています。
AppleWatchミッキー時計

ディズニーファンには嬉しい仕様ですよね。

もちろん普通のアナログ時計もあります。

AppleWatchを使っておいて何ですが、私はやっぱりアナログ派ですね。
AppleWatchレビューしてみた

AppleWatchの時計の文字盤は作り込まれているので時計らしい質感が再現されていたことに驚きました。

時計とは少し外れますがAppleWatchには独自のストップウォッチ機能も付いています。

表示はカッコいいですよね。AppleWatch心拍数

使い勝手も良く時間を測る機会が多い方には実用的な機能だと思います。

これ、横で使っていたらかっこよくないですか??

絶対カッコいいですよね!?

AppleWatchの充電の持ちって実際どうなの!? 防水性能は??

ここで皆さんが気になるAppleWatchのバッテリーの持続時間について。

AppleWatchバッテリー駆動時間

私が2ヶ月ほど使ってみたところ、AppleWatchの充電は1日は確実に持ちました。

余計な操作をしなければ2日間充電しなくても使えました。

一度も液晶を表示させることなく待機状態で放置したら3日はギリギリ持ちました。

初代AppleWatchでこれだけ持っているので実用面的には合格レベルだと思います。

AppleWatchの防水性はこれから頑張って欲しいですね。

初代AppleWatchでは、生活防水レベルはクリアしているとのことですが、あまりガツガツ濡らしたりプールや海中では使えなさそうですね。

せいぜい雨に濡れても大丈夫。程度であると思います。

2世代目以降では10m防水位には対応して欲しいですね。

そうすると、だいぶ買いなスマートウォッチになると思います。

今後の進化に期待です。

AppleWatchはiPhone在りきで考える時計だけどiPhoneがあれば100倍効率が上がるガジェットに間違いない。

AppleWatchはiPhoneのシステムに”寄生”しているところがあります。

ネット回線もBluetooth経由でiPhoneから取得しています。

なのでAppleWatchでは回線契約が不要ということになります。

iPhoneがネットに繋がっていれば、siri経由で天気や乗り換え案内なども調べる事ができます。

AppleWatch電話機能は使えるか

AppleWatchにはスピーカーも内蔵されているので通知音やバイブレーションで通知を受け取ることが出来ます。

また、AppleWatchから電話を掛けることもできます。

AppleWatch電話

使い方は簡単。

誰に電話を掛けるか選んで押すだけ。

ところがAppleWatchにイヤフォン穴などは無いので周囲に会話が丸聞こえになります。

これはいかがなものでしょうか…

また通知をオフにしたい時にはAppleWatchの通知をオフにすることも出来ます。

AppleWatch接続機器

機内モード・おやすみモード・マナーモードから選べます。

この辺はiPhoneと一緒ですね。

あと、パスコードでAppleWatchをロックすることもできます。

AppleWatchパスコードROCK

腕に取り付けた段階で1度入力すれば、腕からAppleWatchを外すまで次回以降入力しなくてOKという仕様なので盗難対策としては便利でしす。

実際にAppleWatchを2ヶ月ほど使ってみての感想

AppleWatchホーム画面

実際にAppleWatchを購入してから2ヶ月ほど毎日着けて使ってみました。

使い勝手(操作)には少し慣れが必要であると感じましたが、質感が良いので愛着が湧きますね。

iPhoneの通知をバイブレーションで知らせてくれるのは凄く便利でした。

それからsiriを使った操作で天気を調べたり株価を調べたりといった活用方法も出来たので、siriがさらに進化した時こそAppleWatchが最大限に活躍できるのでは!?なんて考えながら使っていました。

出来ることはAppleWatchに対応したアプリを入れていけば増えるので今後に期待のガジェットです。

現時点で普通に時計として使うには1日2日でバッテリーがなくなるので毎日家に帰れる方であればAppleWatchは良いものだと思います。

ただし泊まりや外出が多いと途中でバッテリー切れになってしまう場合もあります。

AppleWatchの充電中は腕に巻けない・使えないというのも考えものですね。

AppleWatchは買いか!? まとめ

いかがだったでしょうか。

AppleWatchはAppleの新製品なだけに注目が集まっています。

今後Appleがどういった形で時計をリデザインしていくのか注目ですね。

個人的な感想ですが、AppleWatchはビジネスマンや予定がびっしりの方には特におすすめしたいです。

AppleWatchはiPhoneと連携できるので予定の通知の見落としを減らす効果もありそうです。

その一方で、AppleWatchはiPhoneに”寄生”して活動しているようなガジェットなので、そもそもiPhoneを使いこなしていない方にはあまり必要ないかもしれません。

事実AppleWatchはiPhoneで見れる情報や通知をAppleWatchで見れるようにしているものです。

まあ、使い方は人それぞれですが少なくともiPhoneを最低限使いこなしてからステップアップしてAppleWatchを買うことをおすすめします。

AppleWatchは製品的な品質も良いですし初代AppleWatchにしても完成度は高いものだと思います。

予想していたよりもAppleWatchは熱を持たなかったですし、バッテリーの持続時間も1日外出していても全く問題ありませんでした。

なかでもAppleWatchの画質とバイブレーションでの通知は気づきやすいので便利です。

いつもプレイしているゲームのキャンペーン情報やメール・着信通知などもiPhoneの画面を見ることなく概要を受け取れるので便利です。

ただし、AppleWatchのようなスマートウォッチは普通の時計とは在り方が異なりますので10年も20年も使っていくのは難しいかと思います。

内蔵のバッテリーもありますし、液晶画面がある限り破損に注意しなくてはなりません。

総合的に考えると”いま”をより便利にしたい方にこそAppleWatchはおすすめであると思いました。

AppleWatchの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

では。

AppleWatch 関連商品

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする