スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

タイトルにもあるとおり、卒業や中退などで使わなくなった大学や専門学校の教科書は売れるというお話をしたいと思います!引越しをする前に荷物を減らせば、引越し費用も抑えられるのでおすすめです。

使わなくなった大学や専門学校の「教科書」「専門書」は売れます まさか古紙回収じゃないよね…

大学・専門学校を卒業するみなさん、卒業おめでとうございます。この記事を読んでくださっている方の”ほんの一部”は中退や退学された方もいると思いますが、、 使っていた教科書が不要になるということは、そういうことなのでしょう。とにかくおめでとうございます!!

さて、学校を卒業すると4年間分(大学院まで行くならその倍)の「教科書」「専門書」が手元に残りますよね。。

sugiは専門学校だったのですが、大学に進学した友人を見ているとエグい量の参考書や専門書を持っていたりします。1年分でも結構な量ですが4年分+大学院まで進んだ方は2年分なので結構な量であると思います。

これ、みなさんはどうしてますか??
まさか廃品回収なんかに出して、、ないですよね?(笑)

使い終わった「教科書」「専門書」の行方

❍ 友人・兄弟などに譲る
❍ 「俺頑張ったなー」って思い出に浸るため倉庫や額縁に入れて永久保存
❍ いつか見返す”はず”なので手元に保管
❍ ブックオフに持って行く。一部は買取り成立・半分は値段付かず嘆く
❍ 迷わず古紙回収!

実際に大学生の友人に聞いてみたところ、使い終わった「教科書」や「専門書」は部屋の片隅でホコリを被っているそうです。ある友人は、邪魔なので古紙回収に出したそうです((sugiの周りにも残念な人がいました))

なかには「フリマ販売」している友人もいた

sugiの周りの友人のなかには、状態が良い本はメルカリなどのフリマで売ってみたようです。

しかし、本によってすぐに売れたり1ヶ月経っても売れなかったり、発送が面倒だったり、送料の方が高くなったりで結局途中で断念してしまったようです。

使い終わった「教科書」や「専門書」でも一定の価値は残る

大学や専門書の教科書は買うときも高額ですから、使い終わった・読み終わった本であっても一定の価値が残ります。

もちろん本の種類によりますが、書き込みなどがあっても教科書や専門書であることは同じなので、正しく価値を理解してくれる業者に買い取ってもらうことで街なかにある本買取のお店や中古屋よりも高く買い取ってもらうことができます。

ポイント!

教科書や専門書は価値を理解した「専門業者」に査定を依頼しよう!

「教科書」や「専門書」の買取は「テキストポン」がおすすめ

教科書や専門書を高く売りたい場合は専門業者に買取を依頼するのがおすすめです。なかでも、買取実績が豊富で買取価格の満足度も高い「テキストポン」という会社がおすすめです。

参考書や専門書は買取専門店の方が高く売れる
テキストポン」がおすすめの理由

❍ 書き込みのある本でも買取OK
❍ 表紙カバーがなくても買取OK
❍ 冊数が多いとボーナス/送料無料
❍ 5冊以上売ると送料無料
❍ 会員登録は不要

大学・専門学校の「教科書」「専門書」を専門に買取を行っている会社です。買取する商品を絞ることで他社よりも高い買取金額を実現しています。会員登録なども不要なのもおすすめポイントです。

書き込みがあったりカバーがなくてもOK!

他社では金額が絶対に付かないような書き込みやマーカー跡がある本でも「テキストポン」では高価買取してもらえるケースが多いです。ここまでガッツリ書き込みがあっても買取の対象になります↓

スポンサーリンク

5冊以上売ると送料無料

さらに、5冊以上送れば送料が無料になります。
教科書だけでなく専門書なども合わせて冊数を確保して送ると買取金額UPも期待できます。もしも、冊数が少ないなら友人と一緒に査定に出すのも良いかも。

教科書や専門書の買取専門業者がいる背景

高校・大学は義務教育ではないため学費はもちろん、教科書や専門書などの教材費も自費負担になります。みんながみんな大学進学の費用を難なく出せている訳ではありませんからね。。

お金がある学生なら全く問題ないですが、奨学金を借りて勉強したい学生にとっては、4年分の教材費はかなり痛い出費です。それ以外にも遊びや交流などで面白いぐらいお金が消えていきます。

そんな背景もあり、最近の学生は節約を意識している方も多いです。資金が限られた学生にとって、中古の教科書や専門書はとても有り難い存在であるはずです。1冊ではわずかですが、すべての教科書や専門書を中古で買うとかなり節約が期待できます。

専門業者に買い取られた教科書や専門書は綺麗にクリーニングされてから再販されます。

「テキストポン」で買取対象になっている教科書・専門書の一例

テキストポンで買い取ってくれる書籍の一例はこんな感じ。以下の学部以外にも、買取対象になっているものがあるので詳細は問い合わせてみてください。

スポンサーリンク
買取可能な学部の一例

❍ 大学・学部例
❍ 法学部
❍ 医学部
❍ 歯学部
❍ 医療福祉学部
❍ 医療技術学部
❍ 医療福祉マネジメント学部
❍ 獣医学部
❍ 社会福祉学部(介護福祉系)
❍ 生命科学部
❍ 工学部
❍ 文学部
❍ 理学部
❍ 農学部
❍ 経済学部
❍ 商学部
❍ 経営学部
❍ 政治経済学部
❍ 社会科学部
❍ 産業社会学部
❍ 教養学部
❍ 教育学部
❍ 薬学部
❍ 芸術学部
❍ 国際関係学部
❍ スポーツ科学部
❍ 危機管理学部
❍ 生産工学部
❍ 生物自然科学部
❍ 人間科学部
❍ 国際教養学部
❍ 国際関係学部
❍ 映像学部
❍ 心理学部

もちろん値段が付かない本もある

もちろん値段が付かない本もあります。

過去の例は以下のとおりでした。

買取NGだった本の例

❍ ISBNコードの無い商品
❍ ISBNコードのない古い市販書籍(発行後25年以上経過した書籍で古書にあたるもの)
❍ 問題集(資格試験など)
❍ コミックス、文庫本など、専門書以外の書籍
❍ 小中高の教科書
❍ CD、DVD、ゲーム等のホビー商品
❍ 著しい汚損、破損のある商品
❍ ページが抜けているもの

残念ながら、ページが破れている本は売れない場合が多いです。しかし、書き込みがあっても買取OKなのは大きな強みだと言えます。

大学・専門学校の「教科書」「専門書」を高く売るためのポイント

最後に大学・専門学校の「教科書」「専門書」を高く売るポイントを紹介します。買取に出す前に参考にしてみてください。

改訂前に売る

教科書も鮮度が大事です。本が新しく改訂される前に買取に出した方が良いです。4年分まとめてよりも1年、2年毎の方が良いです。ただ置いてるだけの本があれば、なるべく早めに買取に出してみてください。

まとめて売る

「質より量」とは言いませんが、1冊2冊より10冊・20冊と同時に出した方が買取価格も付きやすくなります。業者は送料なども考えているので、まとめて売るのがおすすめです。

綺麗にしておく

人間誰でも「第一印象」が重要です。本も同じで、売る前にできる限り綺麗にしておくと買取価格がアップする場合があります。

対策としては…

買取査定を高くするポイント!

❍ 付箋を剥がす
❍ 鉛筆の書込みは消しゴムで消す
❍ 裏表紙にマジックで書かれた名前は100均に売っている除光液で消せる
❍ 表紙カバー・付属のCDなどを同梱する

まとめ

いかがだったでしょうか。

大学を卒業して不要になった教科書がある方・使わなくなった本が本棚から溢れかえっている方にはおすすめのサービスです。ぜひ古紙回収に出さないで、ブックオフなど専門でない業者ではなく、教科書の買取を専門に行っている業者に相談してみてください。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で