スポンサーリンク

こんにちは、クルマ好きのブロガーsugiです。

今日はタイトルにもあるとおり、トヨタの大人気SUV「C-HR」をレンタカーで借りて丸一日ドライブしてみたので、個人的な感想や内外装やスペックについて紹介したいと思います!C-HRが気になっている方は必見です。

タイムズレンタカーでトヨタ C-HRを借りてみた!

今回はタイムズレンタカーでトヨタ C-HRをレンタルしてみました。タイムズレンタカーは全国に展開しているレンタカーチェーン店で、C-HRはSUVタイプの「O-2クラス」に割り当てられており、24時間あたり1万円前後(会員やキャンペーンによって値段が異なる)になります。


同クラスには、マツダのCX-3のほか、三菱のエクリプスクロス、そしてBMW X1がラインナップされており、在庫車のあるモデルが自動的に割り当てられて借りることができます。

個人的にはBMW X1を運転してみたかったですが、そういった車種指定がある場合は予約時に選択する必要があります。

トヨタ C-HRはこんなクルマ

トヨタ C-HRは、世界100カ国で販売される世界戦略モデルとして設計・開発されたトヨタのSUVになります。2016年末に販売が開始されたクルマですが、販売前から人気が高く、最近では街中を走っていても見かける機会がとても多いクルマになりました。

トヨタ C-HRの新車価格とスペック

トヨタ C-HRの新車価格は、エントリーモデル「S-T」が2,367,000円〜となっており、最上位モデル「S GRスポーツ」は3,095,000円〜となっています。


一番安い「S-T」グレードは新車でも200万円前後から購入できるため、若い世代でも比較的購入しやすいこともあり、SUVのなかでも人気車種になっているようです。

C-HRで往復400kmのロングドライブに挑戦!

今回は友人と2人で交代しながら、成田空港から群馬県にある宝台樹スキー場まで往復400kmを運転しました。一般道、高速道路、山道、雪道をそれぞれ走れたので、走ってみての感想を書きたいと思います。

乗り心地はさすがトヨタ

乗り心地はさすがトヨタ!本当に快適そのものでした!

揺れないし嫌な振動がほとんどないです。加速・減速も滑らかで、高速道路を走っている時のふらつきも少なく安定感が高い印象でした。乗っただけで売れている理由が分かりました。シートも疲れにくい材質で座りやすかったです。

内装は普通。グレードによってはかなり良くなる

内装デザインは、レンタカーだったこともあり普通でした。200万円前後のクルマとしては十分な質感だと思います。

しかし、購入時にシートや内装の一部をカスタマイズすることができます。それにより内装の質感は大幅に良くなるので、内装の質感にこだわりたい方はぜひディーラーに相談してみてください。

スポンサーリンク

1.8L+モーターが組み合わさったハイブリッドモデルが良い感じ!

1.8L+モーターが組み合わさったハイブリッドモデルだったので、走りが滑らかで軽快でした!

走り出しから滑らかでスムーズ。シフトショックなんてものは一切なく、走り出しのスムーズさから停車時のノッキングもなく快適そのもの。走り出しはモーターのアシストもあり静かで滑らかで快適でした。

3つの走行モード

走行モードは、エコ、ノーマル、スポーツの3種類がありました。

いずれも試しましたが、通常はエコモードで十分です。高速道路はレスポンスが遅いのでノーマルモードに切り替えた方が快適でした。スポーツモードの加速感は十分ですが、スポーツモードではエンジン音が思ったより車内に入ってくる印象があり若干気になりました。

クルーズコントロールがめっちゃ便利!

クルーズコントロールが付いていたので使ってみたら、これがめちゃくちゃ便利でした!前方を走るクルマとの車間距離を自動で調整してくれるので、ロングドライブが捗ります。

前にクルマが割り込んできた場合もちゃんと減速してくれていました。やや減速の仕方が乱暴なところがありますが、ロングドライブの疲れを大きく軽減してくれる便利な機能です!

※100%信用はできないのでいつでもブレーキを踏める用意は必要です。

燃費が良すぎる!

今回400km走った実燃費は23.7km/lでした!!

sugiの愛車BMW 3シリーズはハイオクでリッター10km前後なので、久しぶりの高燃費にエコカーすげぇ!ってなりました(笑)

荷物は十分積める

SUVタイプなので結構荷物が積めます!

スポンサーリンク

後席を倒した状態で、スノボ2枚、スノボシューズ2個、リュック2個を積んでもまだまだ余裕がありました。収納力はアウトドアでも活躍しそうです。

【不満】ハンドル軽すぎる!

ここからは不満点について書いてみます。

まずはトヨタ車に共通することですが、ステアリングが軽すぎます!!(笑)

個人的にはもっとガッチリした感じが好きなので、やっぱりこれは慣れないですね、、 片手ハンドルでもラクラク運転できてしまい、狭い道とか駐車時とかは軽くて操作しやすいんでしょうけど、個人的には違和感がありました。

【不満】雪道の悪路走破性が期待以下

今回借りたのが2WDモデルというもともありますが、C-HRの雪道の悪路走破性は期待以下でした。やや勾配のある坂道で完全に停車した状態から発進する時にタイヤが空転して全く進めなくなりました。

前を走るミニバンもハマって立ち往生しているような道路だったので仕方ないですが、もうちょっと走ることを期待していましたが、想像よりも雪道に弱いようです。。

雪道を走る機会が多い方は、最低でも性能の良いスタッドレスを履くか、4WDモデルの検討をおすすめします。

まとめ

今回はタイムズレンタカーで借りたトヨタ C-HRについて紹介してみました。

実際にC-HRに乗って運転してみて、本当に売れている理由が分かった気がします。街乗りからロングドライブも快適にこなせる乗り心地の良いクルマでした!車高が高いので運転もしやすく、ボディサイズも手頃なので運転もしやすかったです。


一方で悪路走破性については疑問が残りました。
雪道を走るなら4WDモデルを検討した方が間違いないですね。。見かけでは走りそうなイメージだったのですが、実際走ってみると意外と「おや??」ってなりました。

あくまでsugiの個人的な感想となりますが、クルマの購入を検討されている方や、レンタカーで乗る機会のある方の参考になれば嬉しいです!

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で