スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
今回は先月発売されたパパゴ新作ドライブレコーダー「PAPAGO! GoSafe 34G」を紹介したいと思います

結論から先に書くと、GoSafe 34Gは万人向けモデルではないです
だから「ドライブレコーダー欲しいなー」「せや!GoSafe 34G買ったろ!」って買うのは正直もったいないです

ドライブレコーダーの購入平均相場が1万円から1.5万円なのに対しGoSafe 34Gは2万円超えという強気な価格設定になっていますので、GoSafe 34Gは誰にでもおすすめできるドライブレコーダーとは言い難いです

しかし価格が高い分、高画質に録画できる・夜間撮影に強いといった画質面での満足度は高くGPS内蔵車線逸脱警告機能など機能面もかなり充実しています

そこで、sugiなりにGoSafe 34Gを買ったらトクしそうな人・おすすめできる使い方などを紹介できればと思います
ドライブレコーダーの中でも上位機種の購入を検討している方は必見です

PAPAGO! GoSafe 34Gとは?

ドライブレコーダーやパパゴに詳しい方は気づいたかもしれません。
実は、今回紹介するGoSafe 34Gは以前レビューした「GoSafe 30G」の上位シリーズであり、パパゴの最上位機種です

つまり、ハイスペックなドライブレコーダーです

GoSafe 34Gのポイント・フルHDより高画質な「WQHD画質」
・GPS内蔵
・最大128GBのメモリーカードまで対応
・車線逸脱/前方衝突警告機能
・パパゴ独自の安心安全機能
・32GBのマイクロSDカード付属

【GoSafe 30Gと比較】PAPAGO! GoSafe 34G スペック

GoSafe 34Gのスペックを紹介します
前モデル「GoSafe 30G」と比較してみました

機種名 GoSafe 30G GoSafe 34G
最大128GB対応&GPS内蔵の特長を持つクラス最高峰のオールインワン型フルHD高画質ドライブレコーダー GoSafe 30G GS30G-32G フルHDを超える高画質 WQHD(Wide Quad HD)を採用した究極のオールインワン・ドライブレコーダー GoSafe 34G GS34G-32G GS34G-32G
レンズ  F1.9 140°超広角レンズ
(水平108° 垂直60°)
モニター  2.7インチTFTモニター
センサー 400万画素 CMOSセンサー搭載 Gセンサー/GPS内蔵
対応ストレージ  32GBメモリーカード付属 micro SDカード 8~128GB Class10
録画解像度  1920×1080p 60fps フルHD 2560X1440p30fps WQHD
購入リンク Amazon

楽天市場

Amazon

スポンサーリンク

楽天市場

さらに詳しい仕様はパパゴ公式ホームページで確認してみてください

PAPAGO! GoSafe 34G 付属品

GoSafe 34Gの付属品はこんな感じ↓

GoSafe 34Gの付属品・GoSafe 34G 本体
・Micro SD 32GB
・取り付けアダプター
・USBシガー
・ケーブル
・日本語説明書と3M製両面テープ(予備)

本体はGoSafe 30Gと比べて全面がつや消しデザインに↓

好き嫌いはあるかと思いますが、GoSafe 30Gより落ち着いた感じがあります

 

 

GoSafe 34Gの給電方式は「USBシガーソケット」

GoSafe 34Gに付属してくる電源ケーブルはUSBタイプになっています
そして電源供給部分はUSBシガーソケットタイプ↓

光沢処理され手触りは良い感じ!「PAPAGO!」のブランドロゴ入りのシガーチャージャーです

メーカーは推奨していませんが、ソケットがUSB形状になっているので複数口タイプのUSBソケットやモバイルバッテリーでも使用できます

USBタイプだと、ヒューズから常時電源を取らないでモバイルバッテリー稼働で駐車監視機能や動体検知機能を使えるので便利!

【これは嬉しい】メモリーカードは最初から32GBが付属

GoSafe 34Gは最初から32GBのメモリーカードが付属してきます
前回のGoSafe 30Gから付属のメモリーカードに「PAPAGO!ブランドロゴ」が刻印されてます↓

メモリーカードまでこだわっている点・大容量メモリーカードが最初から付属してくる点は好感が持てます

GoSafe 34Gの最高画質(WQHD画質)で録画した場合、32GBなら約3時間10分、対応している最大128GBのメモリーカードなら14時間の記録が可能になっています

GoSafe 34Gをスイフトに取り付け

スイフトにGoSafe 34Gを取り付けてみました
愛用しているGoSafe S30の隣に取り付けました↓

sugiの場合、撮影のため取り付け位置が少々ズレていますが、GoSafe 34Gはできるだけクルマの中央に取り付けるのがおすすめ
ちょうどミラーに隠す感じぐらいですね。

GoSafe 34Gは車線のはみ出しを警告する機能などが搭載されているので、その精度を上げたいならば取り付け位置はできるだけ中央にした方が良いです

スポンサーリンク

詳しいドライブレコーダーの取り付け方法は過去記事で紹介しているので参考にしてみてください

GoSafe 34Gは駐車中の防犯にも貢献してくれる!?

数あるドライブレコーダーと比較してGoSafe 34Gは大きめのドライブレコーダーなので、小さいフロントガラスのクルマだと邪魔に感じる場合があります

しかし、外からみて「ドライブレコーダー付いてる!」ってのがひと目で分かるという視点で考えると防犯効果は大いに期待できます

あくまで個人的な見解ですが、過去にイタズラや盗難された苦い経験がある方は駐車中の防犯対策には効果を発揮すると思います
駐車監視機能などをONにせずとも、目立つように付けておくだけで抑止力になるはずです。

これにステッカーとか貼っとけば完璧ですね↓

「ハイエアフロー&ハニカム構造」 GoSafe 34Gは熱対策も万全!?

GoSafe 34Gは前モデルGoSafe 30Gと同じく「ハイエアフロー&ハニカム構造」を採用しています
イメージは、パソコンとかの排熱設計と似たような感じですね

あいにくGoSafe 34Gは冬に発売されたので本領はまだ見ぬものですが、1年前に取り付けたGoSafe S30は極寒の山形(最低気温−5℃)から東京の暑い夏(車内は50℃超え)という環境でも壊れることなく現役で使えていることを考えると、おそらくGoSafe 34Gも大丈夫な感じがします

その前に買った「GoSafe 110」に至っては2年経っても壊れなかったので、PAPAGO!ブランドの耐久性はなかなか優秀であると思います

スポンサーリンク

【熱対策】GoSafe 34Gはガラスレンズ採用

GoSafe 34Gはもちろん、パパゴのドライブレコーダーはガラスレンズを採用しているモデルが多いです
ガラスレンズは熱による変形や曇りに強い特性を持っていますので、品質向上に大きく貢献しているパーツの1つです

毎年、最高気温を更新したと話題になっている地域にお住まいの方はガラスレンズ採用のドライブレコーダーがおすすめ

GoSafe 34G画質は!? WQHDの記録画質はこんな感じ!

さて、気になるGoSafe 34Gの画質について

画質について感想を一言で述べるなら「おぉー(驚き)(・∀・)」って感じ!
語彙力なくてごめんなさいね(笑)

とりあえず、いつものようにYouTubeに画質検証動画をアップしましたので確認してみてください↓

「WQHD画質」×「400万画素」×「WDR」の組み合わせは最強

GoSafe 34GはフルHDの約1.8倍の解像度ということで、フルHD画質のドライブレコーダーと単純に比較して画質は良いです

周辺の看板や標識の文字が鮮明に記録できていますし、前を走るクルマのナンバープレートもバッチリ確認できました↓

また、WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能搭載のおかげで強い西日トンネルを出た直後などの「白飛び」にという特徴があります

 

解像度についてさらに掘り下げて言うならば、GoSafe 34Gで撮影した映像は47インチ/フルHDテレビに繋いで観ても十分満足に楽しめる画質です↓

ポイントWQHD画質に400万画素CMOSセンサーを搭載することで、細かい部分まで鮮明に記録できる!
白とびにも強いWDR機能も嬉しい!

全国のLED信号機に対応

パパゴブランドのドライブレコーダーは、全国のLED信号機に対応しています

「?」「当たり前じゃん!」って思う方のために解説すると、東日本と西日本では周波数が違う為、LED信号を正しく記録できない場合があるんです。
パパゴのドライブレコーダーはソフトウェアを調整することで全国のLED信号機が消える問題を解決しています

GoSafe 34Gは「GPS内蔵モデル」 位置情報や走行速度を表示できる

GoSafe 30Gと同じくGoSafe 34GにもGPSセンサーが内蔵されています
レンズの上にある出っ張った帽子みたいなものがGPSセンサーです↓

録画映像にGPS座標(位置情報)走行速度が記録されます↓

制限速度を”守ってさえいれば”強いミカタになってくれますが、普段から飛ばしてる人は自分で自分の首を締めるようなものなので、これを付けて安全運転を心がけてみてください

体感的に、GPSセンサーの感度はGoSafe 30Gとほぼ同じです
市街地や都内では問題なくGPS電波を受信できていました
ただ、地下やトンネルに入るとGPSを受信できなくなる場合があります

ドライブレコーダーのGPSセンサーは別売か、外付けが一般的なので内蔵しているというのは大きなメリットです

これだけで取り付けがぐっと楽になります

【ちょい不満】「車線逸脱警告」や「前方衝突警告」はあくまで”おまけ程度”

さて、ここまでGoSafe 34Gの魅力を紹介してきましたが、もちろん不満だってあります

その1つがこれ「車線逸脱」&「前方衝突警告」機能

これ、取り付け位置や道路環境によってめちゃくちゃ調子良かったり悪かったりします

他社のドライブレコーダーと比較して面白い機能だし、他社より安定している感じもします
しかし、いま流行りの自動運転様には到底及ばずです

そんなの当たり前かもしれませんが、なかにはこの機能の性能が100%だと信じて買う方がいます
残念ながら、これはあくまで“おまけ程度”の機能と考えた方が良いかもしれません

しかし、こういった機能が付いているだけでも面白いですし、試してみたい方は多いと思います
パパゴは精度向上などを目的にファームウェア更新を頑張っている節があるので、今後の精度向上に期待したいですね

【ちょい不満】WQHD画質ではフレームレートが最大30fpsまで

動画に詳しい方なら、ここも少し不満に思うかもしれません
GoSafe 34Gの最高画質である「WQHD(2560×1440p)」での録画は最大フレームレートが30fpsまでしか対応していません

一方で、1つ画質を落としたフルHDでは最大60fpsのフレームレートで録画できます
せっかく高解像度「WQHD画質」に対応しているのでフレームレートはもう少し頑張って60fpsに近づけて欲しかったですね…

まあ、60fpsにしちゃうと録画できる時間も短くなるし、そもそも30fpsでも十分画質が良いことは実証済みなので「これ以上いる?」って話にもなってきますが(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか
今回はパパゴの新作ドライブレコーダーGoSafe 34Gを紹介しました
GoSafe 34Gはパパゴブランドのフラッグシップモデルというだけあって実力がある分、お高いドライブレコーダーになっています

スポンサーリンク

高価格帯のドライブレコーダーで比較されている方はぜひGoSafe 34Gも購入検討リストに加えてみてください
画質に関してはほぼ間違いなく満足できるものであると思います
では(・∀・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で