スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日は先日購入したiPad Pro10.5インチモデルに貼るガラスフィルムを買ってみたので紹介をしたいと思います。

新型 iPad Pro10.5インチ WiFi+Cellularモデルは”買いか!?” 届いたのでレビュー

 

iPadのガラスは気のせいでなければ年々壊れやすく傷つきやすくなっている(まあ薄くなってるから強度弱いのかな?)と思っているのでiPad Pro9.7インチモデルからiPadにはガラスフィルムを貼っています。

 

なぜわざわざガラスフィルムを紹介するの?

なんでわざわざガラスフィルムを紹介しているかと言うと、iPad Pro10.5インチモデルに対応!!って書いてるのに稀に全然大きさが違う”粗悪品”が出回っていることがあるからです。

 

特にiPad Pro10.5インチモデルってまだ出て日が浅いですよね。

そこで今回は、信頼できそうな楽天市場ストアでiPad Pro10.5インチモデルに正式対応したガラスフィルムを買って実際に使ってみて良い感じだったので、それを紹介しよう。って思った訳です。

 

iPad Pro10.5インチを買ったけどガラスフィルムの購入で迷っている。って方は意外と多いと思うので迷った方は参考にまでに。

とりあえず私と同じものを買えばサイズ・品質での失敗は無いと思います。

スポンサーリンク

 

iPad Pro10.5インチ ガラスフィルムを買ってみた

私が今回購入したiPad Pro10.5インチモデルに正式対応したガラスフィルムがこちら

 

日本製の高級強化ガラスが採用されているみたいです。

ガラスの硬度(硬さ)は9H

ガラスフィルムを選ぶ時は硬度9Hがおすすめ

こういったガラスフィルム製品は、海外の安物(原価が恐ろしく安い)ものが多いですがこれは日本製のようです。

まあ、ちゃんと使えればどこ製だって良いんですが…

 

iPad Pro10.5インチ ガラスフィルムを貼ってみた

ガラスフィルムは通常のペラペラフィルムと違い、厚みがあり曲げに弱いです。

フィルムとはいえ、素材はガラスなので取扱い注意です。

 

なので、貼る時はガラスフィルムを曲げないように注意しながら貼りましょう。

上手な貼り方としては…

スポンサーリンク

・・ガラスフィルムの上手な貼り方・・

①手を石鹸でよく洗う(油脂がつかないように)

②iPadのガラス面を付属のシートで綺麗に拭き取る。

③下(ホームボタン側)から上に向けて貼っていく。

④ホームボタンと左右のエッジからはみ出していないかを確認しながら少しづつ貼っていく。

⑤ガラスフィルムに空気が残っていたら眼鏡を拭くマイクロクロスで画面端に押しやる。

ってのがやり方とコツです。

 

さて、私が一番気になっていたサイズですがこのガラスフィルムは当たりでした。

 

私の貼り方ミスで上部が少しだけズレましたが…

 

画面全体をピッタリに覆ってくれるので、ガラスフィルムとしての役割は十分果たしてくれそうです。

スポンサーリンク

貼ってから数日使った感想としては、以前買ったiPad Pro9.7インチモデルのガラスフィルムよりも薄くてスベスベしている感じがしました。

 

ガラスフィルムということもあり、指やApplePencilを使った時にサラサラと滑らかに使えたのが良かったポイントです。

 

体感的にですが、2,000円ぐらいの価値があるとみて良いと思います。

これは良いです。

 

iPad Pro10.5インチ ガラスフィルム まとめ

いかがだったでしょうか。

iPad Pro10.5インチモデルは今回から新たに登場した画面サイズだったので、ガラスフィルムの発売はもっと後になると思っていたのですが、案の定iPad Pro10.5インチが発売されるのとほぼ同時にこのガラスフィルムも売り始めていました。

 

価格も2千円とか3千円とか、ガラスフィルムって通常は1,000円からのものが多いなかで私が今回買ったガラスフィルムは、なんと880円でした(´・ω・`)

 

価格が1,000円を切って、サイズ感・品質も満足できるレベルのガラスフィルムでした。

iPad Proシリーズは特に、外出先で使う方が多かったりApplePencilを使う方が多いと思います。

それに対してiPadのガラスは年々薄く・弱くなっている気がします。

 

まだガラスフィルムを貼っていない方はiPadが傷つく前に貼ることを強くおすすめします。

iPad本体の傷よりガラスについた傷の方がiPad買取時の価格に影響を及ぼすので要注意です。

これを機にガラスフィルムの購入を検討してみてください。

スポンサーリンク

では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で