スポンサーリンク

こんにちは、BMW 3シリーズオーナーのブロガーsugiです。

今回は、タイトルにもあるとおり「ガソリン添加剤」を久しぶりに買ってみたので実際に使って効果を検証してみたいと思います!

「エンジンの吹け上がりがイマイチ」「燃費が悪い」「燃費が落ちた」「アイドリングが不安定」など、エンジン周りでお困りの方は必見です。

ホルツのガソリン添加剤「プレストン スーパーパフォーマンス プレミアム」を購入

今回試してみたのは「ホルツ」というブランドから発売されているガソリン添加剤になります。ホルツは車の塗装や補修用品を多く扱うブランドで、過去に何度か商品を使ったことがありますが、ガソリン添加剤を使うのは今回が初めて。

こちらが購入したホルツのガソリン添加剤「プレストン スーパーパフォーマンス プレミアム」↓

パッケージにも書いてあるとおり、みんカラの「2018年 ケミカル系添加剤部門」でダブル受賞した実績があるようです。みんカラをチェックしてみると、たしかにレビュー数や愛用している方は多かったです。

ガソリン添加剤「プレストン」の効果

今回使用するガソリン添加剤「プレストン」は、燃料添加剤「スーパーパフォーマンス」の1ランク上となるプレミアム製品として販売されています。

インジェクター、吸気バルブ、燃焼室の汚れの完全洗浄に効果があり、商品の特長と改善が期待できる効果は以下のとおり↓

ガソリン添加剤「プレストン」の特長

・完全燃焼促進
・強力洗浄
・燃費改善
・コーティング効果(再付着防止)

いずれもエンジン内部の汚れやカスを取り除き、綺麗にすることで燃費向上と本来のエンジンパワーを引き出すことに注力された添加剤になります。

2つの新技術もポイント!

ガソリン添加剤は様々な種類が販売されていますが、ホルツというブランドが気になったのと、2つの新技術が気になって買ってみた経緯があるので、2つの新技術についてもちょっとだけご紹介。

PS-HC(プレストンスペシャル-ハイコンバッション)

「PS-HC(プレストンスペシャル-ハイコンバッション)」は、世界各国で特許を取得している完全燃焼促進技術です。

その効果は国内外の研究機関で実証されており、燃料の各成分の均一化を促進させることで噴霧状態が良くなり、有効に酸素を取り込むようになる酸素の有効利用ができるほか、安定した燃焼を作り出し不完全燃焼を防ぎ、燃焼効率をアップさせることができるそうです。

PS-PEA(プレストンスペシャル−ポリエーテルアミン)

PS-PEA(プレストンスペシャル−ポリエーテルアミン)は、「プレストン」が厳選した洗浄効果の高い「PEA(ポリエーテルアミン)」という成分を配合しています。

燃費悪化やトラブルの原因となるインジェクター、吸気バルブ、燃焼室の汚れを強力に洗浄し、完全燃焼を促進させるほか、コーティング効果により、エンジン内部に汚れが再付着するのを防止しエンジン性能を回復させる効果があるそうです。

ガソリン添加剤「プレストン」をBMW 3シリーズに使ってみた!

そんな新技術が入った期待できるガソリン添加剤「プレストン」の使い方は至って簡単です!

① まずはガソリンタンクが空近くになるまで減らします↓

プレストンの使用目安は40〜70リッターにつき1本となっているので、ガソリンが空に近い状態であれば、一般的な国産車/輸入車どちらにも最適なサイズだと思います。

スポンサーリンク


② 給油する前に給油口から注入します。
この時、ボディーに付着しないように注意しながら入れます↓

BMWの場合、逆流を防止するフタが付いているので、気持ちゆっくり入れるようにしましょう。


③ 最後に満タンまで給油すれば作業完了です。施工時間は1分以下で手も汚れず手軽にできました↓

スポンサーリンク

ガソリン添加剤「プレストン」の効果

今回、実際にプレストンを使ってみて体感できた効果は以下のとおり。
参考値として実燃費をみんカラに掲載していますが、乗り方が高速メインだったり、街乗りメインだったりして正しいデータではないので「ほう。こんな効果もあるのか」ぐらいの感覚でご参考までに。

エンジン音が静かになった

これは圧倒的に体感できました!
F30型のエンジンはガソリン仕様でもなかなかうるさいのですが、若干音がマシになった気がします。

シフトショックが小さく滑らかになった

低速時のギクシャクした感じはAT学習機能のリセット(過去記事参照)をしてからもともと気にならないレベルになっていましたが、より滑らかに走るようになった印象を受けました!
効果はあまり持続しなさそうですが、変速ショックが抑えられ滑らかに伸びるように走るようになりましたね。

軽快に走るようになった

シフトショックが低減されたことで、より軽快に走れるようになった印象があります。これはエンジンの吹け上がりがよくなっていることもあると思いますが、添加剤を使う前よりも軽快に走ってくれる印象です。

燃費が気持ち伸びた

その時々で走り方が変わるので正しいデータではありませんが、添加剤を入れてから気持ち燃費が伸びた印象です。添加剤を入れたのは少し前の2020年6月20日です。

詳しくはみんカラで燃費記録を公開しているのでそちらをチェックしてみてください。走行ルートやエアコン使用などのコンディションについても記録しています。

ガソリン添加剤は繰り返し使うと効果が持続する

今回紹介したガソリン添加剤「プレストン」ですが、こちらは5,000~8,000㎞走行ごとに1本を使用することが推奨されています。試しに使ってみて効果が実感できるようであればリピートして定期的に添加してあげると良いと思います。

まとめ

今回はホルツから発売されているガソリン添加剤「プレストン」をBMW 3シリーズに使って効果を検証してみました。

個人的には目に見えて効果を体感することができたので、走りの質感を維持したい方・車の性能がちょっと落ちてきていると感じている方・燃費が悪化してきた方などはぜひガソリン添加剤の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で