スポンサーリンク

こんにちは、ブロガーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、左前が見えにくい車におすすめな「補助ミラー」がカーメイトから発売されているのを発見したので、こちらでも紹介してみたいと思います!

左フロント、ホイール・タイヤをぶつけたり擦る機会が多い方、運転に慣れていない方、運転に自信のない方には特におすすめです。

幅寄せが劇的にラクになりそうな「補助ミラー」が登場!

今回紹介するのは、カーメイトから発売されているこちらの「補助ミラー(CZ496)」になります↓

価格は1,500円前後とお手頃なので、運転に慣れいない方はぜひ検討してみて欲しいアイテムです。車をぶつけたり擦ったりすると修理代が結構エグいので1,500円で予防できるなら安いものかなと思います。

軽自動車や車高の高いSUVにおすすめ!

この補助ミラーは、車のAピラーへの取り付けが想定された商品になります。以下のような形で取り付けることで、左前にある障害物が運転席から見えるようになるので、狭い場所への左折、駐車時、幅寄せの際にかなり重宝するかと思います↓

また、車高の高い車の場合、下にある障害物や小さな子どもが死角で見えなくなるケースもあるので、やや大きさのある車に乗っている方で運転に慣れるまでの間だけ取り付けておくのもおすすめです。

取り付け・取り外しが簡単!

取り付け・取り外しはワンタッチで行うことができ、工具などは不要になります。粘着テープ式なので、免許を取り立てで自信がないから1年ほど取り付けてみて、慣れたら外す。なんて使い方もアリだと思います。

本体の寸法

本体の寸法は以下のとおり。
詳細は商品ページをチェックしてみてください。

【注意】取り付けができない車種もあるので注意

注意点として、以下のようなミラー形状の場合、取り付けができない場合があります。事前に取り付ける車種の位置や角度を確認してみてください。

デジタルで死角を減らす方法もある

余談ですが、別売のカメラを左前に取り付けることで同じく死角を減らす方法もあります。詳細は以下の商品リンクをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回はカーメイトから発売されている補助ミラーについて紹介してみました。

運転はどうしても「慣れ」な要素が大きいので、理詰めで考えるよりも実際にハンドルを握って運転して慣れていくしかないです。初心者のうちは車幅感覚がどうしても掴めずにぶつけてしまい、一度ぶつけたのがトラウマになって、またぶつけてしまう繰り返しになるパターンもあります。

補助ミラーはあくまで慣れるまで・自信が付くまで使えば良いと思うので、愛車を大切に綺麗に乗るためにも、運転に自信のない方は補助ミラーの取り付けも検討してみてはいかがでしょうか。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で