みなさんこんにちは(・∀・)

先日新しいカメラを買いました!!
買ったのはSONY α7Ⅱというミラーレス一眼レフ↓


定価だと20万ほどする割りとお高いカメラです(まあ相場より安く買ったけど)

で、カメラ買ったら色々と必要になってくるじゃないですか!?リュックとかリュックとかリュックとか…

って訳で良さげなもの買ったので紹介します(笑)

Amazonベーシックの「カメラリュック」を買ってみた

以前からAmazonのプライベートブランド「Amazonベーシック」が色々作って売っていたのは知ってましたが、いつの間にかカメラリュックまで作っていたようです。

電池とかHDMIケーブルとかLightningケーブルでは飽き足らずカメラリュックまで作ったんですね(笑)

ちょうどカメラリュックを新しくしたかったので購入してみました↓

Amazonベーシック「カメラリュック」は想像よりデカい

Amazonベーシックリュックは想像より大きかったです。
まず、届いた箱がすでにデカい!


緩衝材なしで箱と同じ大きさ↓


出してみてもやっぱりデカい!
Amazonベーシック カメラリュックの内容量は58L。

寸法は約50.0×40.0×29.0cm、重さが約1400g。カメラリュックとしては大容量ボリューミーな部類に入ります。


ちなみに今まで使っていたのは「OUTDOOR(アウトドア)」というブランドのリュック↓


よく学生が持ち歩いてる奴ですね(高校の頃から愛用していた)

丈夫でサイズ感もちょうど良く気に入っていたのですが、これにiPadと15インチのMacbookと一眼レフと交換レンズ1本入れて持ち歩くのは大変。


横で比較すると厚さの違いは一目瞭然。
いかにAmazonベーシック カメラリュックが大きいかが分かると思います↓

Amazonベーシック「カメラリュック」は安いのに良い素材使ってる!

Amazonベーシック カメラリュックは5,000円前後とほかのカメラバッグと比べて相当安いです。下手したら半額ぐらい安いです。

なので素材や仕上げを心配していましたが…

さすがAmazon!! そんな心配は無用だったようです!


素材は丈夫で濡れにくい布地を使っているようです。
縫い目なども丁寧に仕上げられているので安心して使えそうです↓

このバッグに入れるものは最低でも10万円以上の機材なので安くても材質と仕上げは重要なポイントです(あと1年保証も付いてる)


本体には「Amazonベーシック」ブランドロゴが刻印されています。
PB(プライベートブランド)商品は一定の品質がないと全体が売れなくなるリスクがあるなかロゴ表示があるのは安心できます↓

ちなみにロゴは小さいのであまり目立ちません(目の悪い人に「これナイキだよ!」って言っても騙せます)


横も補強なのか上から生地が足されてます↓


肩や腰に重量が分散されるよう結構ゴツい構造になっています↓


取っ手部分も頑丈に作られています↓


ただ、リュック下部分に補強用の板や鉄具など無いのが少し残念。
幅があるので自立しますが、土や草の上に置くような利用も想定できるので下部分はもう少し頑張って欲しかったですね↓

まあ、5000円ということを考えれば十分満足レベルです(笑)

Amazonベーシック「カメラリュック」は防水カバーまで付属

登山やバックパック用のバッグでは防水カバーが付属してくるのが当たり前ですが、カメラリュックでも当たり前なのでしょうか?

Amazonベーシック カメラリュックにも防水カバーが付属してきました。
これ別で買うとお金掛かるやつなので結構有り難いです↓

富士山登る時には必需品だったので、登山シーンで利用したい方にもおすすめです。

重い機材(10キロ以上)になってもラクラク持てる!! クッションが嬉しい

富士山登る時には必需品だったので、登山シーンで利用したい方にもおすすめです。

このリュックに入れるかどうかはさておき、いずれも価格・重量ともにボリューミーなことに間違いありません。


重量が重くなれば当然、リユックを背負った時に肩とか背中に負担がきます。ただでさえ凝り性で悩んでいるのに冗談じゃありません。

でも、Amazonベーシックのカメラリュックはクッションがしっかりしています。

胸に当たる部分や↓


背中に当たる部分も↓


登山時に役立つ腰ベルトまで付いています↓

sugiの使用環境

❍ 15インチMacbook Pro
❍ iPad 10.5インチ
❍ カメラ2台とレンズ2本
❍ 周辺機器類

これらを持ち歩いているのでそれなりに重くなりますが、クッションのおかげで体感そこまで重く感じることなく使えています。
いやー、クッション最高です(・∀・)

Amazonベーシック「カメラリュック」は仕切りで自由にカスタマイズできる

Amazonベーシック カメラリュックの収納は優秀。

付属してくる間仕切りを使って自由な大きさにスペースを分けることができます↓


カメラのサイズに合わせたり・レンズのサイズに合わせたり… 用途は広いです。全体的にカメラなどの機材を入れることを想定しているため柔らかい素材。
レンズやカメラをそのまま入れても安心できます↓

また、すべて外せばフラットになるので、ちょっとしたビジネスバッグにも使えます。

Amazonベーシック「カメラリュック」はとにかく小物収納スペースが多い!!

続いて一番手前のポケット。
手前と奥側に収納ポケットがあります↓

カメラ用途で使うならバッテリー・充電器・メモリーカードなどを入れておけます。

モバイルバッテリーや筆記用具・iPadまですっぽり入る抜群の収納力があります。収納スペースが小分けされているはマジで便利!これポイント!


さらに、左右側面にも小物収納があります↓

大きさがちょうど良いので、片方にはガムとかイヤホン入れたりして使ってます
登山であれば小銭入れたりできるので便利ですね。

Amazonベーシック「カメラリュック」は15インチMacbook Proも余裕!

これすごく大事!
sugiが使っているパソコンはMacbook Pro 15インチです。

15インチのMacは画面が大きいしスペックも高いので気に入っていますが、重量が重いし何より普通のカバンに入らない!!

OUTDOORのリュックもギリギリだったので困っていました。


ところがAmazonベーシック カメラリュックなら15インチどころか17インチのMacまで収納できます。口はかなり大きめ↓


実際に15インチのMacを入れてみました。
周りがクッション素材になっているので裸で入れて持ち運んでも大丈夫そうです↓


とはいえ心配なのでちゃんとケースに入れて2重保護して持ち歩いています↓安いパソコンではないので大事に使ってます↓

ちなみに、DVDドライブが付いた厚めのパソコンでも余裕で入ります。

「Amazonベーシック カメラリュック」は三脚も入る!

カメラリュックなので三脚も入れられます。
というか外側に付けられます。横に固定ベルトがあり三脚を固定すればOK↓


簡単に脱着できます。三脚を付けてトレッキングに行ってきましたが、三脚が落下してきたり揺れたりすることもなく快適でした↓

カメラと着替え入れても2泊3日ぐらい使えそう

先日沖縄に行った時にはこんな感じで使いました。
このほかスーツケースも持って行ったですが、やっぱ良いですね(・∀・)イイ!!

クッションが素材なので、カメラ機材を長距離運ぶ時の安心感がまるで違います。

パソコンとか小物もサッと取り出せるのが便利すぎます(笑)カメラと一緒ならせいぜい1〜3泊ぐらいの用途には使えそうです。

ショルダーバッグをもう1つ別で持って行けば海外旅行もかなり快適にできるかも。ちなみに機内持ち込みOKサイズです。

Amazonベーシック「カメラリュック」を通勤で使ってみた

実際に千葉から東京まで朝と夜の通勤ラッシュ時に使ってみました。クッションがしっかりしているので、かなり快適!

4,50分立ちっぱなしでも疲れが全然違いますね!

ただ、このリュックはサイズがあるので満員電車で前後左右の人にぶつかる時がありました。満員電車では少々迷惑になってしまうようです。

まあ個人的にはイヤホンから音漏れしてる奴と異臭する奴のが許せないですが…

足元に置いたり棚に上げてしまえば通勤でもバリバリ使えると思います。もっとも周りの目を気にしなければ全然使えちゃいますが(笑)

【不満点】通勤用途では腰ベルトがちょっと邪魔

ちょっと残念だったのが「腰ベルト」これ、富士山とか山登りする時は必需アイテムなんですが…

通勤で腰ベルト使わないよね(笑)

腰ベルト付けていない時に、取り外せると邪魔にならなくて良いなーって思いました。

そもそも通勤用途でこのリュックを使っている人・検討している人は相当少ないと思うので大した問題ではないと思いますが…

腰ベルト使わないと「ぶらーん」ってなってちょっと邪魔です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Amazonベーシック カメラリュックはMacbook Pro15インチが入るだけでもう大満足!

そのほか、収納スペースが多い・クッションが良い・長時間背負っても疲れにくい・丈夫!といったメリットが多いカメラリュックだと思います。


あと価格が安い!!
カメラリュックの購入を検討されている方はぜひ候補に入れてみてください。

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で