【告知】『学生日記.asia』からドメインが変更になります(・∀・) 詳しくは ⇒こちら

在宅ライターを始める前に知っておきたい知識 まとめ

シェアする

スポンサーリンク

皆さんこんばんは(・∀・)

今日は在宅ライターを始める前に知っておきたい前提知識とかお金の話をまとめてみました。

これから在宅ライターをやってみたいと思っている方は必見です。

【会員30万人の実績】 文章書いてお金をもらおう♪

【大前提】在宅ライターに登録料や前金は一切ありません。

在宅ライター キーボード

せっかく在宅ライターをやろうと考えている方の邪魔をするのが『詐欺』ですね。

このブログでは何度も言っていますが在宅ライターになるためには登録料や前金といったものは一切必要ありません。

私は複数の在宅ライター業務を経験してきましたが、これまで登録料や前金を払ったことは一度もありません。

むしろ作業をして成果物を出すのだから向こうが着手金を払うのが筋でしょ?ってさえ思っています。

以前に一度だけ在宅ライター募集の掲示板から連絡を出してみたら、男から電話がかかってきて金銭を要求されたことがありました。

もちろん即断ってやりました。

スポンサーリンク

なんで仕事して給料貰うのにお金払わなきゃならないの?って思いますよね。普通。

向こうは『高額案件を回すための保証金』と言っていましたが、私がその会社の社長だったら保証金より良い記事を書いてくれる人にお願いします。

そんなにうまい話はありません。

皆さんも在宅ライター詐欺には気をつけてくださいね。

『在宅ライター』って何をする仕事なの??

ノマドワーク 自宅で仕事

記事の頭が半ば脅しになってしまいましたが…

このブログを読んだ方が被害に遭われないことを願っています。

さて、在宅ライターとはその名のとおり在宅(自宅)でライティング(記事執筆)をするお仕事です。

在宅ライターはクライアントとよばれる依頼者から案件を貰って記事を書いて納品することで成り立っています。

パソコンとネット環境と正しい日本語が使えれば誰でも在宅ライターになれることもあって、いまでは人気の副業になっています。

スポンサーリンク

在宅ライターはアフィリエイトなどの副業とは違って納品した記事数で報酬が発生するので本業の他にお小遣いが欲しい方や主婦や学生などにも人気になっています。

在宅ライターに向いている人と向いていない人

在宅ライター キーボード

在宅ライターはやり始めるのも辞めるのも簡単です。

ですが、やはり向いている人と向いていない人がいます。

個人的に思う在宅ライターの資質のある人の特徴としては…

◎ パソコン・タイピングが得意
◎ 自分の興味があることを突き詰めるタイプの人
◎ 誰かに物事を教えるのが上手な人
◎ 責任感があり約束が守れる人
◎ コミニュケーションが取れる

といった点が挙げられます。

仕事が速いという意味でパソコンが使えてタッチタイピングが出来る人の方が間違いなく有利ですし、自分の興味があることを調べて書けるリサーチ力も大事です。

さらに自分が知っている・経験してきたことを誰かに紹介できる力はライティングをする上では威力を発揮します。

また、クライアントと意向を確認したり納期などの約束をきっちり守れる人の方が案件を取りやすく、継続で頂けるお仕事も増えてくると思うので、在宅ライターを長く続けていこうと思っているのであればコミニュケーション力は必須ですね。

『在宅ライター』がやってダメなこと。

在宅ライターには、幾つかの禁止事項があります。例は以下の通りです。

スポンサーリンク

半ば常識的な話になりますが…

コピペをしない

文章にも著作権がありますので、他人の記事を勝手に持ってくるのは犯罪行為になります。

これをやってしまうと、今までやってきた報酬を全額没収されるほか追加で賠償金なども発生してくるので要注意です。

連絡無視/自然蒸発

会社の上司から連絡が来ていたのに『面倒』といった理由から返信をしないと…

どうなるか分かりますよね。

在宅ライターは、ネット上だけでのやり取りで完結してしまうので連絡無視や自然蒸発するのはNGです。

納期の厳守

クライアントが指定してきた納期に間に合わせるのは当然です。

しかし、どうしてもの事情がある際などには数日前から打ち合わせを行う必要があります。

これは相手に迷惑をかけないためにもとても重要なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

在宅ライターを始めようと思っている方は、普通の日本語力と相手にどうやったら伝わるのかを考えられる方が向いていると思います。

その上でクライアントと良い関係づくりが出来るのが一番の理想です。

私はかれこれ在宅ライターは3年目になりますが、大きな問題もなくここまでやってこれました。

自分の知識を広げるため・タイピング練習がてら在宅ライターをやってみるのも良いと思います。

何事も経験ですからね。

在宅ライターを募集している企業をまとめました。

在宅ライターを募集している企業をまとめてみました。

興味のある方は一度チャレンジしてみてください。

では。

【2017年最新版】ライターを募集している企業まとめ ライターを目指している方は必見!!
皆さんこんにちは(・∀・) 今日はライターを募集している会社・企業を紹介したいと思います。 これから在宅ライターを始めようと思っ...

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする