スポンサーリンク

こんにちは、MTスイフトを納車して半年ぐらい経ったsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、マニュアル(MT)車の運転でエンスト・ノッキングを減らす運転方法を紹介したいと思います!
今回は超初心者向けに書いてみますので、至らない点があればごめんなさい、、それでも1ミリでも参考になれば嬉しいです!

マニュアル(MT)車の運転は慣れれば難しくない

最初から適当なこと書いてごめんなさい。
でもこれ本当なんです!!(笑)

グリスさん_シフトノブ

お恥ずかしい話、sugiもスイフトを買うまでずっとマニュアル車が苦手でした。教習所でマニュアル車を運転するのは楽しかったですが、どうにもコツが飲み込めず最後の卒業検定の時までエンストやらノッキングのオンパレードでした。

坂道発進なんてサイドブレーキを引いてエンジンの回転数5,000ぐらいで繋いでいましたからね(笑) 自慢気に言うことではないですが、sugiはどちらかといえば不器用な方ですから。

でも、その数ヶ月後に買ったのはマニュアルのスイフトです(笑)↓

教習所を合格した段階で完璧に乗れていなかったのが悔しかったり、あと何よりもマニュアル車の運転ができないけど楽しい!ということに気づきスイフトを買った訳です。

マニュアル車の運転が苦手と感じる原因

まず、マニュアル車の運転が苦手・エンストしてしまうとお困りの方は以下のような原因があると思います。

アクセルの踏み込みが足りない

マニュアル車がエンストしてしまう1つの要因としてアクセルの踏み込みが足りないことが挙げられます。

怖がってアクセルの踏み込みが弱いとエンスト直前の低振動が起きたりノッキングが起きる原因になります。慣れるまではエンジンの回転数は3,000回転ぐらいまで回して大丈夫です。

シフトチェンジがスムーズにできない

シフトチェンジがスムーズにできないとギアが入らずエンジンの回転数だけ上がってしまいます。これでエンストすることは少ないですが、運転中にシフトチェンジがうまくできないと焦ってしまうことがあります。

エンジンを停止してサイドブレーキを引いた状態でクラッチを奥まで踏んでシフトノブだけ動かして入り方の感覚を掴むのが上達のコツです。とにかく動かしまくって感覚を掴みましょう。

スポンサーリンク

クラッチの位置が分からずエンスト

オートマ車では「アクセル」「ブレーキ」の2ペダル式ですが、マニュアル車は「アクセル」「ブレーキ」のほか「クラッチ」というものがあります。一番左からニョキッと出てるペダルが「クラッチ」です↓


マニュアル車はどんなにアクセルを踏み込んでも「クラッチ」が繋がらなければ急発進することはありません。オートマ車で言えば「N(ニュートラル)」に入っている状態に当たります。

クラッチを一番奥まで踏んだ状態から少しずつ足を離していくとクラッチが繋がって車が動き出すのですが、最初はこのクラッチが繋がる位置をしっかり把握するとマニュアル車の運転上達が早くなると思います!

ポイント

❍ 回転数は慣れるまで高めで大丈夫!
❍ シフトノブ動かしまくって感覚を覚えよう
❍ クラッチが繋がる位置を覚えよう
❍ サイドブレーキを引いてブレーキを踏んだ状態でクラッチから徐々に足を離してどこで繋がるか確認しよう(この時エンストして全然OK)

イメージトレーニングも大事

マニュアル車の運転ができないときは、YouTubeなどにアップされている運転動画が参考になります。sugiもお世話になった参考動画は以下のようなものがあります。ぜひチェックしてみてください↓

毎日マニュアル車を運転しているとさすがに慣れすぎて無意識でマニュアル操作ができるようになりますが、免許を取ってから完全に慣れるまでは半年、1年ぐらいは掛かると思います。焦らずゆっくり楽しみながらコツを掴んでいくようにしましょう。

まとめ

今回は免許取得を頑張っている初心者向けにマニュアル車の運転方法とテクニックについて簡単に紹介してみました。マニュアル車の運転がどうしてもうまく出来ない方はクラッチが繋がる位置を確かめながらチャレンジしてみてください。

YouTubeにはマニュアル車の運転動画がたくさんアップされているので、教習の合間などにイメージトレーニングを重ねておくのも良いと思います。マニュアル車の運転でお困りの方の参考になれば嬉しいです!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で