スポンサーリンク

こんにちは、桜シーズンなのにコロナで外出できない”引きこもり系”ブロガーsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、自動車車検証の有効期限を特例で6月1日まで延長すると国土交通省から発表されたので、詳細をまとめてみました。対象になるかもしれない方・具体的な対象者や対象地域についても紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。

自動車車検証の有効期限を一部延長 国土交通省が発表

国土交通省 自動車局整備課は、2020年2月28日に「自動車検査証」の有効期間が令和2年 2月28日から3月31日までの自動車について、全国一律に令和2年4月30日まで自動車検査証の有効期間を延長すると発表していました。

しかし、コロナウイルスの感染拡大を受け2020年4月7日に令和2年6月1日まで延長すると発表されました。

新型コロナウイルス感染拡大を防止するための特例措置で、自賠責保険の手続きも特例措置が適用されます。

車検の有効期限はフロントガラスに貼られているシール、もしくは車検証で確認することができます。

新型コロナウイルスの感染を早期に収束させる狙い

自動車検査証の期間を延長することで、新型コロナウイルスの感染流行を早期に終息させる狙いがあります。

政府が提示した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に則ったもので、クラスター(集団)が次のクラスター(集団)を生み出すことを防止することが極めて重要になってきます。

スポンサーリンク

本来であれば、自動車検査証の有効期間満了後も自動車を使用しようとするときは、国土交通大臣の行う継続検査を受ける必要がありますが、早急に感染拡大防止策を実施する必要があるとともに、特に年度末の繁忙期には不特定多数の申請者が全国の運輸支局等の窓口に集中するため、感染拡大のリスクが増大することから、道路運送車両法第61条の2の規定を適用し、自動車検査証の有効期間を延長することが決定されました。

対象車両と措置内容について

対象車両と措置内容は以下のとおり。

対象エリア

対象エリアは日本全国に拡大されました。
※4月16日に国土交通省より発表されました。

対象車両

自動車検査証に記載のある有効期間の満了日が、以下の自動車すべて

❍ 2月28日から3月31日まで
❍ 4月8日から5月31日まで

措置内容

自動車検査証の有効期間を6月1日まで延長

継続検査の手続き

対象車両については、6月1日までに継続検査を受検すれば引き続き自動車を使用することができます。なお、有効期間の延長による自動車検査証の記載変更の手続きは不要です。 

自動車損害賠償責任保険(共済)の手続き(締結手続の特例措置)

継続検査を受検するまでに保険契約期間の終期が到来する保険契約については、継続契約の締結手続きが6月1日を限度として猶予されます。詳しくは契約先の自動車損害賠償責任保険(共済)代理店等に相談してみてください。

【余談】自動車車検証の有効期限を延長した最近の例

余談ですが、自動車車検証の有効期限を延長した例は過去にもあったようです。

最近では、昨年10月に甚大な被害をもたらした台風19号で被災した宮城県の全域と岩手県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、長野県、静岡県の一部の地域に使用の本拠を有する車両について最大2ヶ月延長される対応がされていたようです。

まとめ

自動車車検証の有効期限を特例で延長すると発表されましたので、対象となる方はディーラーや車検を委託している業者に直接相談してみてください。

まだ車検申込みをしていない方は今後も混み合うことが予想できるので、早めに車検予約の申込みをしておくことをおすすめします。引っ越しや新生活に伴い、乗り換えのタイミングとも重なるので対象となっている方も多いかと思いますのでぜひチェックしてみてください。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で