スポンサーリンク

こんにちは、愛車のスイフトが大好きなブロガーsugiです。

%e5%8a%a0%e8%8c%82%e6%b0%b4%e6%97%8f%e9%a4%a8_%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

今回はタイトルにもあるとおり、愛車に長く乗るためにやっておきたい・心がけたい日常メンテナンスについて紹介したいと思います。1台の車をずっと長く乗りたい方はご参考までに!

タクシーや過走行車が存在する理由

ところで、タクシーや過走行と呼ばれる車が存在します。日本では10万キロを越えた辺りから価値が一気に下がりはじめますが、商用トラックは50万キロ以上、タクシーの寿命も50万キロ前後とも言われています。

さらには、日本で役目を終えたハイエースやランクルなどは海外の発展途上国に輸出され80万キロや100万キロオーバーでも現役で走り続けるという車もあります。海外の場合はエンジンを載せ替えたりメーター改ざんが行われることもあるので一概には言えないですが、この記事では10万キロオーバーでも快適に乗れるという基準で日常メンテナンスを紹介したいと思います。

ライト・ブレーキランプなどは点検必須

ヘッドライトやブレーキランプ、ウィンカーランプなどが切れてないか定期的に確認しましょう。こちらは消耗品なので10万キロオーバーで走っていると寿命で消えている場合もあります。

スイフト バックライト交換

切れていると車検や1年ごとの法定点検に通らないだけでなく、思わぬ事故になりかねないので早急に交換しましょう。

ウォッシャー液の補充

同じ消耗品でいくと、ウォッシャー液も定期的に補充が必要です。砂や土煙が舞うような場所に行く機会が多い方や、雪国などでもウォッシャー液は必要不可欠なので定期的に残量の確認と補充を行いましょう。

余談ですが、欧州車などは凍結防止と洗浄効果向上のためアルコール濃度の高いウォッシャー液が使われています。価格はやや高いですがメーカーはノズル詰まりなどを理由に純正品の補充を推奨しています。外車に乗っている方はできれば純正品がおすすめかもです。

ワイパーの水はけは大丈夫か確認する

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc

さっきから繰り返し書いていますが、運転をする時の視界は重要です。

ウィンドウォッシャー液を使ってもワイパーそのものがダメになっていたのでは効果がありません。

ワイパーのチェック項目は、ワイパーのゴム部分が傷んでいないか・水がちゃんと捌けるかを確認します。

ワイパーの筋跡などが残ってしまうと、どっちみち車検に通らないので交換しておくようにしましょう。

ワイパーには夏用と冬用がありますので季節によって交換することをおすすめします。

夏用ワイパーでは雪をはききれないので、冬用ワイパーへ交換が必要です。

また、金銭的に余裕があればリアワイパーの交換もおすすめです。

スポンサーリンク

ちなみにリアワイパーも水捌けがしっかりしていないと車検に通りません。

ガラコの超撥水ワイパーの評判が良かったのでスイフトに対応しているものを紹介しておきます。

カーバッテリーは2〜5年毎が交換目安

私の場合は納車から2年経たずにカーバッテリーを交換しました。

スイフトバッテリー交換_パナソニックパッテリー

カーバッテリーの寿命は平均で2年から5年と言われていますが、私のように夜間の走行が多かったり、電力消費量が多かったり、アイドリング時間が長かったりなど、様々な要因からカーバッテリーが劣化・弱っている場合があります。

エンジンの始動がもたついたり、パワーウィンドウを開け閉めする時に一瞬回転数が落ちたりルームランプや他の電装器具が消えそうになったらバッテリー交換の合図です。

カーバッテリーの残量や健康状態などは最寄りのガソリンスタンドなどで無料で診断してもらうことが出来るので給油ついでにチェックしてみると良いでしょう。

特に冬場はバッテリーが弱りやすいです。

ある日突然バッテリーが上がってエンジンがかからなくなった。なんて場合もあります。

スポンサーリンク

とりあえず2年が過ぎた辺りで一度バッテリーをチェックしてみましょう。

私のスイフトはマニュアル車なので『押しがけ』という方法が使えますが、一般的なオートマ車はバッテリーがあがってしまったら『ジャンプスターター』を使うか、バッテリーを交換するかレッカーするしか方法はありませんので、自宅以外の場所でバッテリーあがりを起こすとお金を取られます。

ちょっとでも気になったらバッテリーの残量を調べてみてください。

バッテリーがあがっても一時的に復活させられる『ジャンプスターター』

エンジンオイルは早めに・定期的に交換する!

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%ba%a4%e6%8f%9b

エンジンオイルは、金属同士の摩擦を低減する効果があるので超重要です。

別にオイルを交換しなくても死にませんが、エンジンの寿命を縮め・エンジントラブルの原因となりますので、長くクルマを乗ろうと思っているのであれば最低でも半年に1度か5,000km走行ごとの交換が推奨されています。

オイル交換を怠るとエンジンが不調になって修理代が高額になったり、売ろうとクルマの査定をしてもらっても金額が限りなく0に近くなります。

エンジン洗浄剤・添加剤を定期的に使う

Castrolの宣伝ばかりしているようになってきましたが…

エンジンを労るのであれば以前レビューした『Castrolエンジン内部洗浄剤』を使うのがおすすめです。

私も5,000キロとか1万キロ毎に使っています。

Castrolエンジン内部洗浄剤の効果は過去のレビューにてまとめてあります。

洗車はこまめにやるのがおすすめ 洗車をやる本当のメリットって知ってますか??

洗車をやる本当のメリットを知っていますか?

スイフト 車検してきた 洗車も

車に興味がない人からすれば、休みの日にバカみたいに時間をかけて車をピカピカに磨いている人達を見ると『よくやるなぁー』とか『どうせ汚れるだろ』とか思っている方が多いと思います。

私の友人で車に全く興味のない人の感情はだいたいそんな感じですのでよく分かります。

スポンサーリンク

でも、車を綺麗にしておけば車の事故率が下がったり、車を売却する時に金額が残りやすかったりといったメリットがあります。

足回りの防錆処理もおすすめ

スイフト 足回りリフレッシュ 防塵コーティング

足回りの防錆施行はやっておいて損のないものだと思います。

特に海が近い方・雪国の方は絶対です。

海の近くだとどうしても錆びるのが早いですし、雪国は融雪剤の成分に『塩化ナトリウム(塩)』が入っているので錆への対策は必須です。

と、偉そうに書いてますが、私のスイフトは先日車検をした時にサービスで足回りを全て黒い塗料?みたいなもので塗って施工してくれた模様です。

スイフト 足回りコーティング

足回りを覗いた時に錆が目立ってきていたら要注意です。

クルマの買取査定員は足下もしっかり確認していますので足回りが錆びているクルマの査定額は安くなりますし、マフラーに穴が空けばうるさい上に修理代が高いです。

そうなる前の対策は大切です。

タイヤは凄く重要。自分はもちろん家族の命も預けていることをお忘れなく。

タイヤ交換 一人で

CMのワンフレーズではありませんが、皆さんは『タイヤちゃんと買いしてますか??』(笑)

タイヤって凄い重要です。

日常点検とまではいかなくとも、高速道路に乗る前や長距離を走る前、夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換するタイミングなどだけでもいいのでタイヤの空気圧をチェックしておくことは凄く大事です。

タイヤをナメている方が意外と多いですが、タイヤって凄く大事です。

万一、高速道路を走っている時にバーストしたらほぼ確実に怪我します。

スポンサーリンク

下手したら死にます。

冬の東北の雪道であれば止まれるかどうかが生死に直結しています。

雪国に住んでいる私は昨年身をもって体験しています。

タイヤをナメては絶対にダメです。

タイヤは性能をみてちゃんと買うことをおすすめします。

なので私のスイフトが履いているタイヤの日常点検はバッチリです。

タイヤの残り溝や、ヒビ割れ、空気圧などを頻繁にチェックしています。

ちなみに、いま履いているタイヤは夏タイヤが『YOKOHAMA Blue Earth』という低燃費なタイヤです。

スイフトの燃費がリッター18~20超えが出来ている1つの要因としてタイヤがあると思っているので、YOKOHAMA Blue Earthの効果は大きいのかもしれません。

一方、スタッドレスタイヤは私のスイフトが2WDということもあって一番高い『ブリジストンのVRX』を履いています。

まとめ

愛車に長く乗るためには、普段乗っていて少しでも違和感を覚えたら確認したり、詳しい人に相談してみるのが良いと思います。

私が一番気を使っているのはタイヤですが、それ以外のパーツも遠出する前には必ず確認するようにしています。

皆さんも大きな事故や故障が起きる前に一度車の確認をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で