スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日はドライブレコーダーの中に入っているメモリーカードのお話。

少し技術的な話になりますが、結構大事なことなのでドライブレコーダーを使っている・これから使おうと思っている方は必見です。

 

ドライブレコーダーのメモリーカードは定期的にフォーマットが必要だったの!?

ドライブレコーダーのメモリーカードって実は定期的はフォーマットが推奨されていることをご存知ですか?

最近のドライブレコーダーは最初から付属してくるメモリーカード容量が大きいものが増えてきていることもあり、付属のメモリーカードをずっと使っている方は多いと思います。

 

特に事故やドライブレコーダー内の映像を確認したいということがなければ、ドライブレコーダーを買って設置してそのままという方も多いのではないでしょうか。

そんな方はドライブレコーダーのメモリーカードを定期的にフォーマットすることをおすすめします。

 

ドライブレコーダーのメモリーカードをフォーマットする理由

Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度20MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC32GA/ECO

なんでドライブレコーダーのメモリーカードを定期的にフォーマットしなきゃいけないの?って疑問に思っている方のためにメモリーカードをフォーマットする理由を説明します。

スポンサーリンク

大きくこんな理由があります。

◯ ドライブレコーダーの映像は「削除→上書き」を繰り返すため次第にゴミ(データ)が溜まる
◯ ゴミデータが溜まると上書きできなくなる
◯ ドライブレコーダーの不調を予防する
◯ 事故など肝心な時に録画できていないリスクを軽減する
◯ メモリーカードをフォーマットすることで、正しくフォーマット出来ない(故障)を事前に把握できる

といった理由があります。

 

ドライブレコーダーのメモリーカードは、フルHDクラスの映像を常に上書きして古いデータから消してという作業を繰り返し行なっています。

さらに、これからの季節は車内が50度を越える高温になることも多々あります。

そうするとメモリーカードには相当な負荷が掛かるというのは言うまでもありませんね。

 

ドライブレコーダーはどう頑張ってもメモリーカードを酷使するものですから、定期的にフォーマットすることでメモリーカードのメンテナンスが行える訳です。

もしも、その時に「メモリーカードが正しくフォーマットできなくなった」なども問題が生じた場合には、メモリーカードを交換するなど対策が取れます。

 

推奨は1ヶ月に1〜2回フォーマットしてあげる

ドライブレコーダー各メーカーが推奨しているメモリーカードフォーマットの期間について調べてみました。

ドライブレコーダー老舗 パパゴは1ヶ月に1〜2回を推奨している

このブログでもよく登場しているPAPAGO!(パパゴ)はドライブレコーダーの老舗ブランドです。

そんなパパゴが推奨するメモリーカードのフォーマット期間は月に1~2回だそうです。

走行距離や使用時間によって異なるものの、定期的なフォーマットは絶対必要だという回答を頂きました。

 

ユピテルのドライブレコーダーは「寿命」について明記してあった

レーダー探知機やドライブレコーダーなど幅広いカーアクセサリーを販売しているユピテルでは、以下のようにサイトに明記してありました。

microSDカードなどの記録媒体には、その他の電子機器と同じように、「寿命」があります。データの書き込みを繰り返すと、データの破損・消失などが起こりやすくなります。ドライブレコーダーの記録媒体として使用する場合、2年程度で新しいmicroSDカードに取り換えることを推奨しています。

引用:http://dry.yupiteru.co.jp/product/dry-fh200.html

 

私はドライブレコーダーを使い始めて今年で3年目になりますが、メモリーカードは2ヶ月に1度ぐらいのペースでフォーマットすれば十分な気がします。

現に、これまでドライブレコーダーを使っていて大きな問題や故障も起きてないので。

 

ですが、各メーカーは定期的なメモリーカードのフォーマットを推奨しているということは知っておきたいポイントですね。

 

ドライブレコーダーで使うメモリーカードはあくまで”消耗品”

Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 (最大読出速度95MB/s:最大書込速度20MB/s) Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC32GA/ECO

スポンサーリンク

これはドライブレコーダーを販売する各メーカーが共通して言っていることになるのですが「メモリーカードは消耗品です」

 

これはドライブレコーダーに使われるメモリーカードに限った話ではなく、メモリーカード以外の記憶媒体には寿命があります。

HDDやCD・DVDに寿命があるのにメモリーカードにだけ寿命がないということはあり得ませんよね。

 

ドライブレコーダーに使ったメモリーカードの寿命は平均して2年程度と言われていますが、使用環境によって・個体差によってメモリーカードの寿命は異なります。

 

ドライブレコーダーは無事だけどメモリーカードが壊れている場合も多いようなので、ドライブレコーダーに映像が正しく記録されなくなったら、メモリーカードのフォーマット→メモリーカードを変えて試してみることをおすすめします。

 

 また、メモリーカードの消耗を気にしている方は万一に備えてメモリーカード2枚を持ち歩いている方もいますね。

事故に遭ったらすぐにメモリーカードを抜いて、帰り道は違うメモリーカードを使うなどデータ破損を防ぐ予防策を準備している方もいるようです。

スポンサーリンク

 

メモリーカードにこだわったパパゴのドライブレコーダーがおすすめ

いかがだったでしょうか。

メモリーカードはあくまで消耗品ですが、できるだけ長く使っていけるよう定期的にフォーマットするのがおすすめです。

 

さて、付属するメモリーカードにこだわり、通常1ヶ月程度の保証しかないドライブレコーダー業界において半年も保証が付いているのが、PAPAGO!(パパゴ)のドライブレコーダーです。

これからドライブレコーダーの購入・買い替えを検討している方にパパゴのドライブレコーダーはおすすめですのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

パパゴのドライブレコーダーレビュー記事はこちら

【レビュー】PAPAGO! GoSafe D11は目立たずコンパクトな高画質ドライブレコーダーが欲しい方におすすめ

PAPAGO! GoSafe 372V2はミラー型ドライブレコーダーが欲しい方におすすめ レビュー

PAPAGO! GoSafe 30Gはパパゴの技術全てが注ぎ込まれた力作だった!! GoSafe 30Gレビュー

1万円を切ったHDドライブレコーダー PAPAGO! GoSafe 130を入手したので実際に使って実力を検証してみた。

PAPAGO! GoSafe S30/S30PRO/30SE ドライブレコーダーを入手したのでレビューしてみた!!

気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

では。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で