スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
先月頃からスイフトの電装品を白色化(LED化)しているsugiです。

これまでルームランプやトランクルーム、ポジション球などをLED化してきました。先日はヘッドライトをHIDに交換してみたりと、愛車のスイフトはLED化で大忙しです(笑)

スイフトの「ライセンス球(ナンバープレート灯)」をLEDライトに交換してみた!

スイフトのLED化もだいたい終わってきたので、今回は最後に唯一残っていた「ライセンス球(ナンバー灯)」をLEDライトに交換したいと思います!

今回は思いつきでやってみたので、やや割高ですがカー用品店で購入しました白色系の6500KのLEDライトです↓

スイフト_ライセンス灯

スイフトのLEDライトのソケット形状は「T10」がメインになります。このサイズは多くの車種でも採用されている形状なので互換性が高く入手も安易にできます。ネットで買うのも良いですし、近所にあるカー用品店などでも購入できます。

車検対応のものがおすすめ

今回購入したLEDライトはもちろん車検対応のモデルになります。色が青色に近くなる(6500~7000K以上)のものは車検に通らない商品もあるので、見るからに青いLEDライトは車検適合品か確認しておきましょう。

スイフトのナンバー灯(ライセンス灯)の交換方法

スイフトのナンバー灯(ライセンス灯)を交換していきます。スイフト(ZC11S)の場合、ナンバープレートの上部分の隙間を覗き込むと2箇所にライトがあります↓

スポンサーリンク
スイフトバックライト交換方法


このようにプラスチックのケースで電球が覆われています。左右どちらかに回すと取り外すことができます↓

スイフトライセンス灯 交換方法


交換前はこんな感じ。
ハロゲン球なのでオレンジ色です↓

スイフトナンバー灯交換方法
スイフトライト交換


電球には「+」と「ー」がありますので、向きを確認して取り付けましょう。一度取り付けてみて点灯しなければ逆になっていると思います。逆にして取り付けると問題なく点灯すると思います。白色のLEDライトに交換したらこんな感じ↓

スイフトナンバー灯を交換してみた


LEDライト交換後は忘れずプラスチックの蓋を戻します。正しく蓋をしないと、ショートや腐食などで故障の原因になるので要注意↓

ライセンス灯 LED

まとめ

いかがだったでしょうか。

愛車のスイフトもだいぶ現代的になってきました。純正のオレンジ色から白色に交換するだけですが、見た目的にはかなり新しく良い感じになるのでおすすめです。

電球にもよりますが、1,000円程度で作業できるので気になっている方はぜひチャレンジしてみてください!クルマのライトを既にLEDやHIDにされている方であれば、統一感を出す意味でもおすすめです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で