スポンサーリンク

こんにちは、掃除は定期的にやる派の一人暮らしブロガーsugiです。

この記事では、洗濯機の掃除・洗浄は定期的にやった方がいい話をしたいと思います。みなさんは自宅の洗濯機を定期的に掃除してますか??

もし全然掃除していない方は、ぜひこの記事をきっかけに洗濯機を掃除してみてください。sugiも年末の大掃除で洗濯機を掃除したところ汚すぎて絶句した一人です、、

洗濯機はカビと雑菌の温床

洗濯機は洗剤や柔軟剤などを入れて衣類を洗っているので、一見すると綺麗に見えるかもしれません。「洗剤入れてるよ?」「表面はそんなに汚れてないよ?」などなど。確かに見た目は綺麗かもしれませんが、洗濯機はカビや雑菌の温床になっています。

洗濯機を設置している場所が高温・多湿であるなど、場所によっては黒カビをはじめ様々なカビや菌が繁殖しやすくなります。

洗濯機が汚れる主な原因 3つ

洗濯機が汚れる主な原因は3つあります。詳細に書き出すともっと色々ありますが、大きくは3つです。

洗濯機が汚れるおもな原因

❍ 衣類に付着した汚れ(汗、皮脂、汚れ、ホコリなど)
❍ 洗剤や柔軟剤の残りカス
❍ 水アカ

YouTubeには衝撃的な映像がいっぱい

YouTubeには衝撃的なまでに汚れた洗濯機の映像がいっぱい掲載されています。なかには洗濯機を買ってから一度も掃除していないものや、全部分解して清掃する強者までいました。これ系の動画はビフォー・アフターが気になって最後まで観てしまうんですよね(笑)↓


さすがに「じゃあみなさん!洗濯機を分解して掃除しましょう!」とはいかないので、割と手軽に洗濯機を綺麗に掃除できるおすすめの洗剤をいくつか紹介したいと思います。さらに、sugiも年末の大掃除で実際にチャレンジしてみました!

洗濯機を掃除する方法

洗濯機を掃除する方法はいくつかあります。
それぞれ汚れ具合に応じて最適なものをやってみてください。

専門業者や便利屋などに依頼する

専門業者や便利屋に依頼するとプロのモテる技で綺麗にしてくれます。綺麗になるのは間違いありませんが、自宅に人をあげるのが嫌な方や、お金をかけたくない方は以下で紹介するDIY方法をお試しください。

洗濯機を買い換える

こちらも金に物を言わせる作戦です。
洗濯機が寿命を迎えている方を中心に検討してみてください。sugiも一人暮らしをはじめて5年目になるので、ちょっと高いドラム式洗濯機を買おうと思ってます。一人暮らしだけど服の繊維が傷みにくいので良いかなぁって悩んでます。

洗濯槽洗浄剤を使って自分で掃除する

自分で洗濯機を掃除する場合、市販されている洗剤には「塩素系洗剤」「酸素系洗剤」の2種類があります。それぞれの特長を紹介しますので、良いと思った方を試してみてください。

「塩素系」タイプは効果が高いが取り扱い注意!

「塩素系洗剤」は名前のとおり「塩素」が入っている洗剤なので強い殺菌性と洗濯槽からカビを取り除くことができるので「酸素系洗剤」と比べるとこちらの方が効果は高いです。

数十年間ずっと掃除していないような洗濯機にはこちらの方が効果が期待できるのではないかと思います。

注意点として、パッケージには「混ぜるな危険」の注意書きがあります。混ぜて使うと有毒ガスが発生する場合があるほか、しっかり落とさないと人体に害を及ぼす恐れがあるので、小さなお子さんがいる家庭では控えた方が良いかも。

「酸素系洗剤」を使って自分で掃除する

「酸素系洗剤」は過酸化ナトリウムが主原料で使われています。洗濯機に入れると泡がたくさん出て、その泡でカビや雑菌を落とすしくみです。

殺菌効果は「塩素系洗剤」に比べて弱いですが、臭いや人体への影響がないので、小さな子どもがいる家庭でも比較的安全に使えるのは嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

「重曹」を使って自分で掃除する

「酸素系洗剤」よりもさらに安全・安心に洗濯機を掃除したい方におすすめなのは「重曹」を使って洗濯機を掃除する方法があります。

スポンサーリンク

重曹は人体に無害であり、成分もアルカリ性なので、皮脂汚れや洗剤カスなどを落とす効果があります。洗浄効果は上記2つの洗剤よりも弱いので、頻繁に洗濯機を掃除したい方は重曹を活用するのがおすすめです。

アリエール 洗濯槽クリーナーを使って洗濯機を3年ぶりに掃除してみた

今回は3年ぶりに自宅の洗濯機を掃除してみました。使用したのは市販されている「アリエール 洗濯槽クリーナー」↓

成分は酸素系で、塩素系成分が入っていないのがポイント。またsugiはいつもアリエールの洗剤を使っているのでブランドを揃えてみました。特に意味はないんですけど。。


こちらが我が家の洗濯機。ハイアール製の洗濯機で使いはじめて5年目になりますが、未だ壊れる気配がない優秀な奴です↓


ぱっと見は綺麗ですが、3年ぶりの掃除なので絶対に汚れているはずです↓


開封↓


バーっと入れちゃいます↓


樽洗浄モードにして満水まで貯めて数十時間放置するだけなので簡単です↓


しばらくして満水に↓


基本的に放置するだけでOKですが、たまに洗濯機を動かして汚れを浮かせます。そうするとだんだん水が濁ってきて汚れが浮いてきます。


浮いてきた汚れは、洗濯機の側面に付いているネットに溜まっていきます。ネットは空にしたのですが、開始5時間でこれっだけ溜まっていました(汚ねぇ、、)↓↓

洗濯機を掃除してみた感想

洗濯機を3年ぶりに掃除してみた感想としては、見た目以上に汚れていたのでちょっとショックでした。洗濯機の中でカビが発生しないように、使い終わったら換気するなどの配慮をしていたつもりでしたが、それでも汚れが溜まることが分かりました。。

みんなも掃除した方がいいよ!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は3年ぶりに洗濯機を掃除してみました。

安い洗濯機は服の繊維が痛みやすいためsugiは新しい洗濯機への買い換えも検討していますが、洗濯機にあまりこだわりのない方でも洗濯機は定期的に掃除した方が良いと思います。

気になった方はコロナウイルスで外出できない今週末にでも試してみてください!

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で