スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
山形もようやく暖かくなってきました!春ですねー

【防災の春】3.11を忘れない為にも”日頃の備え”を

少し暖かくなってくる3月。この季節になると毎年思い出すのが「東日本大震災」です。sugiが住んでいるのは山形なので、実質的な被害は仙台空港に停めていた叔父の愛車が流されて廃車になったぐらいですが、隣県で多くの方が被災されたことを思うと胸が痛いです。。

震災で停電や断水、ガソリンや食料が買えなくなった経験もありsugiは震災以降は積極的に買い置きをしたり、防災グッズやガジェットへの関心が高くなっています。

車で家電製品(コンセント)が使える「インバーター」が便利!

そんななか、今回は車で家電製品(コンセント)が使えるようになる便利なアイテム「インバーター」という商品を紹介したいと思います!

「インバーター」は様々なメーカーから発売されていますが、価格がお手頃でとレビュー評価が高めだった、BALというメーカーの「3WAYインバーター 120W」を購入してみました。

3WAYインバータ

定格120W/最大150W 出力対応

この商品は、車のシガーソケットに接続するだけで最大150Wまでのコンセント家電を動かすことができます!

LED照明や、ノートパソコン、小型テレビなどを十分動かせる出力数があります。150Wだと正直パワー不足感は歪めませんが、あまり大きすぎてもカーバッテリーに負担が掛かるだけなので、これで十分かなと。

シガーソケットに挿せばコンセントの家電製品が車でも使える!

使い方ですが、車のシガーソケットに接続して↓


製品本体の電源スイッチをONにするだけでOKです↓

インバーター

拡張性は必要十分

気になる拡張性ですが、AC100Vのコンセントが2個、2.1A出力のUSBポートが1個、裏面にシガーソケットが1個付いていますので、拡張性に関しては必要十分であると思います。

スポンサーリンク

スイフトにコンセントを取り付けしてみた!

スイフトにインバーター(コンセント)を取り付けてみました。助手席側に3Mの超強力両面テープを使って本体を貼り付けて固定した感じです↓

車でコンセント

本体の重量があるので、接着力の強い3M製の両面テープを使いましたが、それでも剥がれる場合は、マジックテープなどを活用するのもアリかと思います。あとは助手席の下などに目立たないように配置するとかね。

インバーターがあると色々と便利になる!

インバーター(コンセント)が車に1つあるだけで、活用の幅は大きく広がります。例えば、、

車にインバーター(コンセント)があるメリット

❍ 車で家電製品が使える!
❍ 停電時に電気を確保できる
❍ 車中泊がより快適になる
❍ アイデア次第でゲーム機などを車載して遊べる?

などなどメリットが豊富です。また、インバーターは手元で電源のON/OFFを切り替えられるタイプが一般的なので、使用していないときに漏電したり、火災になる可能性も低いかと思います。長時間使わない時はシガーごと抜いておけば安全ですね。

おすすめは300W以上のインバーター

この記事で紹介しているBALのインバーターは大変便利な商品に間違いありませんが、出力W数が少ないのが残念なポイント。もちろん分かって購入しているので良いですが、実用面などを考えると300W前後から高出力モデルもぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スポンサーリンク

車にコンセントが1つあるだけで、車中泊やアウトドアで活躍するのはもちろん、万一の防災アイテムとしても重宝するかと思います。アイデア次第で可能性を秘めた商品だと思うので、気になった方はぜひ商品リンクをチェックしてみてください。

では

【余談】最近はコンセント付きの大容量ポータブルバッテリーもあるよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で