スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

日本全国・世界各国を飛び回ってるsugiです。

今回は、そんな旅行の必需アイテム「スーツケース」をドンキで購入したので紹介をしたいと思います!

仕事を辞めてお金がない時期に急遽必要になり、ドンキで1万円以下で買ったスーツケースですが、気づけば日本全国・海外旅行でも大活躍してくれました!

便利だったので紹介します。

公共交通機関を利用する旅行・移動は「スーツケース」が一番だと思う

旅行や移動で大活躍のカバンといえば間違いなく「スーツケース」だと思います。

異論は認めません(笑)

私の場合、これまでクルマ移動が多かったので荷物に困ることはありませんでした。

ところが今年に入って山形に帰省したり、連日東京に行ったり、名古屋行ったり、秋田・青森行ったり、富士山行ったり、沖縄行ったり、香港行ったり、中国行ったりでとにかく移動が多い!!

しかも移動は公共交通機関(電車やバス・飛行機など)が多いので、なるべく邪魔にならずコンパクトに移動できるのは重要なポイントになってきます。

リュックなどでも良いですが、スーツケースは引っ張って、転がして、ぶん投げても大丈夫なので安心して使えるので、やっぱり便利です!

公共交通機関を利用して多くの荷物を運ぶならリュックやショルダーバッグよりスーツケースのが最強だと思います。

ドンキの1万円以下のスーツケースを買ってみた

と、いうわけで去年仕事を辞めてしばらく経った頃にドンキで1万円以下のスーツケースを購入していました。

 

数あるスーツケースから選んだのがこちら↓

購入してから1年ほど使いましたが、全然壊れる気配ないし使い勝手もなかなかなのでおすすめ。

今回は1年ほど前に買ったスーツケースのレビューになってしまいますが、スーツケースの選ぶポイントについても紹介していきたいと思います。

ドンキで買ったスーツケースは壊れにくい!耐久性も◎ 実用性高く大満足

1万円以下のスーツケースって、失礼ながらもっと簡単に壊れると思っていたのですがドンキのスーツケースはなかなか優秀。

耐久性もあり、海外にも持って行き使いましたが今のところ壊れる気配すらありません!

しかも傷が殆ど付いていません!

急な出張とか、今まで使っていたスーツケースが壊れてしまった・修学旅行でスーツケースが必要。って方は、ドンキのスーツケースでも十分だと実感しました。

 

壊れやすい引き手部分も頑丈↓

この取っ手、右に左に上に下に引っ張ってもなかな壊れないです!

つよい!

 

収納スペースも十分(3泊4日どころか7泊までギリギリ使えた)↓

 

角部の補強も万全↓

 

横置きにも対応↓

スポンサーリンク

スーツケースを選ぶポイントは?

ここからはスーツケースを選ぶポイントについて紹介していきたいと思います。

これからスーツケースを買う予定のある方は参考にしてみてください。

スーツケースは「360°キャスター」でなければ使い物にならない!

断言します。

スーツケースを選ぶポイントで最も重要なのは360°キャスターが付いているかです↓

スーツケースには、キャスターが2つしか付いていないものや360°回転しないもの(横に引きずれないもの)がありますが、あれは使いにくいです。

エレベーター降りる時とか、スーツケースの上にカバンを乗っけて引きずる時に不便すぎます。

だから360°キャスターが付いていないスーツケースははっきり言って不便です。

選ぶなら360°キャスターが付いているスーツケースがおすすめです。

スーツケースは「収納量」をちゃんと確認する

スーツケースには内ポケットが付いている機能的なものや、補強骨組などを外側に出すことで収納量が多いスーツケースなどがあります。

スーツケースを選ぶ際には、収納量と機能性にも注目してみてください。

開けた時に中身が落ちてこない設計・内ポケットもある↓

 

歯ブラシやよく使うアイテムなどをサッと取り出せるポケット多数。

使い込んでいくと便利に感じてくる↓

スーツケースは「耐久性」が必要! 簡単に壊れないか要確認!

スーツケースは耐久性が必要です。

国内ならともかく海外では飛行機の積み込みで雑に扱われたり、舗装されていない道が多いです。

そういったなかで耐久性って重要です。

 

もっとも壊れやすいのがキャスター↓

 

次に壊れやすいのが引き手部分です↓

この2つを実際に触ってみて、重厚感や素材などをしっかり確認するのがスーツケース選びのポイントです。

安いスーツケースでも良いですが、旅先で壊れるとかなりイライラするので注意しましょう。

海外旅行に行くなら「TSAロック」対応のスーツケースがおすすめ

海外旅行に行く方は鍵の付いたスーツケースがおすすめです。

なかでも、TSA(Transportation Security Administration)とよばれる赤色のロゴが付いたスーツケースを選ぶのがポイント↓

アメリカでは9.11テロ以降、ランダムに選出したスーツケースを開けて中身をチェックしています。

TSAの場合、鍵を掛けたまま預けても問題ありませんが、TSAの付いていない南京錠などで施錠していると鍵を壊して開けられることがあります。

アメリカに行く予定の方は要チェックです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これかスーツケースを購入する予定の方はぜひ参考にしてみてください。

ネットで買うならAmazonは価格が安いですし、楽天市場は商品画像が多く判断材料が多いのでぜひチェックしてみてください。

また、安いスーツケースは壊れる可能性も十分にありますので不安な方はメーカー・ブランドものがおすすめです。

では

補足

冒頭で世界各国飛び回ってる書きましたが…

ごめんなさい。

盛りました。

実際3カ国しか行ってないです。。

関連記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で