グルメ

【10分クッキング】時短で美味しく食べられる「びんながまぐろ丼」がおすすめ PR

スポンサーリンク

こんにちは、ブロガーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、解凍して盛り付けるだけでサクッと美味しく食べられる時短グルメ「びんながまぐろ丼」が美味しくてオススメだったので食レポしてみました!

このところ暑すぎて料理をやろうという気持ちが1ミリもなくなっているので、同じくやる気がなくなっているけど美味しくちゃんとしたものを食べたい方は必見です!

びんながまぐろとは?

びんながまぐろとは、別名「びんちょうまぐろ」とも呼ばれるマグロになります。
正式名称は「びんなが」が正しいようですが、スーパーや寿司やに行くと「びんちょう」と記載されている時もあります。

全長50cm程度で、体重は25kgぐらい、淡いピンク色の身で柔らかい肉質が特徴。熱を通すと肉身が白くなるため、加工食品としてツナ缶などの原料になることも多いマグロのようです。

冷凍でサクッと美味しく食べられる「びんながまぐろ」を食べてみた!

今回は楽天市場で3,000円以下で購入できる「びんながまぐろ」を食べてみました。
1食ずつ小分けにされて4食分入っています。1袋あたり160g入っています。

1食あたりで計算すると約700〜750円弱なので価格帯としてはお手頃な部類ではないでしょうか。

船内で急速冷凍したマグロを使用!

商品に使われているまぐろははえ縄漁で漁獲された新鮮なまぐろが使われています。
鮮度を保つために船上で冷凍処理されるので鮮度が保たれているそうです!

また、使われているまぐろは静岡県産(まぐろ漁獲量日本1位)で厳選して買付したものを使っているそうです!

びんながまぐろを「白醤油漬け」にして仕上げ

味付けには、愛知県産の濃厚な白醤油が使われています。
びんながまぐろのもちもちした食感を残しつつ、ご飯がすすむ味付けになっています!

添加物・保存料は一切ナシ

鮮度の良いまぐろを使うことで、無添加でも安心して美味しく食べられるように製造されているそうです。無添加・保存料なしにこだわっており、小さなお子様も安心して食べられるのは嬉しいポイント。

スポンサーリンク

10分で完成できる!

スライス済みなので、包丁やまな板も不要。
米があれば盛り付けるだけでサクッと食べられて洗い物も少ないメリットがあります。

とりあえず解凍↓


ご飯(もしくは酢飯)を用意↓


あとは盛り付けるだけで完成です↓

食べてみた感想

実際に食べてみた感想としては、本当にあっさりした漬けタレなので万人受けするタイプの味だと思いました!

マグロは薄くスライスされているので、解凍時間が短いのも時短調理ができるので個人的には良いと思います。一般的な赤身の漬けマグロよりもあっさりしているので、もともとびんながまぐろが好きな方はぜひ一度試してみて頂きたい商品です!

アレンジもおすすめ!

ほかに山芋やまぐろ盛り、卵を乗せたり、サラダと和えても美味しいと思います。
sugi的には山芋があったら合わせて食べたいところ↓

まとめ

今回は冷凍のびんながまぐろ丼を頂いたので実際に解凍して食べてみました。

手間いらずで美味しいご飯が食べたい時にはとても重宝しますし、何よりびんながまぐろらしいあっさりとした身と白醤油の相性が抜群でとても美味しかったです。

気になった方はぜひ商品ページから情報をチェックしてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA