スポンサーリンク

今回は前から気になっていたスイフトの”ルームランプ”をLEDに交換したので、ルームランプの交換方法を紹介したいと思います。

純正のルームランプからLEDルームランプに交換すると、車内が明るくなるだけでなく、ドレスアップ効果も期待できるので電装系をカスタムしていこうと考えている方は必見です。

「純正ルームランプ」が暗かったので「LEDルームランプ」に交換してみた!

スイフトを納車してしばらく経ちますが、夜間走行が多いsugiは夜の車内に不満を持っていました。
純正のルームランプは暗いです。
DSC02290走行中もずっと点けておく訳ではないので別に良いっちゃ良いですが…
荷物の積み下ろしをしたり、手元が十分に明るくならないのは少々不満でした。

そこで、今回は思い切ってルームランプをLEDに交換してみました!

スイフトの「ルームランプ」は1箇所しかない!?

ところで、私が乗っているスイフトのルームランプは運転席と助手席の間に1つだけしか付いてないです…DSC02283フィットもノートも当たり前のように後席部にもライトが付いているのに…
どういう訳かスイフトのルームランプは前席にしか付いていません。
夜に走行する機会が多い私としては純正のハロゲンライトでは暗くて不便を感じていました。

調べてみると、後からスイフトにルームランプユニットを増設することも出来るようですが”気軽”ではなかったので今回は見送りました。

「LEDルームランプ」に交換する方法

では実際に、ルームランプをLEDに交換する方法を紹介したいと思います。
ルームランプの交換は家庭用の電球を交換するような感じで簡単にできます。
まず準備するものから

交換する「LEDルームランプ」本体

まずは交換するLEDルームランプを用意します。

ルームランプにも様々なソケットがありますが、スイフトの場合はT-10というソケット形状になります。
大概の国産車はT-10である場合が多いです。(ライミー)LIMEY 業界初! 爆光 最新 T10×31mm LED ホワイト 白 30連 ルームランプ 驚きの明るさ 6500K 12-24V対応 2個入り 【取扱説明書&保証書付き】 L-T1030R31個人的なおすすめは「エルカ」というブランドのものになりますが、アルファードやヴェルファイア・プリウスなど販売台数が多い車は「車種専用設計」のものが売られているので、そちらを利用すると仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。

Amazonで「売れ筋」のLEDルームランプ おすすめ

Amazonで売れている・レビューが高い「LEDルームランプ」を厳選してみました

基本的に買って損しないであろうsugiが厳選したLEDルームランプは以下のリンクを参考にしてみてください

価格とLEDライト数で選ぶなら

LEDルームランプを「ドレスアップ」目的で選ぶなら

スポンサーリンク

「ドライバー」ルームランプカバーを外すのに必要

ドライバーはルームランプのカバーを外すのに使います。
今回の作業ではなるべく細いものがおすすめです。ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

また、ドライバーが当たる部分に傷が付くのが心配な場合にはマスキングテープも別途用意しておくと良いでしょう。

「LEDルームランプ」の取り付け方法

では、実際にLEDルームランプを取り付けていきましょう。
まずは画像矢印部分にドライバーなどを引っ掛けてカバーを取り外します↓h結構簡単に外れます。

カバーを外れるとこんな感じになってます↓DSC02290最初から入っていたのは普通の電球です。
電球は直前まで点灯させていると非常に熱くなっているので冷めてから取り外しましょう。

ライトを取り外したら早速今回買ってきたLEDライトを下画像の矢印の通りに接続します↓jnjmj+と-がありますので向きに注意して入れましょう。
※間違えても点灯しないだけでショートしたりしないので安心してください

カバーを取り付ける前には一度点灯確認しておくことをおすすめします。
上手く点灯しないと二度手間になってしまうので。

スイッチを入れてLEDルームランプが正しく点灯することを確認↓DSC02299

LEDルームランプの点灯を確認したらカバーを再度取付けて作業完成です↓DSC02282

作業は至って簡単なのでドライバーさえ握れればだれでも作業は可能だと思いました。
別に難しいことはありません。

今回は撮影しながらの施工でしたが10分程度で終わりました。

「LEDルームランプ」交換前と明るさを比較してみた

LEDルームランプに交換する前と後で効果を比較してみました。
ハロゲン球のルームランプの状態(交換前)DSC02296色が暖色系で暗いです
車内の隅から隅まで見渡せるかと言われると無理でしたが…

そしてこちらがLEDルームランプに交換した後DSC02280前どころか後部座席まではっきり見えるようになりました!!
ついでに右端に貼ってあった初心者マークもくっきり見えるようになりました。

LEDルームランプに交換してから足元やドアについているポケットの中身まで見えるようになったので、体感的にかなり明るくなりました。
LEDルームランプ交換後の車内はこんな感じになりました。DSC02302

ハロゲン球だと、どうしてもここまでの明るさを出すのは無理なのでLEDはやっぱり凄いです↓DSC02304さらに、LEDルームランプはハロゲン球に比べて発熱・消費電力も少ないのもバッテリーを労る意味では嬉しいポイントです。
とは言え、付けっぱにしてしまうと遅かれ早かれバッテリーは上がるので注意は必要ですよ!
※ちなみに、懐中電灯やフラッシュ撮影/ISO感度などを全くいじらずに撮影してこの明るさです

まとめ

いかがだったでしょうか。
LEDルームランプ交換にかかった費用は全部合わせて1,500円でお釣りが来ました。

取り付けるLEDルームランプによって価格は変わりますが、この記事で紹介した楽天市場とAmazonのリンクはどれも2,000円以下で収まるものがほとんどなのでお買い得です。
ミニバンなどLEDルームランプの交換箇所が多い方も、うまくいけば全部合わせて5,000円ほどで収めることも出来ると思うので検討してみてください。

LEDルームランプに交換すると、体感的に明るさを実感できるので良いです。
コスパも最強です。
夜間走行が多い・車中泊などで明るいライトが欲しい方にはお買い得です。

気になった方はLEDルームランプの交換をやってみてください!
では。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で