スポンサーリンク

こんばんは、今日も気になるニュースがあったので紹介したいと思います。
今回は”リッチ”で”プレミアム”な夜行バスについて。タイトルにもあるとおり、DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)について紹介したいと思います。

【業界初】完全個室の夜行バスが誕生!

関東バスは2017年1月18日(水)から完全個室の夜行バス「DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)」を東京⇔大阪間で運行をスタートすると発表しました。夜行バスもついに完全個室の時代に突入です(笑)

%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

シートは完全独立! 大型バスなのに席数は11名

シートは以下のような形ですべて個室で区切られています。隙間が無いのでお忍びでの移動にも良さそうです↓

スポンサーリンク
%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%8011%e4%ba%ba%e9%99%90%e5%ae%9a
%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e5%ae%8c%e5%85%a8%e5%80%8b%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%80%e5%ba%a7%e5%b8%ad

ドリームスリーパーは、従来の夜行バスと同等の大きさの大型バスなのに、たった11席だけが用意され完全個室型のプレミアム路線という形です。

完全個室の夜行バスのメリット

完全個室で移動できる公共交通機関はこれまでなかったので、VIPやプライバシーを重視したい顧客層から注目が集まっています。

DREAM SLEEPERの料金・運行情報

ドリームスリーパーの運行は、東京と大阪間を1日1往復限定で行う予定とのこと。

利用料金は運賃が9,000円、座席料金が別途11,000円で合わせて20,000円で利用できます。

夜行バスで体が痛くなる・眠れない方にとってドリームスリーパーという新しい完全個室型の夜行バスはとても魅力的なのではないでしょうか。東京と大阪を日帰りしたい場合や目的地で前泊する予定をずらし、ドリームスリーパーの中でホテルに泊まる感覚で寝て過ごせば早朝から目的地で活動できるというメリットもありますね。

まとめ

ドリームスリーパーは旅行好きなsugiとしてはかなり気になる夜行バスです!

高級路線ということよりも、プライバシーが重視された完全個室で東京⇔大阪間を移動できるのはとても魅力的です。パソコン作業も個室で作業できるわけですし、人の目を気にしないで移動できるメリットははかりしれません。

我こそはというVIPの方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で