整備・施工

デッドニング/カースピーカー取り付け方法 カースピーカー交換をするならデッドニングも一緒にやるべき。

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは(・∀・)

 

前からやろうやろうと思っていたスイフトのスピーカー交換とデッドニング作業を先週末にやってみたので、今回はその方法を紹介したいと思います。

スイフト スピーカー交換 方法

個人的には今のスイフト(21年式/ZC11S型)の純正カースピーカーでも十分音は良いと思っていたのですが…

仕事で回送や引き取りなどでもっと良い車に乗る機会が増えたせいでスピーカー周りやロードノイズなどが結構気になるようになってしまいました…

 

本当であればスピーカーなんて交換してないで貯金をすべきなのは百も承知なのですが、欲望に負けてしまいましたw

なのでせめても安く上げようと予算2万円でスピーカー交換はもちろん、デッドニング作業もコミコミでDIYしてみようと思います!!

私の初任給がさっそくスイフトに消えていきますww

 

まず、今回やる作業について。

 

・ドアを外す

・スピーカーを交換する

・デッドニングをする

・ドアの隙間に吸音材を入れる(静音化)

 

ってな感じでやっていきます!

 

スピーカー交換とデッドニングは本当にやる必要があるの?

スピーカー交換とデッドニングを計画されている方、ちょっと待って下さい。

あなたは本当にカースピーカーを交換する必要があるのか。

スピーカー交換やデッドニングをしなくても音質がよくなることがありますのでその方法を最初に3つ紹介します。

それでも音質に満足出来ない方は以下の記事を読んでスピーカー交換とデッドニングを検討してみて下さい。

いま付いているオーディオデッキ・カーナビはそれで大丈夫?

th_スイフト カーステレオ

いまあなたのクルマに付いているオーディオデッキは新しいですか?

まさかカセットテープとか付いていませんよね?

私がスイフトを納車した時にはカセットテープデッキが付いていました。

 

こんな感じで、極端に古いオーディオデッキが付いていたり、10年以上前のカーナビ、純正の一体型オーディオになっている方はスピーカー交換とかデッドニングとか言う前に、オーディオデッキ交換かカーナビ交換から着手する必要があります。

スポンサーリンク

ぶっちゃけ、スピーカーだけ交換してもオーディオデッキやカーナビ本体を替えないと、音質は向上しません。

要するに出力側の問題ですので、一度見直し確認してみましょう。

 

過去記事:オーディオデッキ交換はこちら↓

[nlink url=”https://sugimag.com/2014/05/25/car-audio-installation-method/”]

過去記事:カーナビ取り付けはこちら↓

[nlink url=”https://sugimag.com/2015/07/30/car-navigation-installation/”]

おすすめのカーナビ/カーオーディオ

[amazonjs asin=”B01LY13NU7″ locale=”JP” title=”カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3300″]

[amazonjs asin=”B01EX4OTMI” locale=”JP” title=”カロッツェリア(パイオニア) サイバーナビ 7型 カーナビ AVIC-CZ900″]

 

イコライザー機能で音が変わる。驚きの音質アップ術

私が使っているPioneerのカーナビには『イコライザー機能』というものがあります。

このイコライザー機能を使うと音質が劇的に良くなることがあります。

私の初期設定(フラット)からあれこれ弄っています。

カロッツェリアカーナビ_おすすめ

イコライザー機能は大抵のカーナビ・カーオーディオに付いている機能ですので説明書などを読んで一度試して欲しい機能です。

スポンサーリンク

費用0で音質が変わります。

ただ、音量を大きくして再生した時に音が割れたりとかは、スピーカーの性能になってくるので爆音で聞きたい方や低音・高音域の音をさらにクリアに聞きたい方はスピーカー交換をすると効果が実感しやすいと思います。

イコライザー機能は再生する曲のジャンルや人の耳によって好みが別れるので別記事で詳しく書きたいと思います。

※補足 最適なイコライザーポジションが見つかったら中心線より下になるように調整すると音割れが防げるのでおすすめ!とアドバイス頂きました!皆さんもお試しあれ!

 

FMトランスミッター Bluetoothレシーバーを変えるだけでも音質は改善される。

いま使っているのがシガーソケットのFMトランスミッター Bluetoothレシーバーの場合。

もしかして安いの使っていませんか?

FMトランスミッター Bluetoothレシーバー自体が安い作りのものだと音質が悪くなることがあります。

オーディオデッキ・カーナビが比較的新しいのに音質が良くないのはそれが原因かもしれません。

気になったら友人から違う機種を借りて試してみたり、もう1つ買って試してみるのもアリだと思います。

[amazonjs asin=”B01KT5CWVU” locale=”JP” title=”JAPAN AVE.® FMトランスミッター Bluetooth 4.2 高音質 (ATSチップ搭載) 特許工場製造 JA996 メーカー1年保証”]

[amazonjs asin=”B01HMKFU5U” locale=”JP” title=”BESTEK【スーパー進化】 FMトランスミッター bluetooth 3.0 ワイヤレス式 シガーソケット usb 2ポート 充電可能 両面差し 電圧電流測定機能搭載 12V車用 FM transmitter BTBC06S”]

 

と、ここまでやっても改善されない・さらに高音質を目指したい方はスピーカー交換をおすすめします。

 

デッドニングの効果は!? デッドニングをやる理由

まずは『デッドニング』について説明したいと思います。

スポンサーリンク
デッドニング 効果

デッドニングとはビビリ音を無くしたり、スピーカーの音がさらにはっきり聞こえるようにするための作業のことです。

 

デッドニングをやる大きな理由は『音質向上』です。

デッドニングの施行がされたクルマとされてないクルマでは大きな差があります。

 

なのでスピーカー交換をするのであればデッドニングも一緒にやるべき。というのが私の考えです。

最近ではスピーカー交換とデッドニングを代行する専門の業者まで居るぐらいなので、それだけの需要と関心があるのでしょう。

 

私もデッドニングを最初はバカにしていましたが、一度デッドニングをやってみるとその差は歴然。

デッドニングの効果はかなり大きいので、スピーカー交換を検討している方は合わせて検討してみると良いでしょう。

この記事でもデッドニングの施工事例を紹介します。

 

デッドニングとスピーカー交換をするのに必要なパーツを準備する。

まずは道具を一通り準備したいと思います。

必要に応じて道具を各自準備して下さい。

 

おすすめのカースピーカーは??

まずは交換するカースピーカーを決めたいと思います。

Amazonで売られているカースピーカーでおすすめを幾つかまとめました。

 

おすすめカースピーカーその1『ケンウッド(KENWOOD) 17cmカスタムフィットスピーカー KFC-RS173』

Amazonベストセラー1位になっているカースピーカーです。

リーズナブルな価格に対して音質への満足度(レビュー評価)が高いですので、スピーカー交換を初めてやってみる方の入門用としても良いかもしれません。

ケンウッドのオーディオデッキを使っている方はケンウッドで統一するのも良いと思います。

[amazonjs asin=”B0166QFT6G” locale=”JP” title=”ケンウッド(KENWOOD) 17cmカスタムフィットスピーカー KFC-RS173″]

 

おすすめカースピーカーその2『カロッツェリア(パイオニア) 17cm 2ウェイスピーカー  TS-F1730』

音に定評があるパイオニア carrozzeriaのスピーカーになります。

コスパが良い・効果が実感しやすいスピーカーとして人気があります。

[amazonjs asin=”B00O8KGA02″ locale=”JP” title=”カロッツェリア(パイオニア) 17cm 2ウェイスピーカー  TS-F1730″]

 

おすすめカースピーカーその3『ケンウッド(KENWOOD) 17cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-XS1703』

ケンウッドから出ているハイレゾ音源対応のスピーカーです。

ケンウッドからは、ハイレゾ音源対応のカーオーディオデッキやカーナビが出ているのでそれに合わせて買うのも良いと思います。

と、いうかハイレゾ音源にせっかく対応しているデッキを持っているのであればスピーカーは絶対に替えたいところです。

[amazonjs asin=”B01FTF6Y0U” locale=”JP” title=”ケンウッド(KENWOOD) 17cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-XS1703″]

 

その中で今回私が購入したスピーカーはこちら

Pioneer カロッツェリアのスピーカー <carrozzeria TS-F1720>

カロッツェリア スピーカー 買ってみた

音楽といったらPioneer。

車の電装パーツと言えばカロッツェリア! …ですよね?(私感ですが)

150Wのカロッツェリアのスピーカーを購入。

 

スイフトの純正スピーカーサイズは16cmでしたが、今回はドリルで穴を開けて取り付けるので17cmのスピーカーを購入しました。

ちなみに今回はフロントスピーカー2つだけの交換になりますので後席分は買っていません。

 

また、今回は時間が無かったので店舗調達です!ちょっと高くつきましたね…(汗)

[amazonjs asin=”B005QSL3SO” locale=”JP” title=”パイオニア carrozzeria 17cm2ウェイスピーカー TS-F1720″]

 

別売のインナーバッフルがあった方が音質は向上する。

インナーバッフルというものをご存知でしょうか。

 

純正のカースピーカーには付いていないのですが、社外のスピーカーを購入すると、スピーカーとクルマのドアとの間に挟むパーツが入っています。

これの名前がインナーバッフルです。

 

インナーバッフルは付属してくるので不要と考える方が多いです。

確かになくてもスピーカーの取り付け自体は可能ですが、より音を良くしたいと考えた時に『インナーバッフル』は非常に有効な手段であると言えます。

なので今回、私もアルパインの木製インナーバッフルを購入してみました。

 

ALPINE(アルパイン)音質向上 インナーバッフルボード <KTX-N171B>

インナーバッフルボードを買ってみた

[amazonjs asin=”B0043Z93I8″ locale=”JP” title=”ALPINE(アルパイン) ニッサン/スズキ車用 インナーバッフルボード KTX-N171B”]

 

エーモン 内張り剥がし

ドアを外すのには絶対に必要なのがインナーバッフルです。

ってかカーナビとか外すのにも本当は必要だったのですが、予算をケチって今まで買っていませんでした。

でも、ドアを外すとなるとクリップを外せないと作業が出来ませんので購入。

((300円ぐらいなんだからケチらず買っとけよーーーー(汗)))

[amazonjs asin=”B001VNU3N4″ locale=”JP” title=”エーモン 内張りはがし プラスチック製ソフトタイプ 1427″]

 

激安デッドニングに最適なアルミテープ

アルミテープ 激安デッドニング 材料

本当はエーモン工業が出している「音楽計画」とかを利用するのが一番確実で簡単なのですが高いです。

[amazonjs asin=”B00NW13U0Q” locale=”JP” title=”エーモン 音楽計画 デッドニングキット オールインワンモデル ドア2枚分 2396″]

今回は貧乏激安デッドニングがテーマなのでアルミテープを購入して代用することにしました。

 

 

音楽計画を買うお金がないけどデッドニングしたい方はアルミテープで代用するのがおすすめです。

ただし、アルミテープは側面が非常に鋭利なので取り扱い注意です!

私も人差し指をざっくり切ってしまいました。マジで注意してください!

手袋が必須です!

[amazonjs asin=”B004JM2G20″ locale=”JP” title=”ニトムズ アルミテープS 50mm×10m J3230″]

[amazonjs asin=”B007PX9Q5U” locale=”JP” title=”3M コンフォートグリップ グローブ グレー Mサイズ GLOVE-M”]

 

電動ドリル

その他の道具ということで、ドライバーと今回に限り電動ドリルが必要です。

ドライバーは普通に使うとして、電動ドリルはスピーカーのインチアップをする際に使います。

 

電動ドリルは家にあったのでタダです。
スイフト ドア 加工 工具

[amazonjs asin=”B005LKIHZ4″ locale=”JP” title=”高儀 EARTH MAN DDR-120 AC100Vドリル&ドライバー 2505ai”]

 

スピーカーの下に敷くウレタンマット

スイフト ドア加工
スポンサーリンク

あとはウレタンボードの小さいやつ(ホームセンターとかで売っている)を準備しておきましょう。

ウレタンボードはスピーカーの下に取り付ける為に使用します。

[amazonjs asin=”B002NKHSXW” locale=”JP” title=”ホーザン 緩衝ウレタン B-89″]

 

デッドニングとスピーカー交換に使う道具に関してはこんな感じです。

では、早速施行していきたいと思います。

 

スイフトのドアを外す方法

さて、まずはスイフトのドアを外します。

 

最初にドアの周りを見るとクリップで留まっている箇所が複数あると思います。

まずはそのクリップを外しましょう。

クリップの外し方は、細いドライバーなどで中心の丸い部分を押し込んでやると少し浮き上がってくるので、そこに今回購入した内張り剥がしを挟んで引っ張ります。そうすると簡単に取り外せます。

 

その次にドアのパワーウィンドウ周りとドアを開ける取っ手付近にプラスドライバーで留まっている箇所があるのでそれを外します。

 

あとはドアの隙間から内張り剥がしを突っ込んで手前に引っ張りドアを外します。

その次にドアを上に引っ張るとドアを外せます。

 

ドアを外すとこんな感じ↓

よくモータースポーツとかで出てくる配線丸出しの状態にしてください。

スイフト ドア 安っぽい

 

で、外したドアはその辺に立てかけておきましょう。↓スイフト ドアを外してみた

 

ここで注意なのですが、スイフトの場合はミラーを取り外す箇所と一緒にスピーカーがつています。

これはドアを外す前に取っちゃって下さい。

配線を切らないように注意します。

スイフト ミラー外し方

 

作業に夢中で撮るのを忘れてしまったのですが、元々はここに雨水を遮断するための簡単なビニールが貼られていました↓

スイフト デッドニングとナビ交換

今回は邪魔になるのでそれを全て剥がします。

ちなみにこのベタベタする奴はガムテープを使うと綺麗に剥がせるらしいです。

どこかのユーチューバーさんがやっていました。

 

今回は時間ないので簡単にだけ剥がしてスルーします。

今度時間がある時にゆっくり剥がすので今回は手抜きします。

 

ビニールと純正スピーカーを外すとスカスカになりました。

何度もしつこいですが断線だけは注意してくださいね。
スイフト ドアの仕組み

 

スピーカーの交換方法 (インチアップする場合)

今回はスピーカーをインチアップする為、電動ドリルでスイフトのスピーカー周りに新たに穴を開けなくてはなりません。

元々はこんな感じですが↓

スイフト デッドニング 効果

 

新たにドリルで穴を追加しました↓

スイフトのデッドニング 激安

勢い付きすぎて2枚貫通しないようにだけ注意しましょう。

 

※2017/02/05追記

カースピーカーを取り付けるために穴を開けた場合には、必要に応じて防錆処理をしておくことをおすすめします。

私は防錆処理を飛ばしてしまいましたが、コメント頂きましたので追記です。

[amazonjs asin=”B0058MOUBA” locale=”JP” title=”Holts(ホルツ) 補修ペン カラータッチ スズキ Z7T パールホワイトマイカ下塗 MH4930 HTRC3″]

 

穴が開いたら純正スピーカーを取り外して今回購入した新しいスピーカーと交換します。

配線は説明書を読めば出来ると思うので飛ばします。
スイフト 純正スピーカー交換

 

また、先ほど紹介したウレタンボードはスピーカーの後方に配置しておきます↓

スイフト デッドニング 効果

そしたらアルパインのインナーバッフルを固定してその上にカロッツェリアのスピーカーを設置します。

 

これでスピーカー交換までは完了になります。

意外と簡単でした。

スイフト スピーカー交換 方法

 

スイフトのドアをついでに静音化してみた。

余談ですが、スピーカーを取り付けている間にドアの隙間に吸音材を入れてみました。

スイフト ドア外し方 やり方

そうです。

かなり適当です。

でもこれが意外と効果あったりするんですよね。

 

両側にびっしりと敷き詰めます。

と言っても限度があるのでそこそこにですがww

スイフト ドア 静音化

[amazonjs asin=”B00JKEXHE8″ locale=”JP” title=”【N-spec】ニードルフェルト【厚さ10mm !!】 10m巻き”]

この時、パワーウィンドウ作動の邪魔にならないように注意して下さい。

 

デッドニングを自分でやってみた −スイフト施工例−

スピーカーの交換が終わったところで、今回の目玉でもあるデッドニングの施行をやっていきたいと思います。

スイフト デッドニングしてみた結果

何度も言いますが、デッドニングはやるのとやらないのでは全く別物になりますので本当にやった方が良いです。

 

純正の安いスピーカーでもデッドニングするだけで音が変わりますので、デッドニングは音質を良くする一番の近道であると思います。

今回私もやって初めて実感できましたが、デッドニングは本当におすすめです。

スピーカー交換しなくてもデッドニングだけでもやる価値ありです。

 

本来であればエーモン工業のデッドニングキットを使いたいのですが…

[amazonjs asin=”B00NW13U0Q” locale=”JP” title=”エーモン 2396 デッドニングキット オールインワンモデル”]

 

私はアルミテープ貼りまくって我慢しました。

出来ることなら皆さんはデッドニングキットを買うことをおすすめします。

それが一番確実で間違いないので。

 

 

何度もしつこいですがアルミテープはマジで手を切ってしまうので(実際ざっくり切った)取り扱い注意です!

 

純正のビニールを剥がして、その上からアルミテープを貼っていくだけです。

この時に隙間が出来ないように注意して貼っていきます。

2重3重に重ねて貼ってやると良いかもしれません。

 

これが↓

スイフト ドアの仕組み

 

こうなります↓

スイフト デッドニングしてみた結果 スイフト 激安デッドニングを試してみた デッドニング 効果 デッドニングやり方

要するに穴を塞いだだけ。

これだけで本当に変わるのか疑問ですよね?

でも本当に変わるんです。マジで。

 

少々雑で手抜きでもありますが今回やったデッドニングに掛かった費用はたったの500円弱でした。

激安です。

 

スピーカー交換とデッドニング作業が終わったら一度スピーカーから音が出るのか確認しておきます。

音が出れば配線は間違ってないということですので、ドアを戻します。

この時にパワーウィンドウの配線などを忘れないようにちゃんと確認しましょう。

ドアを戻す方法は取り外した時の手順の逆でやればOKです。

 

デッドニングとカースピーカーを交換した効果と感想

スイフト スピーカー交換 方法

今回はデッドニングとスピーカー交換をDIYしてみた訳ですが、結果から言えば大成功です。

音が全く別物になりました!さすがカロッツェリアのスピーカーです!!

 

デッドニングに関してもネットで言われていたレビューの通りの結果になったので大満足でした。

一方スピーカーは高音域が綺麗に出るようになりました。

純正のスピーカーではちょっとした高音であっても音割れなどが起きていたのですが、それが全くなくなりました。

低音の方も安定して出てくれているので大満足。

あとはカーナビに付いているイコライザーの機能を活用すれば(※カロッツェリア系のオーディオはイコライザー機能が秀逸)さらに良い音が出ると思います。

これはドライブが楽しくなること間違いないです。

 

今回はスピーカー交換とデッドニング施行を行いましたが、トータルで2万円かかっていないです。

もしもスピーカー交換とデッドニング施行を業者に頼んだら工賃が3万前後とられるのでその思いをしたら激安ですね。

 

車いじりってこんなに楽しいのか〜。

って実感した休日でした。

 

目に見えた違いがあるとやりがいありますよね。

みなさんもスピーカー交換とデッドニングはおすすめですので是非トライしてみてください。

では。

 

関連商品

[amazonjs asin=”B01EX4OTMI” locale=”JP” title=”Pioneer(パイオニア) カロッツェリア 7型 カーナビ サイバーナビ AVIC-CZ900″]

[amazonjs asin=”B00XBOC3JS” locale=”JP” title=”Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーナビ サイバーナビ AVIC-ZH0999″]

[amazonjs asin=”B01698UCJK” locale=”JP” title=”Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーナビ 楽ナビ AVIC-RZ33″]

[amazonjs asin=”B01698UCEK” locale=”JP” title=”Pioneer(パイオニア) カロッツェリア カーオーディオ 1Dメインユニット MVH-3200″]

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

POSTED COMMENT

  1. アバター a_suzuki より:

    Sugi様、初めまして。

    突然のお願いで恐縮ですが、こちらのブログにレビュー掲載をして頂きたい製品がございます。

    詳細につきましてはメールにてご説明いたしますので、メールにてご返信を頂きたく存じます。

    宜しくお願い致します。

  2. アバター M.saito より:

    初めまして。楽しく読ませていただいております。このスピーカー交換で、ドリル穴の錆止め対策はどうなされたでしょうか?
    このインナーバッフルは安くて以前前の車に使いました。今度のスイフトスポーツ現行車にドリル穴開け無しではフィットしませでしょうか?できれば穴を開けたくありません。カロッツェリアのインナーバッフルだといいようですが、木製が好きなのです。カロッツェリアでは現在木製は無いようです。

    • アバター Sugi より:

      いつもご覧下さりありがとうございます♪

      ドリル穴の錆び止めはやってないです(・∀・)
      基本的に錆び止めはやった方が良いと思いますが、水が入ってきていた形跡などもなかったので紹介していませんでした。
      情報追記しておきます!

      私が使ったインナーバッフルはサイズが合わず穴を開けて付けてしまいましたが、一回り小さいインナーバッフルを買えば対応出来るのではないでしょうか?
      新品がない場合はヤフオクやメルカリなどに出ている場合が多いですよ!

  3. アバター 婆杉 より:

    一つ提案です( ´ ▽ ` )ノ
    イコライザー設定の際は、波形は好みに合わせてもいいですが一番高く設定したレベルを0基準にすることで音割れは防げます。(要するに他全てがマイナスになるようにする)
    あとは音量を上げれば同じイコライジングサウンドが楽しめます^ ^
    失礼しました〜

    • アバター Sugi より:

      コメントありがとうございます!
      そうなんですね!

      以前YouTubeでイコライザー設定を解説している人がいたので真似してみたところ音割れが無くなりました!
      まだブログにイコライザー設定の情報を追記していませんでしたので追記しておきますね!

      教えて頂きありがとうございます!!

  4. アバター 婆杉 より:

    も一つオススメ。
    スマホをミュージックサーバーにしてカーオーディオから音楽再生する時に優秀なアプリがあります。
    その名もUBIO。
    コレはオススメです(ニヤリ)

    • アバター Sugi より:

      教えてくれてありがとうございます!
      私はVOXというアプリを使っていますが機会があれば使ってみますね(・∀・)

  5. アバター 婆杉 より:

    なんか押し付けてしまったみたいですみませんです。。
    サウンドサイエンスという会社が作っているアプリですが、以前はサウンドシャキットなる純正オーディオを高音質にするDSPアンプを販売。
    これが良かったのでこのアプリも期待していていましたが期待を裏切らず素晴らしいサウンドになるんですよ。
    なのでツイツイツイツイ。。。。。
    もし良かったら試してみて下さい( ・∇・)

    • アバター Sugi より:

      いえいえとんでもないです・ω・
      カーオーディオはまだまだ改善の余地がるので色々試したいと思っていたところです。
      ただ今立て込んでいてすぐに試せそうにないので…

      時間見つけてやってみたいと思います(・∀・)

M.saito へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です