スポンサーリンク

こんにちは、台湾料理が大好きなブロガーsugiです。

今日はタイトルにもあるとおり、東京は新橋にある「台湾麺線」のお店を紹介したいと思います!台湾料理が好きな方・海外の料理に興味がある方は必見です!!

麺線とは?

「麺線」とは、台湾で愛される麺料理のひとつです。とろみのある鰹だしのスープにパクチー、モツなどが入った料理。現地では主食というより小腹が空いた時のおやつという感覚で食べられることが多いようです↓

麺線との出会い

2年前、はじめて海外ひとり旅をした時に現地の「阿宗麺線」を食べたのが麺線との出会いでした。日本に住んでいる台湾の方からオススメされたので朝から食べてました↓

スポンサーリンク


台湾は冬でも温暖なので、汗だくになって食べてました(笑)
それでもまた食べたくなる味なんですよね〜!

日本で「麺線」が食べられる店、マジで少ない

帰国後も麺線を食べたいと思うことがあるのですが、sugiが知っている限り麺線が食べられるお店はマジで少ないです。

台湾料理ブームとかのおかげで魯肉飯を提供するお店は多いのですが、これが「麺線」となると一気に食べられる店が少ないんです、、

都内近郊だと、今回紹介している新橋にある「台湾麺線」、新宿にある「台湾佐記麺線 台湾食堂888」、大宮にある「台湾茶房」、神奈川にある「麺線屋 formosa」という4店舗ぐらいしか提供していない感じです。

また食べたくなる優しい味なので、雪国とか寒い地方で屋台とか出したら絶対ウケそうな気がするんですけどね。。

「台湾麺線」に行ってみた!

そこで、以前から気になっていた新橋にある「台湾麺線」のお店に行ってみました!!

お店の存在自体はだいぶ前から知っていたのですが、コロナのせいで電車に乗る機会がなかなかなくて、ようやく行けた感じです。新橋駅から徒歩5分か10分ぐらいの場所にあります。

「特製麺線」を注文

店内は台湾の装飾などがあり、ちょっとした海外食堂感があります。

人気No.1は「鶏排(ジーパイ)」という鶏料理。そのほか「豚足」「自家製大根餅」「特製だれ水餃子」などどれも魅力的なメニューが並んでいます↓


しかしsugiのお目当ては「麺線」一択なので迷わず「特製麺線」を注文(笑)
レギュラーの麺線もあるようですが、台湾により近いのは「特性麺線」とのこと↓


ちなみにパクチーや煮玉子もトッピングできます↓

「特製麺線」がマジで美味い!!

そして出された「特製麺線」がこちら!!
台湾で食べた「阿宗麺線」とは違いますが、これはこれでめっちゃ美味しかったです!

ほどよいとろみと鰹だしのあっさり優しいスープ、れんげだけで食べられそうな短く柔らかい麺、香り付けのパクチー、モツ、そして特製団子がめっちゃ美味い!!

結構量があるように見えますが、見た目以上にあっさりしてるので重くなく、意外とペロッと食べられます。自信のない方は食べ終わってから他のサイドメニューを注文するのも◎。

ちょっと気になるメニューを発見

余談になりますが、壁に貼られていた「鍋」がめちゃくちゃ気になったので紹介。台湾では一人鍋は当たり前!?なんですね。

個人的には、薬膳排骨鍋(1780円)が気になったので次回は友人を連れて一緒に食べてみようかなと。やっぱりここに来たら麺線食べたくなるので両方は量的に厳しいので(笑)

「台湾麺線」へのアクセス

台湾麺線へのアクセスはこちら。

まとめ

今回は新橋にある台湾麺線のお店を紹介してみました!

スポンサーリンク

またコロナが終わったら台湾旅行に行こうと思っていますが、また台湾料理が食べたくなったらお邪魔しようと思います。台湾料理が好きな方、台湾麺線が食べたい方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で