スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日は「ガイアパワー」という燃費改善グッズの紹介をしたいと思います。

 

実は今年の2月頃、株式会社ヨシハラ様に製品提供のお願いをしてお借りしていたのですが…

借りたはいいものの、いつも違う道走るわ、山道走行する機会がないわ、記事の書き方を考えているうちに、なんと5ヶ月も過ぎていました…

 

当初2ヶ月ほどでレビューを書く予定だったのに…

ほんと申し訳ない。

と、いうわけで予定より長く存分に試してみて分かった燃費改善グッズ「ガイアパワー」について紹介します。

 

燃費改善グッズ「ガイアパワー」とは??

私が今回紹介する燃費改善グッズ「ガイアパワー」はブログ記事タイトルのとおり車の燃費を改善する・良くするためのアイテムになります。

 

単に「燃費向上」とだけ言われても第一印象としては「本当かよ?」「それ大丈夫なやつ?」なんて言われそうですが、大丈夫です。

スポンサーリンク

ガイアパワーは特許を取るなど公的機関のお墨付きを貰っている製品です。

 

そして、その「ガイアパワー」の製造・販売を行っているのが福島に拠点がある株式会社ヨシハラです。

 

燃費改善グッズ「ガイアパワー」が届いたのでスイフトに取り付け

燃費改善グッズ「ガイアパワー」が届きました。

付属品はガイアパワー本体と取り付け用の結束バンドが2本

 

説明書とかは、パッケージ裏面に印刷されています。

また、今回はスイフトを例に取り付け例を紹介しますがガイアパワー公式ホームページでは、メーカー・車種別に取り付け方法を詳しく紹介していますのでチェックしてみてください。

 

ガイアパワー本体がこちら。

厚さは1mm程度で厚紙のような質感です。

見た目の割に、結構ずっしりしていて例えるなら「お守り」みたいな感じ。

 

ガイアパワーの裏面はガーゼというか硬めの布が使われていました。

 

さて、本体の紹介はこのぐらいにして早速「ガイアパワー」をスイフトに取り付けていきましょう!

まずはエンジンルームを開けます。

 

今回作業するのはエンジンルーム中でもこちらの赤丸内辺りです↓

「ガイアパワー」が推奨している取り付け場所は幾つかあります。

 

1つは「ラジエーターホース」部分↓

スイフトの場合だと、画像赤丸内にあるのがラジエーターホースになります。

 

もう1箇所は「エアダクト」です。

スポンサーリンク

スイフトの場合だと、画像赤丸内にあるのがエアダクトです。

 

今回は、比較的取り付けが簡単な場所にあったエアダクトにガイアパワーを取り付けてみることに。

 

ガイアパワーを巻いてみて、長さが少し足りなかったのでアルミテープを上から巻きました。

スポンサーリンク

ガイアパワーに問い合わせてみたところ、長さが足りない場合はアルミテープで覆ってあげれば効果はあるとのことなのでこんな感じになりました↓

これで取り付けは完了です。

 

燃費改善グッズ「ガイアパワー」を取り付けた後の燃費変化

※今回の燃費測定はスイフトに最初から付いている燃費計を参考にしています。

ガイアパワーをスイフトに取付けて1週間、1ヶ月と使い続けた結果、残念ながら燃費はほぼ変わりませんでした。

大幅に改善することもなく、悪くなることもありませんでした。

と、いうのも私のスイフトはマニュアル車なのでガイアパワーを取り付ける前からリッター平均18~20km/Lが平均燃費でした。

千葉から東京まで片道50kmほど街乗りや渋滞した道路を走行した際も燃費は15km/Lを下回ることがないという優秀さです。

 

スイフトは元々燃費が良いので、ガイアパワーをお借りする前から「どうせこれ以上燃費は伸びないでしょ」って思ってたのですが、やっぱり変わりませんでしたね。

 

ただ、私のスイフトはマニュアル車なので運転技術はsugi次第なところが多いので燃費が改善しない・変わらなかったのは私に原因があるのかもしれません。

 

ガイアパワーのホームページには、ガイアパワーを取り付けることで「燃費が改善した」という実例や、特許や公的機関のお墨付きを貰っていることもあり多かれ少なかれ確実に燃費は改善すると思っていたのですが、私の環境ではあまり効果を実感することは出来ませんでした。

 

燃費改善グッズ「ガイアパワー」のもう1つの効果「トルク向上」について

私のスイフトで燃費は思ったほか変わらず・改善されなかった「ガイアパワー」ですが、実は燃費改善のほかに「トルク向上」の効果も期待できるとメーカーページに書かれていました。

 

そう。

私がガイアパワーを借りた最大の理由は「燃費改善」ではなく、「トルク向上」を夢見てお借りしたのです。

 

これについては、目にみえて効果を実感することが出来ました。

スイフトのマニュアル車を乗ったことがある方なら分かると思いますが、スイフトって低回転のトルクが弱いです。

まあ、1300ccの車にどこまで求めるか。って話になってしまいますが、スイフトの低回転のトルクは何とか向上させたいと以前から思っていました。

それがガイアパワーを取付けて改善が感じられたのです。

 

低回転域のトルクが向上するとこんなメリットがあります。

◯ 発進・クラッチを繋げるのがラクになる。
◯ エンストしにくくなる。
◯ 坂道発進しやすくなる。
◯ 早めにシフトチェンジできる。
◯ シフトチェンジでギアを上げすぎてもビビリが軽減される。

といった感じ。

 

私が特に効果を実感したのは、千葉から東京まで下道を走っている時のこと。

湾岸線や東京都内の道はご存知のとおり渋滞が酷く、100m進むのに30分以上掛かることも珍しくありません。

もう、山形じゃあり得ないですね。

 

そんなマニュアル車殺しの渋滞にハマった時のこと。

ガイアパワーを取付けてから、いつもより発進が凄くラクになりました。

 

ほぼ毎日スイフトに乗っているので言い切れますが、これはもう間違いないです。

発進時にアクセルをあまりふかさなくてもスムーズに発進できるようになりました。

 

あと、シフトチェンジのタイミングを早めても大丈夫になったのも効果を実感したポイントでした。

ご存知のとおり、シフトチェンジのタイミングが早すぎると「ガガガッ」(ノッキング)ってなりますよね。

これも気になっていた問題だったのですが、ガイアパワーを取り付けてからシフトチェンジを早めに行ってもノッキングが少なくなりました。

 

これまでは60km以上で5速に入れていたのですが、45km~50kmぐらいから5速に入れても大丈夫になったのです。

 

試しにガイアパワーを外してからもしばらく同じように走ってみたのですが、やっぱり燃費は変わりませんでしたが、トルク向上で得られる快適性は本物だったな。と感じました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私も最初は半信半疑でしたが、実際に使ってみると目にみえた効果を実感することが出来たのは嬉しかったですね。

こういった製品は、取付けてカッコよくなるといった「見た目」的なものではなく、なかなか目に見えにくい部分の製品なので、どうしても購入前に躊躇することが多いと思います。

 

ですが、ガイアパワーは購入から6ヶ月間使って満足できない場合には返金保証が付いていますので安心して購入することができますし、私も実際使ってみて効果を実感しているので「燃費について真剣に悩んでいる」「もうちょい低回転域のトルクが欲しいな」って方は試しに買ってみても良いと思います。

 

「ガイアパワー」はAmazonと楽天市場で買うことができるので商品リンクを貼っておきます。

【楽天市場】ガイアパワーを購入

気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で