スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

ついに、ついにやってきました!!!

先週Appleオンラインストアで注文しておいたiPad Pro10.5インチモデルがようやく届きました!!

本当は昨日受け取る予定だったのですが、家を留守にしていて受け取れず他所より遅れてのレビュー記事投稿です。

これからiPad Proの購入を検討している方は必見です。

2017年最新 iPad Pro10.5インチ WiFi+Cellularモデルを購入

先週開催されたAppleのお祭りWWDC2017で発表された新型iPad Proの発表をみてすぐにポッチりました。今回は明確な目的があったので一切躊躇なくポチりました。

ただ、ポチった後でずーっと思っていたのが「ちょっと高すぎたかな?」ってこと。

どう考えてもタブレットに9万円は高いです。

コスパだの、そだけの価値があるだの言う前に世間一般の認識で9万円は高いです。

私はこれを使って利益を出すことを考えて購入しているので、最終的に必ず元は取れると思っていますが、これまでのように趣味やベッドの上で寝転がって使うだけなら絶対に買わないことをおすすめします。

絶対もったいないです。

24時間使っていても絶対に元取れないです。

私が「iPad Pro9.7インチ」から1年足らずで「iPad Pro10.5インチモデル」に買い替えた理由

私は昨年のちょうど同じ時期ぐらいにiPad Pro9.7インチモデルを購入してから今日まで愛用してきました。
iPad Pro9.7インチモデルのレビュー記事はこちら

確か6~7万円ぐらいで購入しました。

もちろん余裕で現役ですし、iPad Pro9.7インチを使っていて既に“持て余してる感”がありました(笑)

スマートキーボード持ってなければ、ApplePencilも持っていなかったので分かるユーザから「お前なんでPro使ってんの?」って突っ込まれると返す言葉もありませんでした(笑)

ところが最近契約した格安SIMの魅力にハマり、iPad mini2を買ったこともあって外出先でiPad Proを使う機会は減るばかり。

最近は音が大きな目覚まし時計としてしか使っていない始末。

毎朝6万円の目覚まし時計(iPad Pro)で起きています」とかどんな無駄遣いだよ…

そんな感じで、私がiPad Proを買い替えた理由は…

iPad Proを買い替えた理由❍ WiFiモデルじゃなくCellularモデルが欲しかった。
❍ 外出先で使いたかった。

って感じ。

あとiOS11の登場で、ようやくApple Pencilが仕事で使えそうだな。って判断したので早々 に買い換えることを決断したのでした。

2017年最新 iPad Pro10.5インチ WiFi+Cellularモデルのスペック

まずはiPad Pro10.5インチモデルのスペックから紹介したいと思います。

iPad Pro9.7(旧) iPad Pro10.5 iPad Pro  12.9
カラー スペースグレイ,ローズゴールド,ゴールド,シルバー
ストレージ 32GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
ディスプレイ 9.7インチ Retina
2,048×1,536px/264dpi
10.5インチ Retina
2,224×1,668px/264ppi
12.9インチ Retina
2,732×2,048px/264ppi
チップ A9X/64ビットアーキテクチャ搭載 A10X Fusion/64ビットアーキテクチャ搭載
カメラ 12メガピクセル/4Kビデオ
サイズ 240×169.5×6.1mm 256×174.1×6.1mm 305.7×220.6×6.9mm
重量 WiFiモデル:437g/Cellularモデル:444g WiFiモデル:469g/Cellularモデル:477g WiFiモデル:677g/Cellularモデル:692g
スピーカー 4スピーカーオーディオ
バッテリー 最大10時間稼働
購入リンク Amazon Amazon  Amazon 

2017年最新 iPad Pro10.5インチ WiFi+Cellularモデル 外観

では届いたiPad Pro10.5インチモデルを開封していきましょう。

今回私が購入したモデルはiPad Pro10.5インチ WiFi+Cellularモデルの64GB(ゴールド)です。Appleオンラインストアで注文して発売当日に届きました。

 

発送地は海外になっていました。
その為なのか梱包用の段ボールが硬いです。
段ボールを開けると「iPad Pro」の化粧箱が(*´∀`)

 

相変わらず綺麗なのですが、今回からフォントが太くなったようです。個人的には細い方が好きですね。

なんというかイマイチです。(デザインやっているので気になる)

段ボールから出しました。

 

こちらが本体です。箱には浜辺とiPadが描かれています。

 

これまでのiPadのパッケージは製品のシルエットやエッジが描かれたものが多かったので、1,2年で買い替えている私としては目新しさを感じます。左がiPad Pro9.7(2016年モデル)、右がiPad Pro10.5(2017年モデル)です。

 

箱から開けて本体を確認してみましょう。

 

第一印象は「画面デカっ」でした(笑)
自分が想像していたよりもエッジが細く画面が大きかったです。

 

前モデルのiPad Pro9.7インチと比べて、iPad本体の大きさはそこまで変わらないものの、最新のiPad Pro10.5インチモデルでは画面余白(エッジ)がより細くなったことで、体感画面が大きく感じました。

↑↓iPad Pro9.7インチとiPad Pro10.5インチで大きさ比較してみました。

 

大きさは“1インチも変わってない”けど体感的にかなり大きく感じます。

 

画面に何か表示させるだけで大きさが引き立ちます。

 

エッジ処理は素晴らしいの一言。

 

美しく知性的。いつまでも触っていたいです。

 

指紋認証(Touch ID)も搭載しています。iPad Pro10.5インチの外観はどこから見ても美しいです。

 

上部

 

下部

 

横(キーボード繋ぐやつ)

 

Cellularモデルのみにある白線(アンテナ)

 

カメラ

 

リンゴ

 

iPad刻印

 

最後に付属品がこちら今回買ったのがCellularモデルだったので、SIMカードを挿入するために使うSIMピンが同梱されている以外はWiFiモデルと変わりません。

スポンサーリンク

iPad Pro10.5インチの魅力 その1「画面が綺麗になった」

ここからはiPad Pro10.5インチモデルで進化した・魅力ポイントを紹介していきます。

まず何と言っても一番大きなポイントは画面が綺麗になった」ことですね。
これは誰でも実感できることだと思います。

iPad Proが届いたその日からすぐに外出する予定があったので、1日使い倒してみました。そこで思ったのは「画面めっちゃ綺麗」ってこと。

私はこれまでiPad Pro9.7インチモデルを使っていたということもあり、単純に画面が大きくなったことの感動・エッジが細くなり映像への没入感が高まったこともありますが、それ以上に画面への「反射」「色域(特に写真を表示した時)」「映像の滑らかさ(反応が劇的に良くなっている)」など体感できるものが多かったです。

 

画面への反射が少なくなったというのは、歴代iPadを並べて写真を撮ってみた時から実感していました↓一番左から、iPhone7,iPad mini2,iPad Pro 9.7,iPad Pro10.5です。

 

その中でも圧倒的に反射が少なかったのが新型iPad Pro10.5インチモデルでした。画面への映り込みや反射が少ないメリットは、外出先で日差しが強い時がありますよね。
その時に画面輝度(明るさ)をあまり上げなくても画面がしっかり見えるのは嬉しいです。

私はこれまで歴代iPadを使ってきましたが、カーナビとして車載する時や遠方まで旅行する時に反射する・映り込むディスプレイが気になっていました。

Retinaディスプレイを搭載しているので明るさMAXにすれば問題解決なのですがiPad Pro10.5インチモデルでは明るさを抑えても外でバリバリ使えます。
これはバッテリー持続時間が向上するのでメリットが大きいです。

iPad Pro10.5インチの魅力 その2「”Pro”の名に恥じないハイスペック」

iPad Proの体感的な動作速度はかなり速いです。
他のメディアでは“一部のパソコンよりハイスペック”などと紹介しているページもあったので恐らく間違いありません。

個人的に使っていて思ったのは、iOS10のアプリはスペックを持て余しているんじゃないかな。と感じていました。

スペックについてあれこれ書くのも面倒なので(他のブロガーさん書いてるし)、今回からガルマックス直伝のベンチマークソフト「AnTuTu」を使ってベンチマークスコアを書いていくことにします。

AnTuTuでiPhone7と最新iPad Pro10.5インチを比較してみた結果がこちらiPhone7を大きく引き離す結果となりました。
ちなみにiPad Pro9.7インチモデルは初期化してしまった為未計測です。
ごめんなさい。

iPad Pro10.5インチの魅力 その3「動きが気持ち悪いぐらい滑らかになった」

これもディスプレイ続きの話になってきます。
ゲームをする方なら分かると思いますが、iPad Pro10.5インチモデルからディスプレイのフレッシュレートが120Hzになりました。

iPad Pro10.5を開封して一番最初に開けて触った時からこの違いは分かりました。
ホーム画面を左右にスワイプしたりsafariブラウザでいつもより早めにスワイプしてみてください。

1世代前のiPad Proとは全く別物であることが体感的に分かると思います。
なんというか、気持ち悪いぐらい反応が良く滑らかになっています。

もう既に全国の家電量販店にiPad Pro10.5インチモデルは並んでいると思うので、これはぜひ一度触って体感して欲しいヌルヌルさです(笑)

あと、私はゲームをあまりやらないので分からないのですがゲームをする時のブロックノイズも低減されスムーズにプレイ出来るようになったそうです。
マインクラフトとかCG系の重たいゲームアプリで重宝するようです。

iPad Pro10.5インチの魅力 その4「Apple Pencilが仕事で使えるレベルまで進化した」

Apple Pencil MK0C2J/Aこれは描けば分かります。
マジで良いです。

 

手の甲がディスプレイに当たった状態でも、ApplePencilを使っている時はApplePencilしか反応しなかったり、誤反応が少なかったりとにかく高精度。

アプリは有料・無料から様々ラインナップされていますが、今年秋に登場するiOS11ではApple純正アプリでよりApplePencilが使いやすくなっているので、秋以降であればApplePencilとiPad Pro10.5インチモデルは買いでしょう。

iPad Pro10.5インチの魅力 その5「カメラ性能」がiPhone7と同等まで進化した

iPad Pro10.5インチモデルに搭載されているカメラはiPhone7と同等の性能になりました。
そこで、私が住んでいる近くにある「千葉公園」にiPadを持っていって4K動画を撮ってみました。

《撮影:4K 30fps ※動画編集&書き出しで若干劣化しています。》

いかがでしょうか。
タブレットでこれだけのものが撮れれば、もう十分ですね。

 

静止画も撮影してみました。
HDR補正なし

 

HDR補正あり

 

池にいた鯉(ズーム撮影)

 

見頃を迎えた紫陽花

 

スタバのキャラメルフラペチーノを接写カメラ画質に関しても、ここまで綺麗に撮れます。
旅行にiPadを持って行こうとしている方は最新のiPad Proがおすすめ

iPadはCellularモデルがおすすめ! 格安SIMの登場でこれまで以上に快適に使える!!

やっぱりiPadはCellular(セルラー)モデルがいいですね。
前回はWiFiモデルを買って最初は良かったのですが、仕事を辞めて独立して出先で仕事をやるようになってからは不便を感じていました。

外出先でもネットがしたい方はCellularモデルがおすすめです。
iPad本体価格がWiFiモデルに比べてお高いですが格安SIMが使えること・海外旅行で現地のSIMカードが使えることなどを考えるとお得です。私はLINEモバイルを使っています。
プランは月1GBのデータ通信量で500円の格安SIMを契約しています。

すぐにネットが繋がるようにしたい・メールチェックや画像のやり取りだけで、動画や重たいデータを見たりしなければ1GBで十分足ります。
足りなくなったら課金して通信量を増やせますし、私の場合はWiMaxがサブであるので2ヶ月ほど使いましたが結局容量が余って次月繰越になっていました(笑)

【月額500から利用できる】LINEモバイルがおすすめ

余談ですがiPad Pro10.5インチのSIMカードスロットは本体右下にあります。SIMカードスロットを開けるピンは最初から付属してきます。
無くした場合は、クリップを曲げたものでも代用できます。

iPadの初期セットアップは年々簡略化されてる!? おすすめは”PCバックアップからの復元”

私は「新しいiPad(第3世代)」からiPadを愛用しています。
あの頃のiPadは必ずパソコンと接続して「同期」をしなくてはならない不便なものでした。

ところが、時代を重ねるごとにiPadのセットアップは年々簡略化されてきましたね。

「iPadを買ったらパソコンと接続するのが当たり前」なんてのはもう古い話で、逆に「iPadを買ってから一度もパソコンに繋げたことがない」という方の方が多いような感じさえします。

これはつまり、iPadの位置づけが「パソコンの下にiPadがある」という構図から「パソコンはパソコン。iPadはiPad」という構図に変わってきたからなのでしょうね。

おっと。話が逸れました。
iPadを乗り換える方で、データ移行に自信がない方のためにiPadデータ移行方法を紹介したいと思います。

方法は幾つかありますが、私がおすすめしたいのが“PCバックアップからの復元”です。これを使えば、大容量のiPadでも写真や音楽や動画などメディアコンテンツはもちろん、アプリ内の設定も移行できるので便利です。

iTunesバックアップからiPadを復元する方法

①今まで使っていたiPadをパソコンに接続してiTunesを開く
②iTunesの「バックアップ」から「このコンピュータ」を選択
③「今すぐバックアップ」をクリック。勝手に開始されるので待つ。
④「最初のバックアップ」が今の時間になれば完了

ちなみに、はじめてiPadを買った方は難しいことは考えずに設定項目に従って設定すればOKです。

一世代前のiPad Pro9.7インチと最新iPad Pro10.5インチモデルを比較

体感的な話になりますが、いままで使っていたiPad Pro9.7インチと比べてもiPad Pro10.5インチモデルの方が圧倒的に速いです。今だからこそ、値段が下がったiPad Pro9.7インチモデルを買うのも良いと思いますが、長く使う前提であればiPad Pro10.5インチモデルの方が快適でハイスペックなのでおすすめです。

全体的にハイスペック化していること・画面反応速度が桁違いに向上・カメラ性能の向上といった使用中の満足度はiPad Pro10.5インチモデルの方が圧倒的に高いです。

iPad Pro10.5インチモデルは買いか!? まとめ

いかがだったでしょうか。
年々高額になっていくiPadですが、結局これを使って何をするか。というところだと思います。私はApplePencilがようやく仕事で使えるレベルまで進化したと判断したので買い替えましたが、このように何か明確な目的がないと”宝の持ち腐れ”になってしまう可能性大です。

iPadはパソコンとは違いますので、汎用性がまだまだ低いです。
iPadに10万円出すか。パソコンに10万円出すか。と言われて、どちらを選ぶかだと思います。

iPad Proを買った訳ですが、製品本体としては非常に満足しています。
これから様々使えるでしょうし、ようやくiPhone7と同等のカメラ性能まで追いついてきたので旅行などでの写真撮影にも使っていけそうです。

あと楽しみなのはiOS11の登場ですね。
Macとの連携が強化されるほか、iPad単体で出来る仕事が増えることを期待しています。(電車や片手が塞がった環境でも仕事が出来ると思いこんで買ったので)

今後はメディア運営のディレクション(統括)の方に回ることも増えてくると思うので、ApplePencilと上手いこと連携できれば、より相手に伝わる・仕事効率化が図れることも期待しています。

最後にiPad Pro10.5インチモデルは買いか!?について結論を書くと、まだ急ぎで買わなくても大丈夫。けど、欲しいならすぐ買って問題なし。だと思います。

iPad Pro10.5インチモデルが本領を発揮するのはiOS11が登場する今秋ですので、それまでは様子見でも良いと思います。
お金に余裕があって欲しい方はすぐ買っちゃっても良いと思います。
では。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で