スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

千葉から東京があまりにも遠すぎるので今一番欲しいものは「どこでもドア」です

東京メトロはCMに”ドラえもん”を起用しているようですが、東京メトロはそれより先に”どこでもドア”を開発すべきだと勝手に思っているsugiです

 

さて、先日の記事の続きです(笑)

【20代で独立】というタイトルで前回は私sugiが昨年から今日まで経験したことをまとめて書いてみました。

 

今日はこれまで出会ってきた方々の中でも私の中に強い印象を残している「成功者の共通点」を私なりの視点から紹介・分析してみたいと思います

山形から千葉に出てきて月数百万を安定して稼ぐ人が私の周りに増えてきたのでその人たちを見ていて「この人すごい!」って思ったことを書いていきます

20代で独立したい方は必見です

「成功者」は常に”自分で決めた目標”を持ってる

周りより「お金持ってる人」や「結果を出している人」に共通していることは、”常に目標を持っている”ということです目標の形は人それぞれ違いましたが、経営者など数字や結果を求められる仕事をしている方は決まって「自分で決めた目標」を持っている人が多かったです

これは、誰かに決められた目標や会社の目標としてではなく”自分で勝手に決めている目標”です

スポンサーリンク

誰に頼まれるでもなく成功者は自分で勝手に目標を決めている方が多いです

 

常に目標を持つことを怠る方は多いですが、目標を持つというのは「具体的なゴール・通過点を決める」ということなので凄く大切なことです

 

そして教えて頂いたアドバイスを元に私が考えた「理想的な目標の決め方」がこちら

○ 「短期」の目標と「長期」の目標、最低2つを持つこと
○ 大きすぎる目標は最終的に自分が辛くなるので、小さな目標をたくさん書いて「ステップアップ方式」で進めること
○ 自分のいまの実力をしっかり把握すること
○ 目標には「期限」を設けること。「できた」「できない」に関わらず反省会をやること
○ 「目標をクリア」したら次の目標を作る。ダメだったら徹底的に「なんで出来なかったか」を追求する

あなたが天才でもない限り、決めた目標に対して必ず期待通りの結果を得ることは難しいと思います

そんなの当たり前です

 

それが出来ているならこの記事は読まなくて大丈夫です

ダメだったなら、その原因を徹底的に考えて改善すれば良いだけです

単純なことですが「なぜダメだったの?」という本質を考えることが出来ないと、いつまで経っても前に進めないものです

成功者との「差」はどこまで問題に真摯に向き合えるかだと思います

「成功者」は自分の目標を公言する

これは私も実践しています

成功者は自分の目標を公言している人が多いです自分の目標を公言するということは出来なかった時のリスクなどを考えると相当大きなものです。
けれど、その逆でメリットもあります

スポンサーリンク

それは、自分の目標に共感してくれる人が現れる可能性です

仲間でも、協力者でも、出資者でも、銀行でも「この人はこんなことがやりたいらしい。じゃあ一緒にやりませんか?」というお誘いを頂ける可能性が広がるのです

そうすると、自分ひとりの力では絶対に無理なことにも挑戦するチャンスを得ることが出来ます

自分の考え・やりたいことを誰かに共有することって凄く重要だと思います

「成功者」は粗探しより「良い部分」を探す

成功している人は相手の良い部分を探そうとします

悪い部分があったとしても、良い部分を見つけてくるからたまに怖くなるほどです

そして、自分が良いと思ったこと・理由を相手にダイレクトに伝えます

 

そうすると相手は「自分のことをちゃんと見てくれている・評価してくれているんだ」と感じますよね

粗探しをするのは誰でも出来ますが、相手の良いところはよく見ていないとなかなか気づかないものです

決して相手をおだてる訳ではなく「ちゃんと相手を見ている」という旨のことを伝えるのです

プライド?なにそれ?おいしいの??

たまに「社長=偉い」という大バカな考えを持っているとんでもない奴がいますが、それは大きな間違いです

私が千葉に来てから個人事業主や代表取締役社長にはかれこれ30人以上会ってきましたが、誰ひとりとして威張り散らす社長はいませんでした

社長とは会社の顔であって責任者です

スポンサーリンク

会社に問題が発生した時に指揮する手腕と責任能力を持っているから社長が務まるのです

 

平社員や入社したての人にとって、重役出勤(遅く来て早く帰るなど)をして一見仕事をしていないように見えてしまう社長もいるようですが、社長ほどリスキーで安定しない仕事はありません

理想的な姿しか見ていないものだから「あの社長は」とか愚痴れますが、そんな半端なもので社長をやっている人はいません

 

また、できる社長に限って高いプライドや自尊心を持ち合わせていない場合が多いように感じました

なかには「プライド?なにそれ?おいしいの? 俺はフライドポテトの方が好き。」とかクレイジーすぎることを言ってる社長もいました(笑)

 

もし、独立すれば自由気ままでわがまま放題できるとか考えているなら絶対成功できないのでバイトでもしていた方がよっぽど社会貢献できると思います

社長ほどいつも謙虚で地味な仕事をしている人はいないです

飲みの席で社長の愚痴を言ってるあなた。そんなに言うならあなたが社長になってみては?

まあ、愚痴で人のせいにしているうちは大概なにをやっても人は付いてきませんし、成功なんてあり得ないと思いますが(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか

本当はまだまだ書けますが、長くなってしまうので「続きが気になる」とか反響があればまた続きを書きたいと思います

 

成功している人や上手くいってる人には面白いほど共通点があって、いずれも凄く参考になる話ばかりです

私は仕事柄、自分より年上の方との付き合いがとても多いので毎日たくさんの刺激を受けてます

その分、毎日緊張していますし自分の勉強不足を痛感していますがね…(笑)

まあ、それでも楽しく仕事ができているので周りに感謝しつつ今日も仕事を頑張ろうと思ってやっているところです

20代で独立したい方は、機会を見つけては成功されている方と積極的に話をしてみてください

スポンサーリンク

きっと人生変わりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で