スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

作業環境のリニューアルを頑張っているsugiです。

実は作業環境をリニューアルする以前より、Macで使えるメカニカルキーボードを探していました!

条件は、日本語(JIS)配列であること・Macのショートカットキーが使えるできれば青軸であること!

そもそもMacの純正キーボードは非常に優秀なので買い換える必要は特にないのですが、パソコン環境をエンジニア仕様に近づけたのと、お店で実際に触ってみて気に入ったキーボードが見つかったので。。

キーボードもついでに買っちゃいました!!

 

って訳で、今回は購入したメカニカルキーボード「BLACK QUEEN」を紹介したいと思います!

キーボードを使う機会が多い方は必見です!

Macに対応したキーボードは幾つかあるけど「メカニカルキーボード」は少ない!

Macに対応したキーボード自体は、Apple純正品を入れれば種類は割と豊富です。

 

東プレやHHKBなどの高級キーボードもありますが、ちょっと高すぎるし。。

 

ところが、「メカニカルキーボード」になると話は別です。

Macで使える(キーボードの互換性がある)メカニカルキーボードは、Windowsに比べて全然少ないです。

また、あったとしても価格が高すぎる(高級キーボード)の部類であったり、キー配列の切替ができなかったり、良いと思ったら英字配列しかなかったなど、Mac泣かせの仕様になっているものが多いです。。

【追記予定】メカニカルキーボードとは?

センチュリー「BLACK QUEEN(青軸)」を購入

Macで使えるメカニカルキーボード事情を説明したところで、購入したセンチュリー「BLACK QUEEN」を開封レビューしていきます。

キーボードは実際に触ってみないと分からないので、秋葉原のPCパーツショップでひたすらキーボードを叩き比べて購入しました。

2週間ぐらい前に、秋葉原でキーボードを叩きまくってる“変な人”がいたら多分私です(笑)

 

パッケージはこんな感じ↓

 

個人的な趣味・嗜好により「青軸」をチョイス

青軸はいいですよ( ・∀・)イイ!!←これ、重要(笑)

ちなみに、「BLACK QUEEN」シリーズは青軸のほか、赤軸、茶軸、銀軸があります。

センチュリー「BLACK QUEEN(青軸)」付属品

「BLACK QUEEN」の付属品はこちら↓

 

「BLACK QUEEN」キーボード本体↓

 

USBケーブル↓

デスクトップ利用を想定しているのでケーブルは長めでした。

邪魔になるようであれば、短いケーブルも数百円で売っているのでチェックしてみてください。

 

説明書↓

キーボード配列を変更する時に説明書が必要になるので、大切に保管しましょう。

 

キーボードを外すツマミとMac用交換キーも付属します(すぐにMac用に付け替えた)↓

「BLACK QUEEN」は、⌘キーが最初から付属しているのも購入に至った理由の1つです。

Mac/Windowsのキーボード切り替えは「背面スイッチ」で調整できる

「BLACK QUEEN」は、MacとWindowsに対応しています。

付属のキーを入れ替え、背面スイッチでキー操作を変更すれば「キー割り当て」が切り替えられます。

 

キー割り当てについては、付属の取扱説明書に記載があります。

Macのショートカットキーが問題なく使える!

キーボード設定をMacに合わせると、Macのショートカットキーが問題なく使えます。

sugiはショートカットキーを多用する派なので、「⌘(コマンド)」キーが使えるのは絶対条件です。

Macユーザーの方でメカニカルキーボード(青軸)を探しているなら、ぜひ候補に入れて頂きたいキーボードです。

「青軸」を選んだ理由

メカニカルキーボードの醍醐味と言えば、やっぱり「軸」ですよね。

これまで数多くのキーボードを使ってきましたが、sugiはやっぱり青軸が好きです。

なので、今回買ったキーボードの軸はもちろん「青軸」です↓

 

青軸の特徴をまとめると、、

 

「青軸」の特徴❍ 押した感じがスイッチみたいでしっかりしている。
❍ 打鍵感が爽快で気持ちいい。
❍ タイピングが楽しくなる
❍ タイピング音がうるさい(気にしてない)

と、まあこんな感じです。

「青軸」は、ほかの軸と比べて「キーボード叩いてる感じ」「気持ちよさ」が一番良いです!

なので、sugiは青軸推し!

ただ、タイピング音が一番うるさい軸でもあるので、自宅以外で使うのはちょっと考えた方が良いかもしれません。

「BLACK QUEEN(青軸)」の打鍵感について

BLACK QUEEN(青軸)」の打鍵感は前記で紹介した、青軸ならではの持ち味があるキーボードです。

 

実際にタイピングした音や感覚はこんな感じです↓

うるさいって?

でも、それを凌駕するぐらい青軸って爽快感があるんですよ!!(笑)

メカニカルキーボードの「軸」は好き嫌いがはっきり分かれるので、あくまで個人的な感想ですが、かなり打ちやすいです!

スポンサーリンク

63キー 日本語JIS配列の「テンキーレス」タイプ

「BLACK QUEEN」は、テンキーが付いていない「テンキーレス」タイプです。

63キーの日本語配列となっておりテンキーがない分、コンパクトです。

テンキーがあっても良かったですが、コンパクトサイズのキーボードが欲しかった・Macの上に乗せられるサイズなので、これで十分!

まあ、今回買ったのは「青軸」なので、外出先では使えません(うるさいので迷惑)

 

各キーの大きさは、Macbook Pro 15インチモデルとほぼ同じぐらい。

違和感なくタイピングができました!

「BLACK QUEEN」は角度調整ができない!

最初からキーボードに角度(反り)が付いているので違和感はありませんでしたが↓

 

「BLACK QUEEN」は角度調整ができません↓

キーボードの裏面には、滑り止め用のゴムが付いています。

角度調整ができないので、必要によって台座などを準備しても良いかもしれません。

接続は「ミニUSB」に対応

「BLACK QUEEN」の接続は「ミニUSB」です。

実際に使ってみると、やっぱり純正ケーブルの長さが気になったので、社外品に交換しました。

「BLACK QUEEN」には「かな刻印」がない!

ちなみに、「BLACK QUEEN」のキーボードには「かな刻印」がありません。

個人的にシンプルで好きですが、かな入力をする方は購入前に注意したいポイントです。

Fn(ファンクション)キーも便利!

余談ですが「Fn(ファンクション)」キーも使い勝手が良いです。

キーボードの左下端のキーを押しながら、キーボード側面に書かれたアイコンキーを押すと、様々なアクションができます。

音楽の再生、停止、音量調整・キーボードのバックライト調整などができます。

LEDライト内蔵

個人的にあまり使いませんが、LEDライトを内蔵しています。

7色に変化する仕様で、雰囲気を盛り上げたい時に良いですね。

 

sugiはブルーが気に入っています↓

 

それぞれの軸下にLEDが内蔵されているので、光ムラなどもなく綺麗です。

 

仕事の納期が迫ってきたら赤になったり↓

 

紫にもできます↓

「BLACK QUEEN」を2週間ほど使ってみた感想

「BLACK QUEEN」をMacに最適化して、2週間ほど使ってみました。

結論から言うと、、

めっちゃ快適です!!

 

先日リニューアルしたデスク環境にもマッチしていい感じ↓

 

Macの上に置いて使うと、キーポジションがちょうど良くなりました↓

 

1画面で集中して作業したい時は、普通に机に置いて使ってます↓

青軸ならではの打鍵感とMacショートカットキーが使えるのでお気に入りです。

Macで使えるキーボードを選ぶときの注意点

最後に、キーボードの選び方についてアドバイスしておきます。

Macで使えるメカニカルキーボードは選択肢が少ないですが、、

Macで社外キーボードを買う時に注意したいポイントを簡単に紹介しておきます。

ちなみに、今回紹介した「BLACK QUEEN」は以下すべての要件を満たしています。

キーボード配列は「JIS(日本語)」か「US(英語)」か確認する

これ、個人的にかなり重要視しています。

たまに調子に乗って、英字配列のキーボードを買う人がいますが、、

sugi
お前、そんなに英語打たないだろっ!!!!

って常々思ってます。

 

自分が使いやすければ何でも良いですが、”慣れている”キーボード配列がおすすめです。

Macでショートカットキーを使っている方は、キー配列がなるべく変わらないキーボードがおすすめです。

sugiは過去にそれで何度か失敗しているので。。

「⌘(コマンド)キー」が使えるか確認する!

Macでショートカットキーを使っている方は絶対に必須。

⌘(コマンド)キーが使えるか確認します。

使えないと、あとで死ぬほど後悔することになる可能性が高いです。

キー配列をMac仕様に変更できるか、Macに対応しているか、替えの「⌘キー」が付属しているか。を確認してみてください。

キーボードのサイズ感

意外と軽視しがちですが、キーボードのサイズ感は重要です。

sugiはテンキーをあまり使わない・机をすっきりさせたいので、テンキーレスタイプのキーボードが好きです。

これは目的に合わせて選べばOKですが、気にかけたいポイントです。

キーボードの接続方法

いまの主流は、ワイヤレス(Bluetooth)・USB接続です。

しかし、安いキーボードや古いキーボードは、USB以前のコネクタを使ったタイプのものがあります。

使えるか要チェックです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はMacに対応した数少ないメカニカルキーボード「BLACK QUEEN」を紹介してみました。

Apple純正キーボードを使っているけど飽きてきた方、指に”刺激”が欲しい方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

秋葉原のお店には実物展示もありますので、機会があればぜひ実際に触ってみてください!

では。

センチュリー 「BLACK QUEEN」関連商品

今回紹介した「BLACK QUEEN」シリーズは「青軸」のほか全部で4種類の軸を選べます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で