スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

実は先週末、新しい仕事の方との打ち合わせで夜中まで御徒町で飲んでました。

次の日は大宮で打ち合わせがあるので、この日は都内で一泊するつもりでいたのですが…

すっかり予約したつもりで夜中まで飲んでたのですが、帰り際にじゃらんを確認してみると「予約件数0」になってる…

【ホテル予約】じゃらんで宿を探す

 

Σ(゚∀゚ノ)ノキャーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー  …\(^o^)/オワタ(笑)

 

そうです。

宿を予約した”つもり”で完全に予約するのを忘れていました。

おかげで21歳にして路頭に迷うことに。

 

近くにあったスーパーホテルは受付終了。

橋の下は既に先客がいたので無理。(私のリュックに入ってる機材類は総額で軽く50万越えてるので危なくて寝てられない)

スポンサーリンク

駅のトイレはシャッターが閉まってて入場すらできない。

カプセルホテルは今日に限って満員御礼。

「なんでだよーーーーーー」

 

なので終電もとっくに終わってる(深夜2時)に酔い覚ましも兼ねて御徒町から秋葉原まで歩くことに。

 

・・・・・・・

 

そして秋葉原にやってきました。

みなさん、これが深夜2時の秋葉原です。

よい子は寝てる時間です。

 

深夜2時だと秋葉原駅もさすがにシャッターが閉まってました(てかシャッターあったんだね)

 

深夜の秋葉原駅前は商品の搬入業者やディスプレイ変更や清掃業者しかいませんでした。

私みたいに酔っ払ってる人は誰もいなかったです。

ある意味治安良いですね。

私が住んでた山形の地元並みの静けさです。

 

深夜からでも入れる! 秋葉原駅前の漫画喫茶・ネットカフェ「コムコム」に宿泊してみた

さて、いつもながら前置きが長くなりましたが…(笑)

 

今回はマジで泊まれる場所がなかったので秋葉原駅前にある漫画喫茶・ネットカフェ「コムコム」に泊まることにしました。

ネットカフェは、私みたいに終電を逃したり週末の残業で家に帰れない社畜さん方の強い見方です。

実は、私が人生初秋葉原に来た時に休憩で初めて立ち寄ったネットカフェがここ「コムコム」だったのです。

なので、このネットカフェを利用するのは実に3年ぶり。

久しぶりに来ましたが、中は全然変ってませんでした。

 

今回はネットカフェを初めて利用する・これから利用を検討している方に向けて「ネットカフェってこんな場所」ってのを紹介したいと思います。

 

そもそも漫画喫茶・ネットカフェってなに?

漫画喫茶・ネットカフェ。

通称「ネカフェ」とか「満喫」とか言われてます。

スポンサーリンク

東京都内や大きな駅近くには大抵あります。

 

アニメやドラマで度々登場するので知っている方は多いと思いまが、一応説明しておくと基本は個室やソファー(場所)を時間で貸してくれるサービスです。

一般的なネットカフェだと各個室に必ずパソコンが備え付けてあってネットゲームをしたり、映画やドラマ・アニメを観たり、テレビを観たりできます。

ちなみにアダルトビデオも見放題です(笑)

 

そのほか、お店によってドリンクバー飲み放題だったり、漫画や雑誌が読めたり、カラオケルームがあったり、ダーツやビリヤードができる場所があったりとエンターテインメントが充実しているネットカフェが増えています。

 

秋葉原駅前の漫画喫茶・ネットカフェ「コムコム」の利用料金と館内設備は?

秋葉原駅前にあるネットカフェ「コムコム」の館内設備と料金表を撮影してみました。

参考までに。

さらに詳しく知りたい方は公式ホームページにて確認してみてください。

 

秋葉原駅前の漫画喫茶・ネットカフェ「コムコム」の館内サービス

秋葉原駅前のコムコムの館内サービスについて紹介します。

 

まずは「ドリンクバー」

もちろん飲み放題です。

 

お砂糖・ミルク・紅茶にお味噌汁までありました。

ちなみに、コムコム秋葉原はコンビニなどで買った飲食物の持ち込みが自由になっています。

近くにコンビニが幾つかありますし、出入り自由なのが便利です。

 

漫画はこんな感じで陳列されています。

一度に5冊ぐらいまで個室に持って行って良いみたいです。

写真は少女コミックコーナーですが、男性コミックや雑誌や新聞もありました。

 

そのほか、シャワーは20分300円で利用できます。

あと、ビジネスマンに嬉しいプリンターもあります。

 

もはや当たり前になっていますが、館内は高速WiFiが完備されていました。

スポンサーリンク

コムコム秋葉原のWiFi速度を手持ちのMacbook Proで計測してみたところ

上り:34.25Mbps

下り:17.86Mbps

高速回線であることが分かりました。

私は普通にネットサーフィンしかしていませんが、フィルタリングなどは多分掛かってないフリーな回線だと思います。

 

分かりやすく説明すると、iPhoneのアプリダウンロードやYouTubeなどの動画が全くストレスなく観れるレベルの速度です。

ギガ単位のデータ通信も余裕でこなせるキャパがあります。

 

各個室とオープン席にはコンセントが備え付けられています。

パソコンやスマホの充電も行えます。

 

実際にコムコム秋葉原「フラットタイプ」に「ナイトパック6時間」で利用してみた感想

今日はとにかく酔っていたのでとにかく寝れれば良いということでナイトパック6時間でコムコム秋葉原を利用してきました。(泥酔して暴れる方の利用はできません)

6時間滞在で2,000円切ってるので、秋葉原近辺のカプセルホテルより割安な計算になります。

貧乏な個人事業主には嬉しい(・∀・)

 

個室はこんな感じ↓

床が思ったほか柔らかかったのでカプセルホテルより快適でした(笑)

あと、クッションが1つあったのでそれを枕にして寝ました。

疲れていれば寝れる!

それがネットカフェです!

※急遽泊まったので個室のサイズ計測などはやってません。ごめんなさい。

 

・・・・・・・

 

次の日の朝6時。

 

人生初2日酔いで起きました(笑)

ナイトパック6時間で入ったのですが、具合悪すぎて1時間ほど延長することに。

 

こんな場合でも、コムコムの料金体型は実に良心的で、実際に利用した時間で最も安いプランが自動的に適用されるシステムになっているので安心して利用できます。

 

私が今回コムコム秋葉原を利用してみて良かったことは、

◎ コムコム秋葉原は秋葉原駅に近いのでアクセスが便利
◎ 料金が良心的
◎ 会員登録費用が100円と他所のネットカフェより安い
◎ 長時間居座れる
◎ 会員になれば15分、30分単位で気軽に利用できる

というのが良かったポイントです。

コムコム秋葉原は、一度会員になってしまえば30分200円(平日)で利用できるので待ち合わせや、出先での仕事をこなすのに便利です。

 

新刊の漫画を店で立ち読みするより、涼しいネットカフェでドリンクバーを飲みながら読んだほうが100倍快適です。

30分で漫画1冊でも読めば元取れちゃいますからね(笑)

 

おまけ:後日コムコム秋葉原「オープン席」を使ってみた

ちなみにオープン席はこんな感じ↓

個室ではないので、人の視線が気になる方は利用できませんが価格が安いのでコスパ重視の方におすすめ。

スマホいじって漫画読むだけならこれで十分です。

 

パソコンは懐かしのCore2Duoを搭載したモデルでした。

ゲームがしたい方・ハイスペックなパソコンが良い方は受け付けで言えばちゃんと案内してくれるので安心して下さい。

 

この日は手持ちのMacで仕事を片付けてました。

ネットカフェは、ゲームして漫画読むためだけの場所ではなく汎用性が高いので使い方次第でコスパ最強スポットに早変わりしてくれます。

時間貸しなので金額も安いですし、冷房も効いてますし、図書館並みに静かなのに飲食自由とか最強すぎますね(笑)

しかも高速ネット通信環境までありますから「ここで仕事しろ」って言ってくれてるみたいに感じます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

駅から近いネットカフェは終電を逃して始発電車を待つまでの利用や、ちょっと休憩で立ち寄るのにおすすめです。

 

空調も快適ですし、寒すぎる場合はブランケットも受け付けで頼めば貸してくれます。

また、最近ではスマホの充電器などを貸してくれるサービスも充実してきているのでスマホの充電と自分の充電(休憩)を兼ねての利用もおすすめです。

 

実際に6時間ほど仮眠で利用してみましたが、フラットタイプの個室は以外にも寝れます(笑)

多分、みなさんが思っている以上に寝れます(笑)

普段お高いベッドで寝ている貴族様でもなければ問題ありません。

 

連泊や「ネカフェで暮らせ」と言われると私は嫌ですが、24時間未満の利用であれば快適だと思います。

ネットカフェの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

では。

【ホテル予約】じゃらんで宿を探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で