スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

SUGI MAGを運営/執筆しているsugiです。

今日は私が昨年4月から経験した「新卒3ヶ月で仕事を辞めて独立してからのリアルな話」を書いてみようと思います。

7月に仕事を辞めてから今日まで、わりと大きな決断をする機会が多かったので自分なりに苦悩することが多かったですが、得たものは本当に大きかったです。

これから新しい環境で仕事を始める方・独立したい・起業したい・自由に生きたいと思っている方に何か通ずるものがあると思って書いているので興味があれば読んでみてください。

2016年2月 友人2人に”賄賂”を渡し「山形」から「千葉」に引っ越す

私は山形出身で、新卒で働く会社が千葉にあったので千葉に引っ越しました。

それが去年の2月です。

無事に専門学校を卒業した私は“夢と希望に満ち溢れ”千葉に上京しました。

引越しは友人2人に”賄賂”を渡し手伝ってもらいました↓ハイエースバン 運転のコピー

2016年4月 全く畑違いの「中古車業界」に新卒で入社

もともと私が得意とするのはコンピューターを扱う仕事全般でした。

けど、スイフトに乗り始めたことがきっかけで車が好きになり、IT業界だけじゃなく車業界にも興味を持ち始め、全く畑違いだった「中古車屋」に新卒で入社したのでした。

cuba-1197800_1280

入社した中古車屋は、本当に小さな会社で家族経営+営業マンみたいな感じの職場でした。

当初から私は大企業に全く魅力を感じていなかったので、仕事の流れ全体が見渡せる小さな会社の方が勉強になると思い選んだのでした。(高校生の頃から起業願望があったので)

そして、私も営業マンとして入社しました。

で、入社初日の初出勤。

入社前には会社見学に一度訪れていたのですが、会社見学に行った時と入社初日の印象がまるで違う会社になっていました。

あとで理由を聞くと、どうやら私の少し前に入社した社員がいたらしいのですが1週間ほどで会社に来なくなって辞めた人がいたようです。

それが関係しているのか入社初日からThe歓迎されていないムード全開(笑)

「あー。これ信頼されていないわ(笑)」って思いながらも、何とか仕事を覚えて認めてもらおうと努力しますが、覚えること多すぎるわ、過度な期待やタスクを同時に投げて来られたり、何かと怒鳴られることが多かったので、ことごとく出鼻をくじかれ続け、気づいたら仕事に行きたくない5月病になってました(笑)

それでも1から丁寧に教えてくれた営業の方がいたので、その方に迷惑を掛ける訳にはいかないと思い、途中からその気力だけで仕事してました。

この営業の方がいなかったら、私も1週間と経たずに仕事を辞めていたでしょうね。。

とにかく、右も左も分からない、何が正解で間違いかも分からない状態でマニュアル渡されても、仕事をこなせるだけのスキルが私にはありませんでした。

社長にできても私には無理です。

まして、扱っている商品が高額だしお客さんの物なので、それなりに神経使うんですよね。。

さらに、週休2日制と書いてあったのに休み週1日しかないし勤務時間も募集要項と全然違う。

残業も当たり前で「みなし残業制」を採用する会社でした。

よく「うちの会社は残業が少ない方だ」なんて話を耳にしますが、そんなことは聞いてないんです。

だって結果として残業あることに変わりないじゃん!

いくら新卒とはいえ、私はここで働く意味や目的を見出すことはできませんでした。

しかし、新卒だった私が社会人として最初に学ぶであろう、名刺の渡し方からテレアポのやり方・初対面の人との話し方など教わりました。

3ヶ月だけでしたが、学べたものは大きかったです。

その会社では活かせませんでしたが仕事を辞め独立したいま、私の営業スタイルの基礎になっています。

3ヶ月で仕事辞めた理由○ 毎日怒られてまで仕事したくない。
○ 理想と現実の違いに驚いた。
○ 3ヶ月の試用期間で辞めておかないと余計会社に迷惑掛かりそうだった。

まあ細かくはもっとありますが、大きくはこの3つですね。

退職届は会社規定に則り、退職1週間前に社長に提出・受理され3ヶ月で私の社会人生活が終わりました。

3ヶ月で仕事を辞めた真っ先にやったこと

仕事を辞めて会社を出た後の開放感はマジで半端ないものです。

これは仕事を実際に辞めた方にしか分からない感覚だと思います。

言うなれば「永遠の人生の夏休み」がやってきた感じ。

決してそんなことはないですが、仕事を辞めた開放感とこの後、何をやっても、どこに行っても良いという自由が本当に最高でした。

仕事を辞めたその日は、これまでやってきたことが正しかったのか・これから大丈夫なのかという不安を持ちつつも、一時の開放感に酔っていました。(ひとりで酔いつぶれるまで酒を呑んで寝ました)

そして次の日「仕事辞めた記念」みたいな感じで友人と一緒に上野動物園に行きました。

よく仕事辞めて真っ先にやることを検索する人がいるみたいですが、私は仕事を辞めてすぐにやったことは「上野動物園」に行くことでした(笑)

%e4%b8%8a%e9%87%8e%e5%8b%95%e7%89%a9%e5%9c%93_%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%81%af%e3%81%8a%e5%ae%b6%e3%81%ab%e5%b8%b0%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f

ゴリラには会えなかったですが、楽しかったです。

2016年7月 転職先がなくなった

6月で仕事を辞めた訳ですが、これからのことを考えずに辞めた訳ではありません。

以前の会社にも伝えたのですが、実は知り合いからお誘いがあり7月から働く転職先(業務委託制)が既に決まっていたのです。

会社名は伏せますが、インターネットアフィリエイトや情報商材の塾を運営している割と大きな会社でした。

その会社のコンテンツ制作に携わらないかとお誘いが来ていたのです。

正社員でもアルバイトでも業務委託でも良いと言うので、業務委託形式でという話が仕事を辞める前に既に決まっていたのです。

ところが、初回打ち合わせをドタキャンされ、2回目も担当者が遅刻。

3回目以降の打ち合わせは開催されず「仕事回します」から一切音信不通。

「え?ナメてんの?(笑)」としか言えないクズな会社でした。

スポンサーリンク

もう仕事いらないから3回分の交通費だけ返して欲しい。。

こっちは仕事を受託する環境づくりと今後の計算までしていたのに、全く音沙汰なし。

imac5kモニタアーム

友人経由の紹介だったこともあり感情を抑えていましたが、sugi VS 相手の直接取引なら相当ボロクソ言ってたと思います。

こんなふざけた会社もあるものなんだな。
都会って怖い。

と、思いつつこの会社との関係を絶ちました。

ちょう同じ時期に、運営を放置していたこのブログに初の商品レビュー依頼が来ていました。

それがきっかけで運営を本格化したところ、お金では買えない「良いコンテンツを作れば人が集まる。おもしろい企業と人たちと繋がれるじゃん!」って実感する出来事が多々あり、ブロガーとして独立することにしました。(再就職はそもそも考えてなかった)

親を説得し開業に向けた準備を進めていたのが7月です。

ポイント!❍ 輪に入れないなら勝手にやれば良いだけ(独立すればいい)
❍ 結果がない状態での独立はリスクが大きい
❍ ブロガーの社会的地位がまだまだ低い時期だったので、周りの反応は「なにそれ?美味しいの?」状態(笑)

まあ、独立なんてかっこいいこと書いてますが「好きなことをしたい!」というゴールで考えたら、独立しかないかな。って感じでした。

2016年8月 開業届を出したことで”ニート”から「個人事業主」へ

正直もっと休んでいたかったですが…

1ヶ月間は”準備期間”と称したニート期間でしたが、8月中頃に開業届を税務署に提出。

これで晴れて個人事業主になりました。
千葉東税務署 開業届

この頃から、ブログの運営を本格化させると同時に、自分が「会いたい」「この人すごい!」って思った人にアポを取ってお会いして話を聞いたりしていました。

3ヶ月で辞めた反省を活かし、市場のリサーチ・成功者の体験談を聞く・自分の方向性を確立させることにお金と時間をつぎ込みました。

その結果、1年目の確定申告は真っ赤でした(笑)

最初の1年目は、お金では買えないものを買いまくりました。

この行動が正解だったのか、間違いだったのかは、あと数年後に結果がでると思います。。

2016年10月 ひたすらインプットしてたらそろそろ金欠か!?

仕事を辞めて個人事業主になった私を支えているのは、少しの外注案件とブログの収益だけ。

貯金どころか貯金を切り崩す生活が続きました。

元から将来には不安を覚えていたので、腹をくくり今年は赤字になっても「インプット」に時間を注ぎ込むと決めていました。

新しい仕事が取れるだけのスキルアップと、時間だけはあったので気になる映画やアニメと過去放送分の経済番組(ガイアの夜明け・カンブリア宮殿・未来世紀ジパング・プロフェッショナル仕事の流儀)を観まくりました。

とにかく自分の引き出しを増やすことに時間を使ってみました。

2016年12月 活動資金が底をつき親に借金

私が仕事を辞めて独立することに反対しつつも賛同してくれていた親。

私の生活費と活動資金が底をついたので親から借金しました。
※もう全額返しました。

2017年1月 新型スイフトの記事がバズり月間10万PV突破

以前に書いた新型スイフトの記事がバズったことで、過去最高月間10万PVを突破しました。

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3_%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e8%a9%a6%e4%b9%97

収入もぐんと増えました。

2017年2月 商品レビューが増え始める/ブログが盛り上がり始める

ブログのアクセスも安定。

継続的な収入見込みになったので、新しいことを始めようと画策。

企業からの商品レビュー依頼が増えました。

2017年3月 バイトを始める

ブログがきっかけで繋がった会社でバイトを始めました。

自分がこれまで培ってきたノウハウと制作技術が活かせる仕事に携わっています。

形態はアルバイトですが、シフトもあって無いようなものだったり、かなり自由に働いています。

新卒で入社した会社とは雲泥の差です。

ちょうどこの頃、ブログの収益も増えてきたので、収入源が分散・増えたことで精神的な余裕と「次」を考える余裕が生まれました。

2017年4月 ブログドメインを変更

4月にブログドメインを変更しました。

ブログのアクセスは多少減少したものの、間違ったことはやっていないので時間が解決してくれると思います。

地味な作業を多くこなす毎日。

2017年5月 業務委託の案件を幾つか受注できるようになる

ブログで培ったノウハウを活かせる仕事を最近は多く貰えるようになりました。

これは最初の1年でスキルアップした成果ですね。

より専門的な仕事を頂けるようになったので、単価も上がりましたし、評価して頂けるようになったのが嬉しいです!

結論:これが新卒3ヶ月で仕事辞め独立して今日までのリアルな話

長くなるので今日はここまで。

これまでブログでは敢えて書いてこなかった内情を公に書いてみました。

完全に私事な記事ですが、結論として何が言いたいのかというと「うまくいかないのが当たり前。大事なのはその続き」ってこと。

諦めずに続けることと・問題が起きたり上手くいかなかった時に、じゃあどうする?って事を考えて行動していくことがやっぱり大事だと思います。

私は新卒3ヶ月で仕事を辞めて、その1ヶ月後に独立しています。

表では笑っている時も、考えなければならない課題は常に山積みで完全に仕事から離れている状態の時の方が少ないです。

メリハリが付かないのは問題ですが、私は別にそれで良いと思っています。

常に考えていれば、どんなバカでも絶対に1つぐらいはとびっきりの素晴らしい発想が出てくると思っているからです。

独立してからの方が仕事をしている時間は増えましたが、好きなことがいつでも出来る環境にいるので幸せですね。

お世話になった方への恩返しも忘れず、さらに成長していければと思います。

では。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で