スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

元号が「平成」から「令和(れいわ)」に変わったことで“一世代前の人間”になったブロガーsugiです。

さて、2019年04月01日 11時30分から新元号の発表が行われました。(※正確には遅れて11時41分に発表)
菅官房長官が新元号を発表し、世間でも多くの注目を集めています。

これに伴い、元号が「令和(れいわ)」に改元されるのを記念したキャンペーンや割引・セールなどが一斉に始まると考えています。
今回は元号が「令和(れいわ)」に変わるのを記念して行われている面白そうな・オトクなキャンペーンを紹介したいと思います。

新元号「令和(れいわ)」の出典・由来は「万葉集」

新元号「令和(れいわ)」の出典・由来は日本最古の書物として知られる「万葉集だと紹介がありました。

「万葉集」の32首の序文にある【梅の花の歌】「初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」という文言が元になっているそうです。

まんがで読む 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集 (学研まんが日本の古典)

sugiはまだ万葉集を読んだことがなかったので、この機会に万葉集を読んでみようと思っています。(GWあたりにまとめて時間を取って読めるといいのですが、、)


「万葉集」についての余談ですが、昨年話題になった映画「君の名は」の監督で知られる、新海誠氏の作品にも「万葉集」が多く登場しています。というか世界観そのものが万葉集から影響を受けていると言ってもいいかもしれませんね。

映画「君の名は」では「誰そ彼(たそかれ)」という言葉が物語が構成されています。

前作である「言の葉の庭」でも、「鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」という万葉集の一文が登場しています。

これから万葉集がブームになりそうな感じがするので、気になった方はチェックしてみてください。

新元号「令和(れいわ)」は5月1日から改元

元号が「平成」から新元号「令和(れいわ)」に切り替わるのは、4月30日に天皇陛下が退位された翌日にあたる2019年5月1日に正式に改元されます。
この日に、皇太子さまが新天皇に即位されます。

新元号「令和(れいわ)」の記念キャンペーン・割引・セール情報

新元号「令和(れいわ)」に変わることを記念した各社のキャンペーン・割引・セール情報はこちらです。

【キャンペーン】楽天市場

楽天市場では、13時半から新元号発表記念スペシャル企画として「#○○最初にほしいモノ」をつぶやいて最大10万円OFFクーポンを当てよう!キャンペーンを開催中です。

スポンサーリンク

楽天市場のTwitterアカウントをフォロー&引用リツイートすれば応募できます。

【キャンペーン】綾鷹

綾鷹では、フォロー&RTで応募できるキャンペーンを開催中です。
抽選で31名様に限定・元号ボトルセットが当たります。

キョロちゃん

「キョロちゃん」では、買って当たる!昭和?平成?プレゼントキャンペーンを開催中です。

キャンペーン情報は随時募集中!

キャンペーン情報の掲載希望がある方はこちらよりご連絡ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は新元号「令和(れいわ)」に変わることで、どんなキャンペーンがあるのかをまとめて紹介してみました。

今日という日は、平成という時代が終わり、新しい時代の始まりを告げる歴史に残る1日になったと思います。
これから訪れる次の時代も平和で繁栄のある良い時代になっていくと良いですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で