スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
実は知人から相談があり旧型Macbook Proを預かっています↓

APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A

現行Macbook Proの1つ前モデルで、目に見えた特徴としてはDVDドライブとHDDを搭載したMacです(Retina搭載前モデルですね)

で、今回私が相談を受けたのはMacのHDDが壊れて起動しなくなった問題。
なかのデータは諦めるので”とりあえず使えるように修理して欲しい”とのことでした。

そこで、壊れてしまったMacbook Proを分解してHDDからSSDに交換することに↓

今回はその作業様子と旧型Macbook Proはいつまで現役で使えるのかもレビューしたいと思います。
このモデルをお使いの方・予算の都合や2台目のMacをお探しの方は必見です。

Macbook Pro (MD101J/A) 13インチの性能・スペック

まずは今回の記事でHDDからSSDに交換するMacbook Proについて

APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A

Macbook Pro 13インチ
型番 MD101J/A
CPU Intel Core i5(第3世代)2.5Ghz (最大ターボブースト/3.1Ghz)
画面解像度 1280 x 800
メモリ 4GB (DDR3)
ストレージ 500GB
DVDドライブレコーダー
バッテリー稼働時間 最大7時間稼働 バッテリー(新品の場合)

MD101J/Aモデルは、DVDドライブが付いてる最後のMacbookです。
旧型MacなのでディスプレイがRetina解像度でないこと・クアッドコアでないこと・HDD搭載モデルであることが最新Macと比較して目立つポイントですかね。

そのかわり、HDDとメモリは裏蓋を開ければ簡単に交換・増設できるというメリットもあります。

最新Macはロジックボードに固定されているので交換できないんですよね…

【秋葉原オンライン】 Macが比較的安く買える

旧型Macbook Pro(MD101J/A)の魅力 その1「メモリ増設が自由にできる」

旧型Macbook Proの最大の魅力がこれ。
メモリ増設が自由にできることです。シリコンパワー ノートPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM Mac対応 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22メモリを増設すると、同時に複数のソフトを起動してもサクサク動くようになります。

人間界でいうところの「作業デスクが大きい=作業効率が上がる」的なポジションのパーツです。
メモリは動画や画像の書き出しなんかにも影響してくるパーツです。

もしも、新しいMacbook Proのカスタマイズモデルを買おうものなら「+8GB」のメモリを増設するのに2万円も掛かります。
高いねー!(笑)

ところが、このモデルのMacbook Proは裏蓋を外せばメモリを簡単に増設することができます。

Macbook Proのメモリは1つだけパーツの色が違うのですぐ分かると思いますが…
これです↓macbook-pro_%e5%a3%81%e7%b4%99

Macbook Proにおすすめのメモリ(RAM)

あまり詳しくない方のために旧型Macbook Proにも使えるメモリを調べてみました。

メモリ交換の注意点としてメモリには相性があるので、できれば1枚だけでなく、2枚セットなら2枚ごと交換がおすすめです。
一度交換して起動してみて、エラが―出なければ良いですが、ダメそうなら使い回しよりも2枚交換をおすすめします。

メモリを8GBにしたいならこれ↓

16GBならこちらがおすすめ↓

ちなみに、極稀にジャンク扱いされて起動しないMacのエラー原因の1つが「メモリ相性」だったりします。
交換してやると今までの症状が嘘のように改善されたりします。

あまり故障しなさそうなパーツですが、以前iMacを修理した時にはメモリ交換で改善しました。
もしジャンク修理をされている方は調べてみてください。

旧型Macbook Pro MD101J/Aの魅力 その2「HDD交換・SSD化が自由」

以前このブログでは、ジャンクiMacの修理記事を書きました↓

iMacのHDDを交換するには、ガラスを剥がす必要がありたかがHDD交換なのに大掛かりです。
しかも、iMacに使われている配線の作りが弱く、切れてしまうと映像が全く映らなくなるという”発狂仕様”になっています。

それに比べて、Macbook ProのHDD交換・SSD化はめちゃくちゃ簡単です。

精密ドライバーを使って蓋を開けて↓macbook-pro_%e5%88%86%e8%a7%a3

左下にあるこれがHDDです↓macbook-pro_hdd-ssd%e3%81%ab%e4%ba%a4%e6%8f%9bあとは、これを新しいHDDやSSDに交換すれば良いだけ。

ね?
めちゃくちゃ簡単でしょ(笑)

これで交換作業は終わりです。

 

Macbook Proに換装できるおすすめHDDとSSD

あまり詳しくない方のためにおすすめのHDDとSSDを幾つか紹介しておきます。

交換時に参考にしてください。

 

HDD交換なら安くて大容量が可能

 

SSD化なら爆速化が保証される。 これであと5年は使えるはず。

 

ちなみに精密ドライバーも必須です。

 

ポイントは動画編集など重たいデータを扱う場合には内蔵ストレージが大きい方が便利ですのでHDDに交換するのがお得です。

スポンサーリンク

一方でネットサーフィンやPhotoshopやIllustratorなどを使う場合にはSSDに交換した方が体感速度が早くなるのでおすすめです。

価格的には圧倒的にHDDの方が安いですが動作を軽くしたいならSSDがおすすめです。

 

旧型Macbook Pro MD101J/A レビュー

ここからはMacbook Proのレビューをしていきたいと思います。

比較として私が使っているMacbook Pro Retina(2014年モデル)と比較しながら書いていきます。

 

本体外観がこちら。

画像右下が白くなっているのは、ショートカットキーとかパスワードとか書いてあったので編集で隠させてもらいました。

md101-mac

 

新型と違って旧型は『Macbook Pro』とディスプレイ縁に書かれています。

macbook-pro%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97

当初これに惹かれ強く購入を検討しましたが、Retinaモデルが発売されたのでそちらに乗り移ってしまった感じです。

 

そして旧型Macbook ProはDVDドライブが内蔵されています。

macbook-pro_dvd%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%82%e3%82%8a

CDやDVDを使うユーザーにとっては有難い存在ですよね。

 

次のRetinaモデルからDVDスロットが廃止になったのでDVDドライブが付いた最後のモデルです。

macbook-pro-dvd%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88

ちなみに新型のMacでCDやDVDが観たい場合には外付けドライブが必要になります。

 

キーボードはいつも通り光ります。

macbook-pro_2011-%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc

中古で買うと一部が光らない場合があるので要確認です。

 

キーボードの感じはRetinaモデルのMacより少々出っ張り気味です。

macbook-pro%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89

押した感じがあって好きですが、爪が引っかかりやすかったです。

 

側面にはバッテリーの残量表示機能が付いています。

macbook-pro_%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%ae%8b%e9%87%8f%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%80%80%e6%a8%aa%e3%80%80%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%84%e3%81%84

この残量表示機能もRetinaモデルでは廃止されたので残念に思っています。

 

あると便利ですよね。
macbook-pro_%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%ae%8b%e9%87%8f%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%80%80%e6%a8%aa

 

側面はこんな感じ

macbook-pro_%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e6%80%a7%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88

 

左側から…

macbook-pro_%e6%9c%89%e7%b7%9a%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af
電源・有線インターネット・FireWire・Thunderbolt・USB・USB・SD・イヤフォン・バッテリー残量表示

となっています。

 

パソコンを閉じた時はこんな感じ。

macbook-pro_%e4%b8%ad%e5%8f%a4

パット見た感じでは新旧どころか、ProなのかAirなのかすら分からないですよね(笑)

まあ、微妙に違うんですが(笑)

 

手前にはスリープしている時とかに光る穴があります。

この光もRetinaモデルでは付いていません。

macbook-pro_%e9%9b%bb%e6%ba%90

 

そして電源ボタンもRetinaモデルとは違い、分かれて配置されています。

個人的には、電源ボタンはこっちの方が良かったです…

macbook-pro_%e9%9b%bb%e6%ba%90%e7%8b%ac%e7%ab%8b

 

そのほか新型よりも重量が重いこと・Retinaディスプレイという高解像度なディスプレイではないので、画面作業領域が狭めなことが主な欠点になります。

 

新型Macとも互角!? 起動速度比較

せっかくSSDに交換したので、私が使っている2014年モデルのカスタマイズMacbook Proと起動速度を比較してみました。

まさかここまで早くなるとは…

旧型のMacbook ProでもSSDに換装すれば、快適に動くようになるので旧型のMacbook Proを買ったら絶対にSSDに換装して欲しいぐらいです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

旧型Macbook Proでも重量とバッテリーの持ちとRetinaディスプレイを搭載していないことを除けば、まだまだ現役で使えるモデルであることが今回分かりました。(ってか前から知ってたけど)

 

このモデルのMacbook Proは中古で付属品がある状態で6万円を切っていたらすごくお買い得なので買って損はないと思います。※2017/01/28現在のレートの場合。

 

安いMacが欲しい方や自分でカスタムして使える方にはとてもおすすめの1台です。

作業は自己責任ではありますが、買って損のないモデルだと思いますので、興味があればぜひ1台買って遊んでみてください。

では。

 

【秋葉原オンライン】 Macが比較的安く買える
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で