スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

日ごろの行いが悪いことで有名な個人事業主のsugiです。

 

来月には確定申告という個人事業主や稼ぎすぎたアルバイター達が発狂するイベント(納税)があるので、自分の帳簿が大丈夫なのか不安な毎日を過ごしています。

 

仕事は着実に前進しているという確信はあるのですが、結果が出るのが遅いこともあって苦労しています。

これはきっと私の日ごろの行ないが悪いからでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

そこで今回は、私に憑いている“何か”を拭い去るために千葉市内にある神社を巡り『日ごろの行い良くするから助けて下さい』って神頼みをすることにしました。

 

千葉市内の神社を巡って”神頼み”をする個人事業主

今回は神頼みをしに千葉市内にある神社を巡ってきました。

ちなみに今回は”ぼっち”じゃありませんよ!!

なんと、東京で料理の仕事をやっている友人が遊びに来てくれたので今回は2人で周ってきました!

スポンサーリンク

 

概要:東京から駆けつけたT氏
同じ山形出身で高校で仲良くなった友人。
料理の仕事をしていて、元有名ホテルの料亭にいたことも。
同年齢なのに全国を周って御朱印巡りをやってるすごい人。

 

今回はそんなT氏と一緒に神社を巡ります。

 

東千葉駅から徒歩10分圏内の場所にある千葉神社

まずは東千葉駅から徒歩10分圏内にある『千葉神社』に行ってきました。

千葉神社

 

千葉神社について

千葉氏の守護神である妙見菩薩を本尊とする寺院(千葉妙見宮)として建立され、千葉氏の祖平忠常の子覚算大僧正によって伽藍が整備されたと伝えられる。以降千葉宗家のみならず千葉氏一族の信仰が篤く、千葉氏宗家の元服は代々この寺で行われた。また、千葉常胤の案内で同寺を参拝した事で知られる源頼朝からも手厚く保護されていた。

千葉妙見宮には本来、妙見菩薩とともに養和元年(1181年)に千葉常胤によって鶴岡八幡宮から勧請された八幡神が祀られていた。当初は八幡神が弓箭神とし、妙見菩薩は鎮守・産土神・農耕神的な役割を担っていたが、千葉氏の一族が多数連座した宝治合戦で一族が動揺した時期(13世紀中期)に一族の団結を維持するために従来の八幡神に代えて、千葉氏を含めた房総平氏において独自の篤い信仰を受けていた妙見菩薩に弓箭神の要素を加えて、千葉氏が妙見菩薩を庇護された存在であることを強調する“妙見説話”が形成された。その集大成が『源平闘諍録』であり、後世に千葉妙見宮(千葉神社)を描いた縁起絵巻にも反映されている[1](現在も末社の1つに八幡神社があるのはその名残である)。

※Wikipediaより引用

 

千葉神社は千葉と密接に関わりのある神社で、私は平日のお昼頃訪れたのですが多くの方が参拝されていました。

 

建物は非常に豪華で綺麗です。

最近塗り直したばかりなの?ってぐらい周りも綺麗で、管理が行き届いている素敵な神社でした。
千葉神社 ご利益
日ごろの行いが悪い私は、とにもかくにも神にすがります。

そして最後に”おみくじ”を引いてみました。

千葉神社 おみくじ

結果は、中吉です。

日頃の行いが悪い割にはマシなものが出ましたが、おみくじに書いておあることが図星すぎて失笑していました…(笑)

 

一緒に行った友人T氏は御朱印帳を貰っていました。

御朱印は300円から500円ほどで貰えるもので、値段は神社によって異なるそうです。

千葉神社では300円だったみたいです。

 

また、御朱印を頂くには『御朱印帳』が必要になります。

御朱印帳については、あとで詳しく書きたいと思います。

 

【住所】千葉県千葉市中央区院内1-16-1
【TEL】043-224-2211 
【営業時間】千葉神社の境内、朝6時~夕方18時まで

 

途中で納税地(千葉東税務署)前を通り確定申告へ思いを馳せる

途中で千葉東税務署の前を通りました。

ここが私の住んでいる場所を管轄している税務署です。

普通に仕事していたら税務署なんて無縁だったのに、個人事業主になったばっかりに税務署にも足を運ぶ必要が出てきました。

人生どうなるか分からないですね(笑)

千葉東税務署 納税

ここに確定申告書を作って送らなければなりません。

スポンサーリンク

まだ何も準備していないのでヒヤヒヤしています。

 

千葉公園にも行ってきた。プールがあって野鳥がたくさんいて凄く良い場所だった。

ところで今回は徒歩で移動しています。

車とか電車とか使わないでたまには歩きます。

 

次は千葉公園に隣接している『護国神社』に行くことに。

その途中で初めて千葉公園に来たので、ちょっと撮影がてら紹介してみます。

 

千葉公園には、プールや野球場などの運動施設があったり池があったりして広めの運動公園といった感じでした。

千葉に引っ越してきて1年近く経ちますが、こんな場所もあったんですね。

千葉公園 散歩
スポンサーリンク

 

なかでも池の周りには野鳥がたくさんいたので、次はフル装備で撮りに来たいですね。

今回は見つけられませんでしたが、カワセミもいるみたいです!

まさかこんな近くにカワセミを撮れるスポットがあったなんて…

 

今回はゆりかもめとか、よく分からない鳥がいたのでとりあえず撮ってました。(笑)

千葉公園 野鳥 ゆりかもめ

 

千葉公園 ゆりかもめ

 

野鳥と言っても、けっこう人馴れしているので愛嬌があります。

かわいいです。

千葉公園 野鳥 ゆりかもめ かわいい

 

遠くを見つめる鳥もいました。

千葉 野鳥撮影スポット おすすめ

 

見てください。

このキュートな目。

最高かよ(・∀・)

千葉 ゆりかもめがいる公園

 

そして飛ぶ瞬間を撮ろうと頑張ったのですが、案の定ピントがズレました。

鳥も飛ぶ前に泣くとか合図してくれればいいのに…

連写にすれば良かったと後悔しつつも、リベンジしようと心に誓いました。

千葉公園 楽しい

 

野鳥を撮りたい方は千葉公園がおすすめです。

千葉公園でどうしても撮れなかったら、モノレール乗って動物公園行けば逃げない動物たちがいるのでそれを撮れば撮れ高も保証されていますので、遊びに来てみてはいかがでしょうか?(笑)

 

千葉公園をぶらぶらしつつ、護国神社に向かう途中の道では梅でしょうか?

花も咲いていました。

さすが都会の春は速いですね。

千葉公園 梅の花 冬

 

その後、護国神社を参拝してきました。

そのほかに、もう1つの神社も参拝してきたのですが撮影していなかったので今回は割愛します。

 

御朱印巡りとは?? 御朱印帳はどこで買えるの??

御朱印帳 40ページ 蛇腹式 ビニールカバー付 柄B 黒

最後に御朱印帳と御朱印巡りについて紹介して終わりたいと思います。

 

ご朱印巡りは、参拝した神社が形として記憶に残ることもあって、神社巡りの1つの楽しみとして話題になっています。

頂いた御朱印はお守りになるので、大切に保管しましょう。

 

御朱印帳は、神社でも売っていますし、最近では書店やAmazonなんかでも売られているので気軽に買うことが出来るものになっています。

 

値段は1,500円ほどで購入できます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は日ごろの行いが悪すぎたので、少しは反省して改善出来るようという意味合いも込めて今回複数の神社を巡ってきました。

 

感覚的には、私に憑いている”何か”を取り払うことが出来たと確信していますが、鈍感なので実際どうなのか分かりません。

まあ、ご利益があったかどうかは、これからの私を見ていればわかりますね(笑)

 

一緒に行った友人T氏は『御朱印巡り』にハマっているそうで、家には神社関係の本が増えてきているのだとか。

仕事の都合で、東京から長野まで日帰りで行って徒歩で諏訪湖周辺の神社を巡ったりと、自分にはとても真似出来ないほどかなりアクティブに神社巡りを楽しんでいるようです。

 

さすがにそこまでやらなくても良いですが、御朱印巡りがいま流行っているようなので軽く紹介させて頂きました。

機会があれば皆さんもやってみてはいかがでしょうか。

 

徒歩で神社巡りをすれば間違いなく健康になるのでおすすめです。

スポンサーリンク

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で