スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日はこのブログでもすっかりお馴染みになったあの「PAPAGO!(パパゴ)」が新製品をリリースしたようなので紹介したいと思います!

今回はなんと、前後2カメラです!
煽り運転や追突事故などを経験された方は

待ってたぜっ(・∀・)

って方も多いと思います。

前だけ録画できるドライブレコーダーからワンランク上へ。
後ろも録画したい方にはおすすめです!

※後ほど実機レビューに切り替えます!

PAPAGO!(パパゴ)とは?

PAPAGO!(パパゴ)とは、台湾に拠点を置くドライブレコーダーブランドです。
ブランドは海外ですが、日本法人があり国内にサポートデスクもある信頼と実績のあるドライブレコーダーメーカーです。

最近では、価格.comでGoSafe 34Gが「満足度」「売れ筋ランキング」上位を取っていたり、雑誌やメディアにも取り上げられています。

PAPAGO!が前後(フロント・リア)2カメラドライブレコーダー「GoSafe S36GS1」を発売

PAPAGO!が前後(フロント・リア)を2カメラで同時録画できる「GoSafe S36GS1」を発売しました。

前後2カメラはコムテックやパイオニアも販売していますが、PAPAGO!の参入で今後2カメラがどこまで市場に浸透するか楽しみなところです。

 

PAPAGO!はブランド戦略が独特で、ページもかなり面白い作り方をしています↓製品は”真面目に”売ってる(はず)なのですが、遊び心やセンスが他ブランドをはるかに超越してます(笑)

気になる方はぜひ公式ホームページをチェックしてみてください↓

また、先日から楽天市場・Amazonで予約販売がスタートしており、発売の前日まで下記リンクから購入すると楽天ポイントが10倍になる期間限定キャンペーンを開催中です!

PAPAGO! 「GoSafe S36GS1」外観デザイン

※コンテンツ準備中

PAPAGO! 「GoSafe S36GS1」付属品

※コンテンツ準備中

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」の性能/スペック

PAPAGO! GoSafe S36GS1のスペックはこんな感じ↓

商品名 PAPAGO! GoSafe S36GS1
ディスプレイ 2.7インチ
対応メモリー microSD 16~128GB(Class10以上)
GPS/センサー GPS/加速度センサー内蔵
本体カメラ レンズ F1.8 140°広角レンズ
録画ファイル形式 1920X1080p30fps フルHD
サイズ 97x 56 x 23mm
重量 約108g
リアカメラ レンズ F1.9 180°超広角レンズ
録画ファイル形式 1920X1080p30fps フルHD
サイズ 50x 21x 28mm
重量 約46g
防水レベル IPX7
ケーブル長さ 約7m
電源 12/24V→5V/1.5A
動作/保管温度 0°~ 65°/-20°~70°

それぞれのポイントは下記で詳しく紹介していきます!

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は前後フルHD録画に対応!

GoSafe S36GS1は、前後2カメラとも画質がフルHDに対応しています。「フルHD」に対応していれば、前を走っているクルマのナンバープレートを認識するのに十分な画質です。

画質はあれこれ説明するより動画を観てもらった早いと思うので、下で紹介している動画をチェックしてみてください。

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は全国LED信号機に対応

ご存知の通り、東日本と西日本では周波数が違います。
まあ、”大人の事情”ってやつですね。

その影響は最新のLED信号機にも出てしまいます。

安いドライブレコーダーや海外から直輸入品LED信号機を正しく記録できない場合があります。

東日本では問題なくても、西日本では信号機が映らない!なんてことが実際にあります。

PAPAGO!のドライブレコーダーは全国のLED信号機に対応しているので、信号機の色もしっかり記録されます↓

スポンサーリンク

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」はWDR補正搭載

GoSafe S36GS1は、WDR補正が搭載されています。

WDR補正とは、ワイドダイナミックレンジの略で急な明るさの変化を補正する機能です。
WDR補正があると白飛び・黒つぶれを防いでくれます。

WDR補正の有無はこんな感じ(PAPAGO!より引用)↓

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は夜間撮影に強いSONY製センサーを搭載

GoSafe S36GS1は、夜間撮影に強いと定評のあるSONY製センサーを搭載しています。しかも前後2カメラにSONY製センサーを搭載しています!

夜間走行の多い方にはおすすめです。

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は3箇所に取り付けできる!

GoSafe S36GS1は3箇所に取り付けることができます。

❍ 車内撮影
❍ 車内から後方撮影
❍ 外側(ナンバープレート)に取り付けて撮影

リアカメラのケーブルは長さが7mあるので、ミニバンでも問題なく取り付けできると思います。

ケーブルをどうにかすれば車内録画もできるので、運送業やタクシー会社などで活躍できそうですね。

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」はリアカメラが凄い!これがポイント!

GoSafe S36GS1のなかで、注目すべきはやはり「後方(リアカメラ)」です。

画角は人間の視野角より広い180°もあり、防水設計になっているため、普通のバックカメラと同じ外側にも取り付けが可能です。

UVカットフィルムやスモークフィルムを貼っている方でもリアカメラが使えるのは1つのポイントです!

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」のリアカメラは「IPX7防水対応」なので外付けOK!

※コンテンツ準備中

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」のリアカメラはバックカメラとしても使える!

※コンテンツ準備中

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は前後2カメラで駐車監視機能が使える!

さらに、前後2カメラで駐車監視機能(※PAPAGO!公式では「動体検知機能」という)が使えます!

もう一度言います。
前後2カメラで駐車監視機能が使えます!!怪しい人が必ず前を通ってくれるとは限りませんので、単純計算で2倍の安心を得ることが出来るようになる訳です。

また、リアカメラを超目立たないように取り付けておけば効果絶大ですね!
あ、悪用はダメですよ…

さらにPAPAGO!独自の安全安心機能も魅力的!

さらに、PAPAGO!独自の安全安心機能も魅力的です。

全部オンにするとうるさいので、sugiは「ドライバー疲労警告」「出発遅延」だけオンにしています。

ドライバー疲労警告は長距離ドライブで役立ちますし、出発遅延は後ろのクルマからクラクションを鳴らされる確率が減るので重宝しています。

あくまで”オマケ機能”ですが、すべてオン/オフが切り替えられるので、時間があれば遊んでみたい機能ですね。

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」は耐久性にも自信アリ!?

PAPAGO!は世界で年間100万台ものドライブレコーダーを販売しているグローバルブランドです。

タオルを外で振り回せば凍るロシアから、赤道直下のインドなどなど,,,

そんな環境でも壊れにくい設計になっているようです。GoSafe S36GS1はまだ使っていないのでノーコメントですが、私のスイフトに付いているGoSafe S30は取り付けから今年で2年目ですが全く壊れる気配がありません。

なので、PAPAGO!のドライブレコーダーは安心して使っています。

PAPAGO!「GoSafe S36GS1 」をスイフトに取り付けてみた

※コンテンツ準備中

後ろ(リア)にドライブレコーダーを取り付ける方法はこちら

施工方法は過去記事「バックカメラを取り付ける方法」で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

PAPAGO!も取り付け方法の一例を紹介中

PAPAGO! 「GoSafe S36GS1」走行映像

まとめ

いかがだったでしょうか。

PAPAGO! GoSafe S36GS1は、前後2カメラ(フロント・リア)で録画できるドライブレコーダーを探している方におすすめできるドライブレコーダーだと思います。

前後2カメラドライブレコーダーをお探しなら、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

予約販売特典として、販売開始前日まで楽天ポイント10倍で購入できます。
※楽天ポイント分を引くと2,800円オフになる計算です!

さらに、購入後にレビューを書けばモバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも同時開催中です!

ぜひこの機会にチェックしてみて下さい。

では。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で