ガジェット/電化製品

【コスパ最強】ドンキの情熱価格ブランド「3枚プレート電気グリル鍋」がコスパ最強すぎてヤバいww 実際に使ってみた!

スポンサーリンク

こんちは、料理はあまり得意ではなけど美味しいものは大好きなブロガーsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、ドンキの情熱価格ブランドで販売されている「3枚プレート電気グリル鍋」がコスパ最強すぎてヤバすぎたので実際に買って料理をしてみました!!
料理好きな方は最後まで必見です!

ドンキの3枚プレート電気グリル鍋を購入

今回購入したのがこちら。
ドンキの情熱価格ブランドで販売されている商品になります↓

ネット上の評判はそこそこ高評価が多く、性能・安全性についてはドンキのプライベート・ブランドということもあって安心できます。


おそらく同じような商品を作っている会社がOEMとして製造販売している商品だと思うのですが、企画・開発はドン・キホーテとなっていました。詳細は不明ですがサポートセンターも用意されているので安心して使えそうです↓

出だしからなぜ保証について書いているかというと、この商品は5,000円で購入できたから(笑)

一般的にホットプレート3枚セットを買おうと思えば1万円以上の価格帯がほとんどのため、もしも粗悪品なら粗大ごみ。一方でちゃんと使えるならコスパ最強の神器と言っても過言ではないアイテムだからです!ドンキさん、これは不安になるぐらい安い商品だよ(笑)

深鍋、グリル、たこ焼きプレートのセット

鍋の種類としては、深鍋、グリル、たこ焼きプレートの3つがセットになった商品になります。

今回のレビューでは深鍋プレートで鍋料理を作ってみましたが、焼き肉、焼きそば、餃子、たこ焼きといった感じでプレートを交換することで作れる料理のレパートリーが無限に増やせます。控えめに言って神アイテムですよね(笑)

付属品について

実際の付属品は以下のとおり。

説明書↓


たこ焼きプレート↓


裏面はこんな感じ。
フッ素加工は表面だけだで、熱伝導やサビないか、耐久性についてやや心配になる点はありますが、値段を考えればこれで十分です。別に毎日料理する訳ではないので↓


焼き肉や餃子、焼きそばとかが作れそうなプレート↓


そして今回使う深鍋のプレート。
パッケージで見たものよりしっかり深さがあるので、1人分にはちょいデカい、2〜3人分で丁度良いぐらいのサイズ感でした↓


しかも強化ガラス製の蓋も付いていました。
フィッティングは良かったですが、蓋の外側を保護しているアルミ部分?は気持ち緩め。耐久性は大丈夫荘ですが、作りは価格相応と言った感じでした↓


伝熱は下から伝わるタイプ。側面などに加熱部分はなく、シンプルな構造ですね↓


背面はこんな感じ。
冷却用の穴と持ち手が付いています。コンセントは一体型で脱着できない仕様でした↓


持ち手はこんな感じ↓


温度管理は手前のツマミで調整できます。
保温、ホットケーキ、餃子、たこ焼き/すき焼きといった感じで温度管理ができます。最高で220℃までいけます↓

実際に料理を作ってみた!

というわけでここからは実際のクッキングタイム!
料理を作ってみました!!

今回作る料理は「あんこう鍋(仮)」です!(笑)

材料調達の都合上、あん肝入り野菜鍋って感じになったので(仮)にしてます。細かいことを気にしていては料理はできないので気にしないでください。

スポンサーリンク


材料は近所のスーパーで半額シールが貼られたものを中心にチョイス。
エコなのはもちろん、万が一失敗しても損失を最小限にカバーできる万全の対策です↓

スポンサーリンク


あんこう鍋の作り方はめちゃくちゃ簡単です。難しいのはあんこうの下処理なので、それさえ完璧にやっている・下処理されたものであれば全部ぶち込んで味付けして煮込むだけでOKです(笑)↓


実際に完成した鍋がこちら。
ね?それっぽくなったでしょ(笑)↓


一応レシピも載せておきますが、恐らく他のサイトを参考にした方が良いかもです(笑)↓

あんこう鍋の作り方(sugi流)

① あんこうの肝を包丁で細かく切り刻む
② 軽く熱した鍋で乾煎りする。香りが立ってきたら料理酒と水を少しだけ加える
③ それっぽくなってきたらあとは具材を全部ぶち込む
④ 水は野菜から出てくるので大丈夫だけど安い鍋なので少しだけ入れる
⑤ 野菜が馴染んできたらダシと味噌で味付け
⑥ あとは煮えるまでひたすら待てば完成!

鍋の加熱性能は想像以上

実際に鍋を使ってみた感想として、とりあえず作った料理は美味しかったです!

そのうえで良かった点は以下のとおり。

良かったポイント

❍ 加熱性能は必要十分!
❍ コンパクトなので小さなテーブルでも使える!
❍ 収納も場所を取らず便利!

イマイチなポイント

❍ コンセントケーブルの長さが短い
❍ コンセントが一体型なので、引っかかったら鍋ごと倒れるので危ない
❍ 鍋のフッ素コーティングがいつまで持つか微妙

料理のクオリティをあげたい方、友人が来た時のホームパーティー、同棲している彼女との料理、週末に親子で2−3人分をサクっと作るには最高の商品ですが、耐久性とコンセント一体型な点だけは唯一気になりました。

そこまで使用頻度は高くないので、1ヶ月とかで壊れることは無いと思いますが、この価格帯で数年間使えれば最高ですね。今後の活躍に期待したいところです。

3枚プレート電気グリル鍋のスペック

最後にドンキ情熱価格のホームページからの引用です。
スペックはこちら↓

■型番:TSG-1304-GY
■カラー:グレー
■電源:AC100V (50/60Hz)
■消費電力:1300W
■ヒーター:熱板式(シーズヒーター)
■温度調節:切、約80℃~約220℃
■安全装置:温度ヒューズ240℃
■製品サイズ(約):幅36.7×奥行32×高さ18(cm) ※鍋、ガラス蓋セット時
■コードの長さ(約):1.4m
■質量(約):3.2kg ※全てセット時の重さ
■生産国:中国

まとめ

今回はドンキから販売されている「3枚プレート電気グリル鍋」について紹介してみました!

スポンサーリンク

個人的にドンキのプライベートブランド商品はツボにハマるものが多く好きなので、定期的に売り場をチェックしています。

一人暮らしを始めて6年ほど経つのにホットプレートはまだ持っていなかったので引越しのタイミングで買えて良かったと思います。これで友人が遊びに来た時にタコパできますからね(笑)

ドンキの「3枚プレート電気グリル鍋」、おすすめです!

ぜひ売り場でチェックしてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。