スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

専門学校の卒業制作を頑張っているsugiです。

 

さて、今回のお題は「ヤフオクでジャンクiMacを買って修理してみよう!」です。

実は以前にも似た企画をやったのですが、、、

ジャンクiMacを自分で修理する方法

 

今回はその第2弾目です!!

Macを安く買いたい方は必見です。

※詳しい修理方法などは過去記事の方でまとめてます。

 

ヤフオクでジャンクiMacを入手

早速ヤフオクで適当なiMacを見繕って購入しました。

スポンサーリンク
iMacジャンク修理_2009年27インチimacジャンク修理方法

 

スペックはこちら

iMac 27インチ WQHD
CPU Core i5
メモリ 12GB
HDD なし
ジャンク理由

○電源は入るけど白い画面でフリーズする

○HDDマウント欠品

○画面曇りあり

○マウス・キーボードは付属

またiMacを購入しようと思ったきっかけは”デスクトップのiMacが欲しい”と思ったから。

単純でしょ(笑)

 

また大きな画面で作業がしたくなったというのが一番の理由ですね。

最初はMacを2台も3台も持って使い分けたりデータの扱いが面倒だと思ったりもしたのですが、トータルで考えた時に部屋に1台iMacを置いておくのが良いかなー。って結論になり、いつもながらヤフオクで安く売っていないかジャンクを探して今回購入した訳です。

 

さて、今回私が選んだジャンクiMacは画面サイズが27インチであること・CPUがi5であること・メモリが12GB搭載されていることが購入のポイントになりました。

 

メモリは後から幾らでも増設できるのでどうでも良かったのですが、今回は運良く12GBも入っていたので助かりました。

では今回もiMacを蘇らせましょう!!

 

まずはiMacの画面を外す

iMacの画面枠には磁石が使われていますので、iMacの画面を外すには外側に力を加える必要があります。

iMacジャンク修理_液晶取り外し

 

そこで、画面に吸盤をくっつけてガラスを外します。
iMacジャンク修理_液晶交換

私はケチってかなり小さな吸盤を使ったので外すのは大変でしたが、これでギリギリ代用出来るので工夫次第でなんとかなりそうです。

初めての方で自身が無い方は、取っ手のついた吸盤を買うことをおすすめします。

 

これでガラスを外すことが出来ます。

iMacジャンク修理_起動しないmacを修理する方法

 

iMacの画面を外すと中身はこんな感じです↓
iMacジャンク修理_液晶パネル取り外し方法

画像に付いている◯印部分にネジがあるので、1つづつ外していきます。

 

ネジを無くさないように注意しましょう。

iMacジャンク修理_imac特殊ドライバー

 

iMacの画面が曇っている場合の対処方法

たまに中古のiMacを見ていると画面が曇ってしまったモデルがあります。

スポンサーリンク

よく見るとガラスが曇っているだけの場合が多いです。

iMacのガラスが曇っているだけなら先ほど紹介した手順でガラスを外してティッシュなどに染み込ませたエタノールで軽く拭いてやると綺麗に取れる場合が多いです。

 

この時ガラスを割らないように注意しましょう。

どうしても曇りが取れない・割れている場合にあはAmazonに代替品も売っています。

 

起動しないiMacのストレージをSSDに交換

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP

本当は画面を全部外して作業をしなくてはならないのですが今回は手抜きしたいと思います。

というのも、ここからiMacを完全にバラすのはかなり面倒だからです。

 

実は本体の基盤とディスプレイを3本だっけか?位のケーブルが接続されているのですが、そのケーブルを断線してしまうとかなり厄介です。

スポンサーリンク

こうなるとロジックボードの交換か液晶の交換かハンダ付けなどをしなくてはならないので冗談じゃありません。

なので今回は手抜きします!(笑)

 

iMacのガラスと液晶のネジを外し、ディスプレイを慎重に手前に倒すとこんな感じのスペースが現れます。

imac ストレージ換装

画像矢印部分にHDDかSSDを入れてやります。

 

ところが今回はマウントアダプターが欠品していましたので、とりあえず汚れを綺麗に拭き取って交換用のSSDに工業用の強力な3M両面テープを貼って、本体に直接取り付けることに。

 

SSDのマウントアダプターも買うと高いのでね。

ただし、3.5インチのHDDに交換する際にはマウントアダプターは絶対に必要です。
imac ストレージ交換方法

 

HDD/SSDを取り付ける際に、電源とデータのやり取りをするケーブルの2本を接続します。

SSD取り付け

これで修理完了です。

 

補足説明

iMacの純正HDDには温度を感知してファンを制御するための温度センサーが内蔵されています。

今回の私のようにApple社外のHDDやSSDを取り付ける際には温度センサーが内蔵さてれいませんのでOSインストールが終わったらファンコントロールアプリをインストールする必要があります。

そうしないとファン暴走が始まりますので一応覚えておきましょう。

 

 

iMacのHDD交換/SSD換装が終わったらOSインストールと動作チェック

この後はOSをインストールして起動確認をします。

通常HDDなしで売られているiMacで、その他に問題がなければこれで起動してくれます。

 

ところが問題発生!! ジャンクiMacの故障原因は「ロジックボード」だった

ところが今回のiMacはどうやらロジックボードの交換も必要だったことが後に分かり、自分では修理することが不可能なことが判明しました。

 

んーーーー(# ゚Д゚)

悔しいけど今回の修理は失敗です。

 

結局この後に色々考えた結果、もう1台ジャンクを買ってきてこいつを部品取りして利用することにしました。

 

せっかく画面が綺麗になったのでね。

メモリも12GBあるしDVDドライブも生きているし。

まぁ、なんとかなるでしょ。

って感じで(笑)

 

【後日追記】 もう1台同じiMac買ってきて修理完了!!

後日追記です。

修理に失敗した1台目のジャンクiMacと同じ型のMacを色々と探してみたのですが、某パソコンショップで先日購入したiMacのジャンクと同モデルが格安にて売られていました(笑)

 

こちは1TBのHDDを内蔵しており動作に問題は無いとのこと。

ただし、また画面に曇りがあるとのこと。

このモデル画面曇りすぎかよ・ω・

 

しかし私が探していたモデルとドンピシャだった為即買いです。

値段は55,000円でした。

ジャンクと2,000円しかかわらない…

なんか虚しいですね…

 

家に画面が曇ったiMacを持ち帰りエタノールで画面を綺麗にリフレッシュしました。

 

さらに、以前からあったジャンクiMacからSSDとメモリをかっさらい増設しました。

 

するとどうでしょう。

型落ちだけで十分戦えるiMacが1台完成しました!!

imac mid2009 27インチモデル SSD性能

全体的にエアスプレーとかでホコリなども除去したので、もうピッカピカのiMacです。

 

早速データやアプリケーション設定などをMacBook Proからコピーします。

また、新しく外付けHDD 4TBを新たに購入したので、1つの外付けHDDにデータをまとめておくことにしました。

これでもう完璧ですね。

 

これからデータをやり取りする時はiMacを親機にしてローカルネット内でファイル共有をしていこういと思います。

つまりiMacは私が起きている限り付けっぱなしということになります。

 

【iMacのある部屋】一段落してこんな感じになった

あれから一段落したところで記念撮影しました。

imacのある部屋

これぞiMacのある部屋ですね(笑)

 

やっぱりBOSEとiMacは相性が良いですね!!

iMacがあるだけでとても綺麗な部屋に見えます。(周りは汚いけど)

これぞ中学・高校生の頃から夢見ていたiMacのある理想の部屋です。

 

あれから5年経ってようやく夢が叶いました・ω・

とりあえずしばらくこの環境で作業をして、また不満などがあればまた新たに変更していきたいと思います。

次回はiMac2009年モデルのレビューをしたいと思います(・∀・)

スポンサーリンク

では。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で