スポンサーリンク

こんにちは、新卒3ヶ月で仕事を辞めてフリーランスになったsugiです。

今回は先日の続き。
タイトルにもあるとおり、いわゆる「成功者」と呼ばれるような方の共通点を探してみました。

sugiの周りには毎月数百〜数千万円をを安定して稼いでいる方が割と多いので、その方たちを見ていて「この人すごい!」って思ったポイントをまとめてみました。20代で独立したい方は必見です。

成功者は必ず「自分で決めた目標」を持ってる

何をやっても結果を出している人に共通していることは「常に目標を持つこと」だと思います。

目標の形は人それぞれ違いましたが、経営者など数字や結果を求められる仕事をしている方は決まって「自分で決めた目標」を持っている人が多い印象があります。もちろん誰かに決められた目標や会社の目標としてではなく”自分で勝手に決めている目標”です。

理想的な目標の決め方

❍ 「短期」の目標と「長期」の目標、最低2つを持つこと
❍ 大きすぎる目標は最終的に自分が辛くなるので、小さな目標をたくさん書いて「ステップアップ方式」で進めること
❍ 自分のいまの実力をしっかり把握すること
❍ 目標には「期限」を設けること。「できた」「できない」に関わらず反省会をやること
❍ 「目標をクリア」したら次の目標を作る。ダメだったら徹底的に「なんで出来なかったか」を追求する

成功者は「行動力が半端ない」

成功者はとにかく動きます。
すぐに動きます。動き出したら止まりません。

口より先に手が動くので仕事が速く、ほとんどがスムーズに進みます。sugiはこのスピードに付いていけない時が多いので、なんとか行動力を身に着けたいところです。

成功者は「自分の目標を公言している」

これはsugiも実践しています。
成功者は自分の目標を公言している人が多いです。

スポンサーリンク

自分の目標を公言するということは出来なかった時のリスクなどを考えると相当大きなものです。しかしその逆でメリットもあり、自分の目標に共感してくれる人が現れたり、目標を実現したときに「有限実行できる人」と周りから評価が上がります。

成功者は「粗探し」より「良い部分」を探す

成功している人は相手の良い部分を探そうとします。

悪い部分があったとしても、良い部分を見つけてくるからたまに怖くなるほどです。そして、自分が良いと思ったこと・理由を相手にダイレクトに伝えます。

そうすると相手は「自分のことをちゃんと見てくれている・評価してくれているんだ」と感じますよね。粗探しをするのは誰でも出来ますが、相手の良いところはよく見ていないとなかなか気づかないものです。

プライド?なにそれ?おいしいの??

たまに「社長=偉い」という考えを持っている方がいますが、それは大きな間違いです。これまで様々な会社のトップやフリーランスで独立されている方とお会いしてきましたが、誰ひとり威張り散らす人はいませんでした。

それどころか、役職が上がれば上がるほどやたら腰の低い方が多いです。なかには「プライド?なにそれ?おいしいの? 俺はフライドポテトの方が好き。」なんて社長もいました。

もし、独立すれば自由気ままでわがまま放題できると考えているなら絶対成功できないので辞めたほうが良いと思います。理想と現実は違うものです。飲み会で上司や社長の愚痴を言ってるなら、あなたがやってみては?

まとめ

今回はsugiの周りで成功されている方の共通点をまとめてみました。

業種はバラバラなのですが、共通しているのは「目標を持っている」「行動力がある」「腰が低くプライドを意識していない」方が成功している方に多い共通点なのではないかと思います。

sugiも20代で成功したいと本気で思っているので、これからも尊敬できる方を目標に努力を続けていきたいと思います。個人的な視点で書いてみましたが、1つでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で