スポンサーリンク

こんにちは、趣味は洗車とコーティングのスイフトオーナーsugiです。
今日は以前から私も愛用している「ガラコ」のワンランク上にあたる「超ガラコ」を紹介したいと思います。

フロントガラスの撥水が悪くて困っている・水アカがやばい・ウォータースポットがやばい方は必見です。

「ガラコ」を販売している『SOFT99(ソフト99)』とは?

今回紹介する「ガラコ」を販売しているのは、大阪に拠点を構える『SOFT99(ソフト99)』という会社です。sugiもこれまで数多くの商品でお世話になっているカー用品メーカーのなかでも高いシェアを誇るブランドです。

大手カー用品店はもちろん、ホームセンターやスーパーなどでもソフト99の商品が売られています↓

created by Rinker
C.C.C.(カーコスメティックコレクション)

「ガラコ」よりちょっとだけ高い「超ガラコ」開封・レビュー

では早速「超ガラコ」の紹介をしていきたいと思います。パッケージから通常のガラコと比べて6倍の耐久性があることをアピールしています↓


「ガラコ」と比べ「超ガラコ」は黒いです↓


キャップを外すとこんな感じ。
中央の穴から液体が出てスポンジで広げながらフロントガラスに塗る仕組みです↓


スポンジは少しザラザラした質感↓

「超ガラコ」の成分

超ガラコに含まれている成分は、フッ素系撥水剤・酸・イソブロビルアルコールになります↓

赤いガラコには「シリコーン(石油系成分)」が主成分で配合されていますが、超ガラコでは、フッ素系の撥水剤、アルコールが主成分になっていますので成分はもちろん、志向や効果の違いにも期待できます。

一般的にフッ素系コーティングは剥がれにくく耐久性が高いとされているので、超ガラコが6倍耐久というのも成分表を見れば納得できます。

「超ガラコ」の特徴

「超ガラコ」にはパッケージにも書いてある通り5つの魅力があります。
それぞれ詳しく解説していきます。

「超ガラコ」は1回の施工で約1年間効果が持続

超ガラコは一度使用すれば、約1年間効果が持続するそうです。
これは実際に使ってみないと分からないので後日追記したいと思います。

2018/07/12追記

超ガラコを施工して半年、1年と様子を伺ってみました。
確かに「ガラコ」より効果は持続しますが、効果は徐々に薄れていくので半年に一度ぐらいのペースで軽く塗り直すぐらいがちょうど良いかもしれません。それでも赤ガラコより持続効果が長いのは間違いなさそうです。

約45~60km/hでノーワイパー走行も可能!

これは赤ガラコでも体験済みですが、45~60km/hで走行中はワイパーが不要です。雨量が増えるほど、水の重みと風の力で勝手に流れていく感じ。

ソフト99 ガラコ_撥水性の実力は

撥水性能の高さは他のレビューでも書かれている通り間違いないクオリティーがあります。もちろんしっかり油膜落としを行っていることが前提になりますが。

ワイパーや洗車機・洗剤でも取れにくい「強力フッ素皮膜」

先ほども紹介したとおり成分にフッ素が入っているので、ワイパーや洗車機・洗剤でもコーティングが剥がれにくい構造になっています。

スポンサーリンク

油膜汚れやウォータースポットがつきにくくなる

大前提として油膜を落とした状態で施工する必要がありますが、しっかり下地処理した状態で「超ガラコ」を施工するとフッ素皮膜ができるので、油膜汚れやウォータースポットは付きにくくなるようです。

雪や霜が凍りつきにくい!

フロントガラス表面に保護被膜が出来ているので、雪や霜の付着を抑えることができます。これは赤ガラコでも効果を実感していたので、超ガラコではどうなるのか楽しみなところ。

スポンサーリンク

実際に「超ガラコ」を使ってみた!

スイフトに「超ガラコ」を塗ってみました。
油膜落としは事前に済ませてあります。


説明書に書かれていたとおり、フロントガラス全面に塗って10分ほど乾燥させます↓


だいたい乾燥した辺りで拭き取ります↓

拭き取りは新品のマイクロクロスファイバーを使うのがおすすめです↓

撮影しながらでも30分あれば余裕で終わります。
この手軽さも嬉しいポイントですね!

超ガラコの使い方ですが、基本的には「①ガラスに塗る」→「②乾かす」→「③拭き取る」の3ステップだけでOK↓

作業は普通に簡単ですが、「超ガラコ」を塗るときに注意したい施工ポイントを幾つか紹介したいと思います。

「超ガラコ」を使ってから1ヶ月後の感想

「超ガラコ」を塗布してから1ヶ月経った感想ですが、車庫なし雨ざらしの環境で乗っている割には効果が持続していると感じています。1ヶ月後に水洗車をやった時のフロントガラスの撥水はこんな感じ↓

なんか、すごい水弾いてます!!(笑)
結論から書くと、1ヶ月後も効果は余裕で残っていました!

スポンサーリンク

まだ1ヶ月目ですが、これまで使っていたガラコだと2〜3週間ほどで効果が徐々に薄れていく(ワイパー使うと尚早い)のですが、「超ガラコ」は効果が長続きして良い感じです!

ガラコを塗る時の注意ポイント

最後にガラコを塗る時の注意点があるので簡単にまとめておきます。

気温が高い時は塗布しない

気温が30℃を越えている時や、直射日光が塗る直前まで当たって熱くなっている時は塗りムラやシミの原因になる場合があるので注意。気温が高い時は朝や夕方などに施工するようにしましょう。

洗車後やガラスを綺麗にしてから塗る

これは大前提になりますが、洗車直後やガラス面をしっかり綺麗にしてから塗るようにしましょう。汚れた状態で塗布するのは絶対にNGです。

ガラコ使用NGの場所もある

ガラコはフロントガラスの撥水を高めるアイテムですが、ガラコの撥水性を他の場所でも使いたいとあれこれ試す方がいます。

sugiのスイフトは油膜落としを十分に行ったあと、フロントガラス、リアガラス、サイドガラス、ミラーにも塗布して撥水性を高めていますが、ボディーやヘッドライトなどへの使用はNGとなっています。

また、一部輸入車にはガラコ使用NGのものもあるようなので、不安な方は詳しくは乗っている車のディーラーへ相談してみてください。ベンツの純正コーティングと相性が悪いと以前どこかで聞いたことがあります。

「ガラコ」と「超ガラコ」はどちらがおすすめ?

どちらも実際に使ってみて、「ガラコ」と「超ガラコ」どちらか選べと言われたらsugiは迷わず「超ガラコ」を推したいところ。

「超ガラコ」は「ガラコ」よりウォータースポットや水アカ・油膜が付きにくいように感じているほか、耐久性についても今後期待したい点があります。

メーカーテストでは1年間効果が持続すると書かれていますが、実際のところ半年ぐらいで効果が薄れてきそうな気がしますが、それでも普通の赤ガラコより他急性が長くコスパは良いと思います。

【余談】「ガラコ」より「超ガラコ」の方が売れてる模様

余談ですが、2017/06/01現在のAmazon売り上げランキングを見てみると「ガラコ」より「超ガラコ」の方が高いのにも関わらず売れているようです。

まとめ

今回は巷でも評判の良い「超ガラコ」を実際に使って経過を観察してみました。

スポンサーリンク

これまで一度もガラコを使ったことがない方は「赤ガラコ」、ガラコの良さを知っている方はワンランク上の「超ガラコ」といった感じで使ってみてはいかがでしょうか。

ソフト99 ガラコ_使い方

しっかりと効果が持続してくれますし、水垢やウォータースポットの付着も抑えられている印象なので、sugiはこれからも超ガラコを愛用していこうと思います!気になる方は1,000円ぐらいで買えますので、ぜひ一度ガラコを使ってみてください!

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で