スポンサーリンク
パパゴ gosafe 372v2

 

みなさんこんにちは(・∀・)

今日は先日パパゴからリニューアルリリースされた『ルームミラー一体型ドライブレコーダー GoSafe 372V2』について書きたいと思います。

これから新しくドライブレコーダーを購入しようと考えている方は必見です。

papago gosafe 372v2_取り付け

 

PAPAGO! GoSafe 372V2はGoSafe 372の後継機

今回パパゴから発売されたGoSafe 327V2という機種は、以前から販売されていたGoSafe 372をマイナーアップデートした後継機になります。

papago gosafe 372v2_視野角

主な変更点としては…

◎ メモリーカード8GB→16GB付属に容量アップ!!
◎ 全国のLED信号に対応(標準搭載)
◎ 標識などを認識すると画面に情報が一時的に表示されるようになった!
(モニターがオフでも警告表示だけされるようになった)
◎ 変換BOXを排除した取り回しやすいシガープラグ電源ケーブル採用

といったところです。

前モデルより画質が良くなったりといったことではなく、全体的なシステムの安定やLED信号に対応したりといった普段は意識しない細かな問題点を解決してきた形です。

スポンサーリンク

 

PAPAGO! GoSafe 372V2の気になるスペック・見どころは!?

PAPAGO! GoSafe 372V2の気になるスペックについて紹介します。

papago gosafe 372v2_gosafe 372違い

まず何と言っても『ルームミラーとドライブレコーダーの一体型モデル』であることが最大の魅力でありポイントです。

ドライブレコーダー特有の後付け感や、全自動衝突回避システム(アイサイトなど)とも干渉しないのが大きな特徴で、この形状のドライブレコーダーは結構人気があるようです。

 

さて、パパゴGoSafe 372V2のスペックがこちら

項目 詳細スペック
レンズ

F2.0 広角130°(水平110°/垂直86°)

HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載

液晶 2.7インチTFTカラー液晶
内蔵センサー Gセンサー
対応メモリーカード Micro SDHCカード Class10 最大32GBまで対応
 ⇒おすすめSDHCカードを見る
録画ファイル形式

1080FHD19201080 30fps/.MOV

720P1280720 60fps)/.MOV

720P1280720 30fps/.MOV

VGA 640480/.MOV

フレームレート 30/60fps
音声録音 ON/OFF切り替えOK
本体寸法 280×高さ101×奥行き50mm
付属品 本体 / シガープラグ電源コード(約4m) / Micro SDHCカード16GB / 取扱説明書 / 保証書
バッテリー容量 200mAh充電式内蔵
※データを正しく保存用する目的のバッテリーなので動作用ではない。
・太陽光による車内高温時の対策済※フル充電は約2時間

スペックは前モデルと大きな変更はありません。

 

ちなみにGoSafe 372V2の裏側はこんな感じ。

papago gosafe 372v2_対応SDカード

左から『GPSジャック』『電源/データ転送USBジャック』『メモリーカード』『AV出力』『電源ボタン』となっています。

※電源は車のカーアクセサリーと連携しているので押す必要はありません。

 

防眩ミラー加工はマジで便利!! これは一度使うと抜けられない

私は以前、パパゴの前機種GoSaafe 372を使ったことがあります。

スポンサーリンク
papago gosafe 372v2_デザイン

 

GoSafe 372/GoSafe 372V2のミラーは、防眩加工という特殊処理がされています。

そのため、後続車両のヘッドライトやハイビームなど不快に感じる明るさをカットしてくれるという機能が付いています↓

一番最初に使った時は『このルームミラー暗い』って印象でしたが、小一時間ほど夜道を走ったらこのミラーが気に入りました。

ドライブレコーダーとしての評価ではなく、ミラーとしての評価になってしまいますが防眩加工ミラーは優秀です。

これ、結構おすすめ(・∀・)

 

あと、このドライブレコーダーは液晶が内蔵されています。

papago gosafe 372v2_買いか
スポンサーリンク

安いドライブレコーダー内蔵ミラーは他にも売っていますが、GoSafe 372V2はドライブレコーダー本体をこんな感じで斜めにして注意して見ないと液晶部分の境界が見えないようになっています。

ドライブレコーダーに内蔵されている液晶部分の境界線が気になる方も気になりにくいのでおすすめ。

 

PAPAGO! GoSafe 372V2は『ルームミラー一体型のドライブレコーダー』

先ほどから書いている通りGoSafe 372V2はルームミラー一体型のドライブレコーダーです。

papago gosafe 372v2_おすすめ papago gosafe 372v2_取り付け方法

 

新しくドライブレコーダーの購入検討している方は、過去に事故で苦い経験をしたか、安全意識が高いかのどちらかだと思います。

デザインもシンプルで目立ちにくいため、一見ドライブレコーダーが付いていない車にも見えますので一種のカモフラージュ効果も期待出来ます↓

papago gosafe 372v2_GPS取り付け

※手前のはGoSafe S30です。取り外すのが面倒だったのでそのままで撮影

 

ちなみにパパゴのドライブレコーダーには、イタズラ・盗難防止を目的とした『動体検知機能』が搭載されています。

papago gosafe 372v2_機能

動体検知機能を利用するにはモバイルバッテリーへの接続かヒューズボックスからの常時電源を取ってくる必要がありますが、以前盗難やイタズラの被害に遭っている方にはおすすめです。

 

パパゴのドライブレコーダーに搭載されているソフトウェアは優秀だと思う

余談ですが少しだけ。

以前からパパゴのドライブレコーダーを使っていて思ったことがあったので書いておきます。

 

パパゴのドライブレコーダーって他のメーカーのドライブレコーダーよりもソフトウェアの出来が良いと思います。

 

まず、操作性が良いです。

papago gosafe 372v2_ボタン

他社ドライブレコーダーを使ってみたのですが、操作性が悪かったりUI(ユーザーインタフェース)デザインが完成されていない感がある製品もあるなかパパゴのソフトウェアの完成度は高いです。

設定画面は簡潔で分かりやすく、初心者でも使いやすいです。

普通の人は絶対に気にしないけど良いポイントです。

 

パパゴって元々は台湾ブランドなのですが、ソフトウェアは国産ドライブレコーダーに負けていないと思います。

しかも誤字脱字が全くない(・∀・)

日本でブランド化していく上でこういう細かいポイントって凄く大事だと思います。

 

あと、パパゴ独自の『安全機能』が標準で入っているのは凄いです。

同じ価格帯のドライブレコーダーがあったとして『多機能』で選ぶならパパゴ一択だと思います。

 

PAPAGO! GoSafe 372V2走行映像

GoSafe 372V2の走行映像です。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ミラーと一体型したドライブレコーダーは、フロントガラスが小さな車や、ドライブレコーダーを取り付けた際に『自動で止まる車(アイサイトなど)』と干渉する場合や、そもそもドライブレコーダーの後付け感が嫌という方にはおすすめです。

papago gosafe 372v2_デザイン

 

ルームミラー型のパパゴGoSafe 372V2なら、ドライブレコーダーとルームミラーが一体型になって、しかも純正のルームミラーサイズより一回り大きいので都内などバイクが多く走る道を運転するドライバーにとっては一石二鳥であると思います。

スポンサーリンク

GWも近いですので気になる方はチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で