スポンサーリンク

こんにちは、運転には慣れたけど雪道は何年経っても怖いスイフトオーナーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、スイフトのスタッドレスタイヤを新しくブリジストンのVRX(一番いいタイヤ)にしたのでレビューしてみたいと思います!

まだ雪が降ってないので追記式で性能をご紹介していきます!
スタッドレスタイヤの購入で迷っている方はブリジストンがおすすめです。

愛車 スイフトのスペック

この記事で紹介している愛車のスイフトはよく走る車ですが、FF(前輪駆動)、2WD、さらにはマニュアル車なので運転テクニック次第でよく走ったり全然走らなかったりします(笑)

ドライバー次第な点が大きいですが、今回はそんなスイフトにブリジストンの最上位スタッドレスタイヤ「VRX」を履いてみます。東北の雪国では一番高いスタッドレス買っておけばとにかく間違いない説ありますからね。

去年のスタッドレスタイヤが寿命だったので早めに交換

去年1シーズン履いたスタッドレスタイヤはダンロップ製のスタッドレスタイヤでした。溝はまだ十分あったのですが、劣化して固くなってきており、グリップ力や制動性が頼りなくなっていました。

スタッドレスタイヤはゴム質によって性能が大きく変わるので、実はタイヤ溝よりもゴム質が重要だったりします。ひび割れがあるスタッドレスタイヤはもはや論外。極寒の東北でそんなスタッドレスタイヤ履いてる奴はよっぽど貧乏か死にたいかどちらかです。多分。sugiは将来有望なので早めに買い替えました。

ブリジストンの最上位モデル「VRX」を購入

ぶっちゃけここまで高いのは不要なのかもしれませんが、知り合いの方がブリジストンで働いていて若干安くして頂けたことと、タイヤ=ブリジストンというぐらい有名なメーカーですし、スタッドレス開発に力を入れているので信頼性を重視して選びました。

ちなみにsugiはタイヤオタクではないので、VRXという商品名は購入してタイヤを装着して表面に書かれていた文字で初めて知りました。勉強不足ですね。

スポンサーリンク

ブリジストン VRXの評判はかなり良い

前提として、ブリジストン VRXの評判はかなり良いです。少なくともsugiが読んできたレビューや周囲で実際に使っているオーナーさんの話を聞く限りでは好評です。唯一の不満点を挙げるとするならゴムの減りが早いことぐらい。

スイフトは車重が軽いので大したことないと思いますが、これがミニバンとかになると減りが早いみたいです。それでも3シーズンぐらいは持つと思いますが、、

ブリジストン VRXをスイフトに装着!

今回は知り合いの紹介だったので、近所のタイヤ館で取り付け作業をして貰いました!

タイヤ4本と交換工賃、廃タイヤ費用でおよそ5万円。学生には痛い出費ですが、雪道で事故るよりは安いです。スタッドレスの出費は雪国ならではです。。

交換前の夏タイヤ↓

スイフトスタッドレスVRX


交換後はこんな感じ。
ホイールは納車時に付属されていたものを使いまわしているのでイマイチですが一応アルミホイールです。あとなぜか14インチです(純正は15インチのはず)↓

BLIZZAK VRXレビュー


タイヤをアップにするとこんな感じ。
まだ慣らしも終わってないのでピカピカ。どうせ雪ですぐ汚れますが(笑)↓

VRX性能高い


サイズは165/70/R14になります↓


製造年は2015年でした↓

BLIZZAK 減りが早い

VRXの特長・良かった点

ここからは実際にVRXを装着して良かった点と商品の特長を合わせて紹介していきます。

ゴムがめっちゃ柔らかい!

VRXに採用されているゴム材質は「発泡ゴム」とよばれる素材が使われています。
お店などで触り比べてもらうと分かりますが、VRXは他のスタッドレスと比べて段違いに柔らかいゴムで作られています↓

スタッドレス型落ち


この柔らかさと「発泡ゴム」を採用したことで氷上ブレーキ・ウェットブレーキ性能が向上しているとメーカーHPで紹介されています↓

トレッドパタン

タイヤのトレッドパタンは、左右非対称デザインが採用されているようです↓

VRX 再レビュー


従来のスタッドレスタイヤに比べ、小さなブロックが氷雪面をしっかりつかむことで性能が向上しているようです↓

スポンサーリンク

制動力・グリップ力は信頼できる

ここからは実際に走ってみての感想になります。
まず、最も重要な制動力・グリップ力は信頼できるレベルにあると思います。

スイフト雪道走破性能

以前履いていたスタッドレスタイヤは完全に寿命だったので比較はできないですが、安定性・制動性・グリップ力は相当良くなっていました。さすがブリジストンです!

2016/2/1追記

VRXを履いて2シーズン目で追記です。
全体的に満足度の高いスタッドレスタイヤです!
坂道発進や山道もストレスなく安全を感じながら走れています。マイナス10℃の峠道を走って前方の車が盛大にスリップするなかでもVRXは安定して走ってくれました!

ハンドルがかなり軽くなった!

15インチから14インチにしたということもありますが、ハンドルがおもちゃみたいに軽くなりました(笑)

タイヤ1つで乗り心地が変わるというのは聞いていましたが、ステアリングの重さまで変わるとは聞いていなかったので少し驚き。運転に支障はありません!また直進安定性も高く安定している印象です。

静粛性・車内の快適性が大幅に向上!

これは嬉しかったポイントなのですが、車内の静粛性・快適性がVRXを履いてから大きく向上した感じです。メーカーページには「ふらつき低減」「静粛性」「低燃費を確保」などと紹介されていますが、これマジで本当でした!!↓

VRXの静粛性はとても優秀で明らかに静粛性が向上しています。もちろん雪の上を走った時の話ではなく、積雪のないアスファルトを走った時の比較です。

またタイヤのゴムが柔らかいことが影響してか、ハンドルが軽くなり、乗り心地もかなりマイルドになりました。ワンランク上の車に買い替えたっけ?ぐらいの感覚があったので、車の乗り心地についても高いスタッドレスだけあると思いました!

まとめ

今回はブリジストンが誇る最上位スタッドレスタイヤ VRXを紹介してみました。これから冬本番となる季節、スタッドレスタイヤの寿命が近い方はぜひ買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

ブリジストンレビュー

まだ危険な思いはしてないですが、スタッドレスは命を守る最後の砦ですから、ぜひケチらず性能で選んでみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で