スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今回は2017年に売れている人気・おすすめドライブレコーダーを比較しながら紹介します!ドライブレコーダーの購入をで迷っている方は参考にしてみてください。

そもそもドライブレコーダーを取り付けるメリットは?

そもそもドライブレコーダーを取り付けるメリットってあるの?
必要性は…もちろん、あります!!(笑)

事故の過失割合・当て逃げの証拠・解決へ

あまり考えたくはありませんが、事故はいまこうしている間にもどこかで起きています。平成27年度の警察庁が発表したデータを調べてみると、1年間で53万件の交通事故が発生しています。

交通事故 海外

単純に計算すると1分間に1件以上起きている計算になります。
この数字を知ってしまうと交通事故は決して他人事ではない。ということが分かると思います。

信号無視・一時停止無視など罰金・違反してない! 証拠として

ドライブレコーダーを取り付けていたおかげで無実が証明された例が幾つもあります。例えば…

❍ 黄色から赤信号に変わるタイミングで通過した
❍ 一時停止で確実に止まった

このように警察に止められ「見た・見てない」という言い争いより、ドライブレコーダーの映像を証拠として提出した方がよっぽど確実です。

実際、ドライブレコーダーの映像がきっかけで無実になった例も多くあります。泣き寝入りする必要はありません。

駐車中のクルマがいたずらされた・当て逃げされた 証拠が残せる

高いクルマはイタズラや当て逃げされる確立が高い傾向にあります。悪質なものだとタイヤをパンクさせる・クルマのエンブレムを折って持ち去るなどが過去の事例でありました。

また、駐車や出庫時に隣のクルマがぶつかり、そのまま当て逃げされることもあります。でも、駐車時にも録画してくれる機能のあるドライブレコーダーを選べば安心です。

2017年に売れている おすすめドライブレコーダー

まさに「いま」売れているドライブレコーダーを比較しながら紹介します。

gosafe-520%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba

2017年 売れ筋ドライブレコーダーに求められる機能・価格

2017年 売れているドライブレコーダーに共通しているのは、、

❍ 画質が良いもの(フルHD以上)
❍ 横に広く撮れるもの (視野角が108°以上)
❍ 駐車監視機能が使えるもの
❍ メモリーカードが最初から付属してくるもの

というのがユーザーが求める理想のドライブレコーダーとなっています。価格面では1万円〜2万円以内のラインナップが最も多く平均して1.5万円前後が売れ筋になっています。

PAPAGO! GoSafe D11 <価格.com満足度 第1位>

私も実際に使ってレビューを書いたドライブレコーダーです。PAPAGO! GoSafe D11↓

papago gosafe d11 ドライブレコーダー_デザイン

PAPAGO!は海外ブランドですが、日本に正規代理店があり販売体制もしっかりしています。全国のイエローハットやオートバックスでも購入でき実績あるブランドです。

価格.com満足度ランキングで1位を獲得していました。

PAPAGO! GoSafe D11のスペック

GoSafe D11のスペックはこちら↓

センサー/画質300万画素 CMOSセンサー / フルHD 30fps
視野角F2.0 142°超広角レンズ
(水平119° 垂直67°)
対応メモリーカードMicroSD 8~64GB(Class10)
LED信号機全国のLED信号機に対応
映像補正HDR補正
本体重量約45g

PAPAGO! GoSafe D11の特徴

GoSafe D11の特徴は「小さい」「軽い」「高画質」「高機能」といった感じ。小さく軽いので目立たず設置できます。

画質は最大フルHD 30fpsで記録できる300万画素のセンサーを採用。視野角も他のドライブレコーダーに比べて若干広い水平119°と実用的です。

さらにメモリーカードは最初から付属しており、長時間録画できるほか駐車監視機能やパパゴ独自の安心安全機能などが搭載されています。

ケンウッド DRV-610 <価格.com売れ筋 第1位>

ケンウッド(KENWOOD) フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610

みなさんご存知、ケンウッドのドライブレコーダーDRV-610は価格.com売れ筋ランキング1位です。

ケンウッド DRV0610のスペック

ケンウッド DRV0610のスペックはこちら。

スポンサーリンク
センサー/画質300万画素 / 2304×1296 27.5fps
視野角F1.8 141°超広角レンズ
(水平121° 垂直51°)
対応メモリーカードMicroSD 4~128GB(Class6以上)
LED信号機全国のLED信号機に対応
映像補正WDR補正
本体重量約104g

全体的にバランスの取れたスペック構成になっていると思います。
必要な機能はしっかり入っている。

それでいて価格もリーズナブルでよく売れていると言われても納得の1台ですね。

コムテック ZDR-012 <価格.com売れ筋 第2位>

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 200万画素 Full HD 1年保証 常時録画 衝撃録画 高速起動

ドライブレコーダーのほかレーダー探知機などを生産・販売している「コムテック」のドライブレコーダーZDR-012が価格.com売れ筋ランキング2位にランクイン。

コムテック ZDR-012のスペック

コムテック ZDR-012のスペックはこちら

センサー/画質200万画素 / フルHD 29fps
視野角F2.0 135°レンズ
(水平109° 垂直57°)
対応メモリーカードMicroSD 4~32GB(Class10)
LED信号機全国のLED信号機に対応
映像補正WDR / HDR補正
本体重量約79g

スペックのバランスは取れていますが、ハイスペックモデルと比べてしまうと若干物足りない感じがあります。

PAPAGO! GoSafe520 横幅がめっちゃ広く撮れる!

こちらも実際に使ってレビューを書いたドライブレコーダーになります。PAPAGO! GoSafe 520はとにかく横幅広く撮れるのが特長。

一般的なドライブレコーダーの映像比率が「16:9」なのに対してGoSafe 520は「21:9」とかなり横幅が広く撮れます。

PAPAGO! GoSafe520のスペック

PAPAGO! GoSafe520のスペックはこちら

センサー/画質400万画素 CMOSセンサー / WHD 2560×1080 30fps
視野角F2.0 146°超広角レンズ
(水平120° 垂直64°)
対応メモリーカードMicroSD 8~32GB(Class10)
LED信号機全国のLED信号機に対応
映像補正HDR補正
本体重量約75g

解像度も高くどちらかと言うとハイスペックの部類に入るドライブレコーダーです。

走行映像をみても納得の画質。左右が広く撮れるので飛び出しや巻き込み事故なども記録できる確立が高くなるので個人的に推したいドライブレコーダーです。

PAPAGO! GoSafe 372V2 ミラー型ドライブレコーダーで一番売れてるモデル

こちらも実際に使ってレビューを書きました。PAPAGO!(パパゴ)GoSafe 372V2は、ミラー型のドライブレコーダーです。

papago gosafe 372v2_デザイン

PAPAGO! GoSafe372V2のスペック

PAPAGO! GoSafe372V2のスペックはこちら

センサー/画質350万画素 CMOSセンサー / フルHD 30fps
視野角F2.0 130°超広角レンズ
(水平110° 垂直86°)
対応メモリーカードMicroSD 8~32GB(Class10)
LED信号機全国のLED信号機に対応
映像補正HDR補正
本体重量約290g

ミラー一体型のドライブレコーダーなので、目立つことなく取り付けが可能です。

画角・画質も十分満足できるもので、なによりGoSafe 372V2ではカメラ角度を取り付け後に調整できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は今年おすすめのドライブレコーダーをまとめて紹介してみました。ぜひ自分に合ったドライブレコーダーを見つけてみてください。

では

2018年最新版はこちら↓

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で