スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

首都高ルーレット族にチャレンジしたけど道に迷って開始1時間以内で失敗したsugiです(1周もしてない)

・・・

さて、今回はハイテクすぎるスマホスタンドのご紹介です!!

車載スマホスタンドの購入を検討中の方は、今回紹介するスマホスタンドがおすすめですよ。

自動開閉&ワイヤレス充電対応のスマホスタンドが最高にクール!

ハイテク・近未来ガジェットとしてネットで話題になった商品なので、もしかしたら知っている方もいるかもしれません。

今回紹介するのは、自動開閉&ワイヤレス充電に対応した“最先端”スマホスタンドです↓

sugiはつい先日までiPhone7ユーザーだったので、ワイヤレス充電とはご縁がありませんでしたが、iPhone XRに機種変更してワイヤレス充電が使えるようになりました。


で、ワイヤレス充電が使えるようになったらやることは1つ。

ワイヤレス充電ができるスマホスタンドを買うことです!!

もうこれ以外にやることが思いつきません。

楽天市場で「C10」というスマホスタンドを購入!

というわけで、楽天で良さげなスマホスタンドを見つけてポチりました。商品はすぐに届き、数ヶ月使ってみた感想を紹介したいと思います。

ワイヤレス充電と自動開閉に対応したスマホスタンドは何種類も販売されていますが、シンプルなデザインと購入レビュー数が多かったので「C10」というスマホスタンドを購入してみました。

購入は楽天市場ですが、全く同じ形状だけど商品名・パッケージが違うモデルがオートバックスなどでも売っていたので、それなりに流通しているモデルだと思います。

商品の特長

商品の特長はこちら。
一般的なワイヤレス充電器とよりも少し性能が良いか、同じぐらいのスペックになります。

特長

❍ ワイヤレス充電(Qi)規格対応
❍ 最大 10W
❍ 自動開閉
❍ シンプルなデザイン

付属品

本体・マウントアダプタ・説明書・Type−Cケーブルの4点セットが付属↓

本体

本体は丸みを帯びたデザインで、ロゴなどは一切ないシンプルなデザイン↓


裏面↓

本体を組み立て

本体の組み立てはとてもかんたん。スマホスタンドの裏側にマウントネジを回して取り付ければOK↓


こんな感じになります。これでエアコンの吹き出し口に取り付けができるようになります↓


付属ケーブルは、本体下部に接続します。ケーブルの種類は「Type-C」です↓

BMW 3シリーズ(F30)にスマホスタンドを取り付けてみた!

本体の組み立てが終わったところで、いよいよBMW 3シリーズ(F30)にスマホスタンドを取り付けていきます!

車種によりますが、エアコンの吹出し口に本体を取り付けて、USBシガーソケットに繋げるだけなので簡単ですが、sugiは配線を目立たないように隠したかったので、ちょっとだけ頑張りました。

BMWはスマホスタンドを取り付ける位置に苦労する

BMWオーナーの方はご存知かと思いますが、中央にディスプレイがあるためスマホスタンドを中央に取り付けると邪魔になります。


これで気にならない方は問題ないですが、せっかくのディスプレイが見えなくなるのはもったいないので、スマホスタンドの取り付け位置を右側のエアコン口に取り付けることに↓


注意点として、夜間走行時にスマホ画面を明るくしすぎるとミラーに映り込む場合がありますので、ディスプレイ輝度の調整は自己責任でお願いします↓

配線が短かったので「Type-C」ケーブルを追加購入

付属の配線が短かったので、2mの長さがあるロングタイプのType-Cケーブルを楽天市場で別途購入しました。

1,000円しない安いケーブルだったので質感には期待していなかったのですが、意外にも良い感じのケーブルが届き、隠して配線するには惜しくなりました↓

スポンサーリンク


長さは2m。両面挿し対応のUBSソケットタイプです↓


裏配線用には少し太めですが、ちょっとだけ配線が見える箇所がある場所で目立たないようなケーブルにしました↓


さらに、より綺麗に配線するため「L字型ケーブル」にしました↓

BMW 3シリーズ(F30)への配線方法

配線方法もかんたんに紹介しておきます。ゴムパーツを外して押し込んだだけなので、そこまで難しくありませんが、作業は自己責任でお願いします。


本体を好きな場所に取り付けます↓


続いて、車体とドアの隙間にあるゴムパーツ「ウェザー ストリップ」を引っ張って剥がします。力を入れすぎて破れないよう慎重に剥がします↓


「ウェザーストリップ」を剥がすと、ケーブル1本ぐらいなら余裕で入る隙間が出てきますので、そのまま足元まで配線を通します↓


足元まで配線を通したら、配線を固定しておける両面テープ式の「配線留め金具」などを利用して配線が垂れないように固定していきます↓


あとはシガーソケットまで配線を通して接続すれば作業完了です↓

実際の動作様子まさにハイテク! これは便利!!

取り付けてから数ヶ月ほど使ってみました。

スマートフォンをスタンドに近づけるだけで自動開閉する様子は何度見ても面白いです!

センサーの反応感度はまあまあ。ごく稀に誤作動することも

このスマホスタンドの「自動開閉」を可能にしているのは、前面と側面の2箇所に設置されているセンサーです。

スマホや指が近づくと開くしくみなのですが、これまでのスマホスタンドと比べても目新しさ・近未来・ハイテク感が滲み出ていて男心を刺激するものがあります。

ただ、頻繁ではないにしろ誤作動することも多々ありました。道路の振動などで車が大きく揺れた時や、ワイパーを動かそうと手を近づけた時に、誤って開閉するシーンがありました。

5,000円程度のガジェットなので、クオリティー的にはこんな物だろうと思いますが、もうちょっと精度が上がれば製品としての完成度がぐっと上がると思います。ここは今後のアップデートに期待したいところ。

【動画】動作様子はこちら

自動開閉とワイヤレス充電される様子を動画で紹介してみました。ぜひこちらもチェックしてみてください!

ワイヤレス充電速度はそこまで早くないが現実的

ワイヤレス充電の速度は、最大10W(1.5A)となっており、急速充電には非対応。そのため普段から急速充電を利用していたsugiにとっては、若干遅いと感じてしまいます。

1時間以上の中長距離乗りが多い方は問題なく使える

しかし、1時間以上の中長距離ドライブでは、十分にバッテリーが充電されますし、埼玉から山形まで帰省するときにGoogleマップを開いた状態でもフル充電することができました。

急速充電と比べると見劣りしますが、実用レベルで使える充電速度は確保されていると思います。長距離ドライブが多い方は問題なく使えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、自動開閉とワイヤレス充電(Qi)機能が付いたハイテクな車載スマホスタンドを紹介してみました。

スマホスタンドの種類はとても数が多すぎて迷っている方も多いかと思います。もしワイヤレス充電(Qi)対応のスマートフォンを持っている方は、今回紹介したスマホスタンドもぜひチェックしてみてください。

購入前の参考になれば嬉しいです!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で