スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
約4年ぶりにMacbook Proを買ってウハウハなsugiです。

今回は買ったばかりでウハウハ中のMacbook Proをレビューしたいと思います!

これからMacbook Proの購入を考えている方は参考にしてみてください。

約4年ぶりにMacbook Pro 15インチ(2015年)モデルを購入!

約4年ぶりにMacを購入しました!久しぶりに新しいMacを買ったので興奮気味。

sugiは高校在学中にMacbook Airを買ってから、Macbook Air 13インチ→Macbook Pro 13インチ→MacBook Pro 15インチ(←いまここ)と買い替えて使ってきました。

もともとWindowsユーザーだったのですが、Windows8から異様に使いにくくなり、Adobeソフトの使用頻度が増えたのでMacの方が良くなってMacユーザーになりました。

たまにBootCampでWindowsを使ってますが、使用頻度はめちゃくちゃ低いです。

Macbook Pro13インチから15インチに乗り換えた理由

別に買い換える必要はなかったのですが、15インチの大画面に憧れとスペック(クアッドコア搭載で動画編集に強い!)点に魅力を感じ、13インチMacbook Proから買い替えることにしました。

Macbook Proの13インチと15インチモデルのスペック差って、値段と同じで開きが大きいです。

動画編集、写真の現像、Illustratorなどを幅広くやるsugiはクアッドコアを搭載してるハイスペックなMacbook Pro 15インチに憧れた訳です。

Macbook Pro 15インチモデルの用途

sugiがMacbook Pro 15インチモデルを使ってやる仕事はこんな感じ↓

Macbook Proでやる仕事

❍ ブログ書く(執筆)
❍ メディア運営 (ディレクション)
❍ Web製作(Dreamweaver) 
❍ 動画編集(Final Cut Pro X)
❍ 写真現像・加工(Lightroom、Photoshop)
❍ Illustratorもよく使う!

上記で紹介したように、別に大したスペックがなくても大丈夫な作業もあれば、スペック重視でやりたい仕事も入り交じっています。

こうなると「大は小を兼ねる」と言われているとおり、ハイスペックなMacを買うことになります、、

新型Macbook Proも発売したけど敢えて旧型を購入!その理由は?

実は、今回sugiが購入したのは新型Macbook Proではなく、旧型のMacbook Proになります。

なんで旧型なの?ケチったのかって?

いいえ、違います。
まだ新型Macは買い時ではないと思ったからです。

新型Macbook Proは薄型軽量!さらにスペックアップ!

新型Macbook Proは当然ながら、前モデルより改善されているので良いに決まってます。


ただ、今回の新型Macbook Proはそうでもなかったです。薄型・軽量化された点と、スペックアップまでは大歓迎だったのですが、、

USBポートがなくなってること!!

これが許せないです、、

え??
嘘でしょ。
これじゃ仕事にならないよ。。

ってね(笑)

USBポートやHDMIポートが廃止されたかわり、TYPE-Cだけになっているのです。

別売で変換アダプタ(ハブ)を買えばなにも問題ないのですが、

USB機器をメインで使っているsugiが、もしもこのアダプタ忘れたらどうするの?ってお話です。仕事のデータが入ったHDDにアクセスできず、画面出力ができず、せっかく高いお金を出して買ったのに、Proの仕事ができなくなるのは困ります。

TYPE-Cは、将来的には間違いなく普及していくと思いますが、まだその時ではないと思います。

もうちょっとTYPE-Cが普及してきたら買い替えますが、今回は敢えて旧型Macbook Proを購入することにしました。

購入したMacbook Pro 15インチ(2015年)モデルのスペック

これらの経緯があって、旧型Macbook Proを購入。メモリとストレージ容量を増やしたかったのでBTO(カスタマイズモデル)になります。

スペックはこちら↓

モデルMacBook Pro Retina 15インチ(mid 2015)
CPU2.8GHz クアッドコア
Inter Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
グラフィックIntel Iris Pro 1536 MB

ご存知のとおり、Macbook Proは1枚の基盤で構成されているので、ストレージ・メモリの増設ができないので、ストレージ容量以外はMAXで選択しました。

旧型Macbook Proでも新品は27万円!

BTO(カスタマイズモデル)にしたことで、旧型Macbook Proとはいえお値段は27万円です。高い!(笑)

なかなか良い値段します。
ちゃんと仕事しないと元取れないですね、これ。

Appleローンを使って購入

さすがに30万円近いMacを一括で払うのは、開業1年目のsugiには厳しかったので、今回はAppleローンというものを使ってみました。

一般的なローンだと、借りた分に「金利」が上乗せされますが、Appleローンの場合、時期によって12回、24回、36回払いまで金利手数料が無料になります。

今回は24回払い(2年間)でローンを組みました。27万円の買い物をしても月々の支払いが1万円弱で済むのでかなり助かります。

Appleローンの審査は厳しい?余裕で通過しました!

Appleローンはオリコというローン会社と提携しています。Appleローンを利用する=オリコと契約するということになるので、申し込み書を出すとオリコから審査が入ります。

一般的には収入があって、公共料金や携帯電話の滞納がなく、金融事故がなければ審査はすぐに通ります。sugiの場合、1時間足らずで審査に通りました。

個人事業主で収入が不安定であっても、難なく通りました。ちなみにローンを組める枠の参考目安としては、4件までで年収の1/3までと言われています。

ローン会社が注視するポイント

❍ 収入がある
❍ 携帯料金の滞納がない
❍ 公共料金の滞納がない
❍ クレジットカードの滞納歴
❍ その他、金融事故や破産はないか

Appleローンを使って購入したMacは何日で届くの?

これはみなさん気になるところだと思いますので書いておきます。あくまでsugiの場合ですが、Appleローンを利用してBTO(カスタマイズ)モデルを購入した場合、注文確定まで半日・1日ほどラグがありました。

これは営業時間や諸手続きの時間だと思いますが、割と早い方なのではないでしょうか。

「いつまで待たせるの?」ってことはなかったです。3月30日に注文が確定してから届くまではこんな感じでした↓

ご存知のとおり、Apple製品は海外(中国 上海)から発送されるので若干時間がかかります。

最後に受け取り時間を変更しましたが、1週間ほどで届きました。BTO(カスタマイズ)モデルは届くまでに時間が掛かりますね。

Macbook Pro開封レビュー

さて、届いたばかりのMacbook Proを開封していきます。
箱は固めの段ボール↓


蓋を開けるとMacbook Proのロゴが(かっけー)↓


サクッと取り出し↓


開封↓


付属品はこちら。
ACアダプター類などなど↓


説明書、Appleシール、あとMacbook Pro限定で付属するAppleロゴ入りのクロスが付属します↓

スポンサーリンク


・・・


外側のビニールを剥がし開封していきましょう↓


開封↓


白いベール(ただの紙)に包まれてました↓


15インチのMacbook Proはサイドにスピーカーが付いているので13インチより音質が良いです↓

自家ではBOSEのスピーカー使っているので使用頻度はまあり高くなさそうですが。。


トラックパッドの大きさは13インチMacbook Proと変わりません。昨年のマイナーアップデートにより、押した感じ(感触)が伝わるようになっています↓


15インチは改めて存在感があります。13インチモデルからの買い替えなので余計デカく感じます↓


余談ですが、リンゴが光るモデルのMacはこのMacbook Proが最後です、、
新型は光りませんので、スタバでドヤりたい方は旧型がおすすめです↓

Macbook Pro 13インチと15インチを比較してみた

13インチと15インチのMacbook Proを比較してみました。

大きさはこんな感じ。
奥行きはそこまで変わりませんが、横幅が全然違いますね↓


厚さはこんな感じ。角度によりますが、そこまで大きな差はないです。
左が13インチ、右が15インチです↓


最後に15インチの大きさが伝わるように比較してみました。
下から15インチMacbook Pro、iPad Pro 9.7、iPhone7です↓

旧型Macbook Proは拡張性が豊富!

sugiが旧型Macbook Proを選んだ最大の理由はここにあります。新型より拡張性があり、使い勝手が良いです。

左から充電、Thunderbolt、Thunderbolt、USB、イヤホン穴↓


反対側はUSB、HDMI、SDカードリーダー↓

欲を言えば、もっとUSBポート増やして欲しかったですね、、
USBポートはUSB 3.0規格に対応したUSBハブを購入して使ってます。

Macの買い替えはTime Machine(タイムマシーン)を利用するのが便利!

パソコンを買い換えるとデータの移動が面倒になりますが、Macの場合はめっちゃ簡単です。

Macには最初から「Time Machine(タイムマシーン)」というソフトが入っているのですが、これを使えばHDDをクローンしてまるごとデータ移行できるのでsugiはいつもお世話になってます。

用意するのは、買い替え前のMac、新しいMac、そしてストレージ容量相当のHDDだけ!

HDDはAmazonで売られている一般的なものでOKです↓

バックアップ方法はまた別記事で紹介しますが、Time Machineはパソコンの買い換えに関係なく、日頃からバックアップ目的で使っています。

Macbook Pro 15インチモデルを使ってみて感想

1年ほど15インチのMacbook Proを持ち運んで使ってみた感想を書きたいと思います。

スペックは大満足!1年使っても不満はない!

さすがクアッドコア搭載のMacbook Proです。1年ほど使いましたが、スペック的な不満を感じることはほぼありません。

AdobeでいうとPhotoshop、Lightroom、Illustratorがサクサク動きます。
動画編集で使うFinal Cut Proも快適です。

作業スピードはもちろん、動画などの書き出しも早いのでストレスなく使えています。

また、2015年モデルのMacbook Proからストレージが大幅に高速化しているようで、1GB前後のファイルをコピーするのに1分かからないのは快適すぎます。

充電の持ちは良い方だと思う!ただし、、

出先でもこまめに充電しながら使っていたということもあり、Macbook Pro 15インチの電池持ちは良いほうだと思います。

ただし、動画のエンコードとかLightroomとか使うとあっという間に電池がなくなりますので結局は”使い方”次第ですね。

sugiの使い方では、ネットサーフィン、ブログ執筆、たまにIllustrator開いても、軽く6時間ぐらいは使えてました。どうしても足りない方は15インチMacも充電できる!コンセント付きモバイルバッテリーの購入を検討してみてください。

MacBook Pro 15インチを持ち運ぶのは意外と大変だった

Macbook Proを買い替えてからも、相変わらず全国を駆け巡りました。沖縄、名古屋、東京、千葉、埼玉、山形、青森、秋田などなど。

もう分かりきってることですが、重量が重いです!

13インチMacbook Proから買い替えでなので、余計に重さを感じます。大きさもそうですが、やっぱり重さがネックでした。

結論として思ったのは、15インチは持ち歩けるけど持ち歩かない方が良い!って思います。

クルマ移動だけならいいですが、リュックやカバンに入れて移動は大変でした。Macbook Proだけ持ち歩いている訳じゃないですからね、、

総武線のグリーン車で↓


東海道新幹線で↓


持ち運びは大きめのカメラバッグorリュックで↓


出先にちゃんと机と椅子があれば、どこでも快適に仕事ができる!ってメリットはデカいですが、15インチMacbook Proにモバイル性を求めてはいけないと思いました。

なので最近の外出先ではiPad Proを使って仕事するようにしています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

プロの仕事をする!クリエイティブな仕事に専念したい!という方は間違いなく13インチよりパワーのある、15インチMacbook Proがおすすめです。

ただし、ライフワークもしっかり考えた方が良いです。1年ほど使いましたが、パワーは最高! 重さは最悪です。

新型Macbook Proはさらに軽量化されているので、こだわりがない方は新型Macbook Proをおすすめします。sugiは敢えて旧型Macbook Proを買ったので、これからも大事に使っていこうと思います。

Macbook Pro購入の参考になると嬉しいです!

では

Macbook Proが入る!おすすめカバン・ケース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で