スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日はブログ運営のなかでも、みなさんが気になる「アクセス数」の話をしたいと思います。

ブログを運営している方・これから運営しようと考えている方は一例として参考にしてみてください。

過去記事のネタがテレビで話題になった結果www

先日1月3日に映画「君の名は」が地上波初放送されました私はブルーレイを持っているので特に観る予定もなく、Twitterで「君の名は」の感想や憶測なんかを言い合ってるのをみて楽しんでいました。

で、以前このブログで「君の名は」聖地巡りの記事を公開して最近はアクセス数も落ちつていたのですが、、、

軽くバズりました(笑)

それにしても「君の名は」の勢いはすごい!

いやー、映画終了から1年も経っているのに「君の名は」の勢いは凄まじいですね。
いくら地上波初放送だからって、世間の注目度は全然衰えませんでしたね。
むしろ「待ってたぞ!」って、人が増えてる感じすらします。そんなこんなで過去記事に書いた「君の名は」関連の過去記事のアクセス数がテレビ放送開始直後とテレビ放送終了後2時間ぐらいまで爆上げしてました(笑)

なかでも読まれた記事がこちら↓

三葉が暮らしていた「糸守町」と「糸守湖」は実在するの!?という聖地巡りに関する記事。
この記事へのアクセスが集中し、リアルタイム180人超えの方がSUGI MAGを閲覧してくれたようです。

テレビってすごいね(笑)

エックスサーバーは「同時アクセス200」ぐらいでは問題なし!

テレビやメディアがもたらす影響力や経済効果は凄まじいものであることを改て実感するとともに、もう1つ驚いたことがありました。
それが今借りてるレンタルサーバのキャパについて。ブログの月間PV数が3万前後ぐらいまでは、安いという理由から「さくらのレンタルサーバ」を利用していました

しかし、ブログのPV数が増えてくるにつれ「さくらのレンタルサーバ」では処理が追いつかなくなり、503エラーが頻発するようになってしまった為、去年の10月頃にエックスサーバへ移行しました。

サーバ移行はそこまで難しい話ではないといえ、外注すれば数万から数十万円掛かりますし、WordPressはデータベースありきで動く「動的サイト」なので、データベースに障害が起きたり間違って消してしまった場合、いままでのコンテンツが全てパーになります。

スポンサーリンク

なので、これから月間50万PV規模のサイトを構築したいなら最初からエックスサーバがおすすめです。

エックスサーバのポイント○ 同時アクセスに強い
○ 先輩ブロガーさんの多くはエックスサーバを利用している
○ 一時的なアクセス集中にも耐えられる
○ 処理速度が早くSEOにも効果が見込める

 

「君の名は」がテレビ放送されだした21時からアクセスが集中しはじめ、いつもは30~40人しか見ていないSUGI MAGが↓

 

だんだん増えて88人↓

 

まだまだ伸びる↓

 

最終的に100人を突破し、その後180人ぐらいまで伸びました↓今回のプチバズで180人の同時アクセスがあったにも関わらず、エックスサーバは503エラーを出すこともなく平然とブログを表示し続けてくれてました。
このようにいきなり到来するチャンスを逃さないためにも、同時アクセスに耐性があるサーバ選びがポイントになってくると改めて実感しました。

バズるとSEOが強くなる!? 検索上位に表示されるようになった

現在、このブログの名前は「SUGI MAG」になっていますが、以前は違うドメインで運営していました。
ドメイン変更でPV数は大幅に下落していましたが(いまはほぼ回復した)、その影響で検索表示順位も大きく下落していました。

しかし、今回のバズによりGoogleの検索順位が一気に変わりました。
下グラフは、Googleの検索流入数・クリック数・検索順位を示したグラフなのですが、テレビ放送された日を堺に爆発的に伸びていることがわかります。面白いことにSUGI MAGの過去記事へのアクセスが集中し、他記事の検索順位も大きく上位に引き上げられました。
1記事だけでもバズるとサイト全体のSEOが強くなるのでしょうかね。

やっぱりトレンドブログってすごいね!

ちょっぴりバズって改めて思ったのはトレンドブログってすごいね!ってこと。
この日だけで収益が先週比で2倍になったので、話題になっていること・時事ネタを取り上げて検索上位に表示されればそれだけで儲かるんだなー。って確証が持てました。

もちろん作業量やスピード感が必要な運営スタイルなので大変なことに違いありませんが、トレンドブログ作っちゃおうかな(笑)
完全外注で(・∀・)

ブログ運営をされている方やこれから始める予定の方は一例として参考にしてみてください!
では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で