スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)
趣味で自作PCを何台も作ったことがあるsugiです。

タイトルにもあるとおり、今回は「デスクトップPCの内部は定期的に清掃した方しないとこうなる」という紹介をしたいと思います。自作PCに限らずデスクトップPCを使っている方はご参考までに、、

1年前に友人に作った自作PCの内部がエグかった

1年ほど前にsugiは友人に頼まれて自作PCを作成したことがありました。久しぶりにその友人の家に遊びに行く機会があって、自作PCの内部を見る機会があったので蓋を開けて確認してみると↓↓

自作PC掃除
パソコン汚い
自作PC ホコリ 故障の原因

めっちゃ汚れてる!!

スポンサーリンク

もうね、汚いとかいうレベルじゃないですね。パソコンって精密機器なんですが、、

パソコンは空気を循環しているからホコリが溜まりやすい

多くのパソコンは空気を循環することで排熱する「空冷」システムですから、ご存知のとおり扇風機のようなファンがあちこちに取り付けられています。自作PCはとくにケースサイズが大きくなりがちなので、ホコリが溜まりやすいです。

内部の清掃は半年に一度ぐらいがおすすめ

使用環境にもよりますが、パソコン内部の清掃は半年に一度ぐらいがおすすめです。1年間放置しただけでここまでホコリがたまるので、エアスプレーなどを活用してファンや内部の掃除をするのがおすすめです。

内部のホコリは火災や感電の原因になる

パソコン内部にホコリが溜まっていると、火災や感電などの原因になり大変危険です。パソコンだけが壊れて終わりならまだマシですが、パソコンが原因で家が全焼なんてことはシャレにならないので、点検と清掃は定期的に行うようにした方が良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最近のパソコンは多少のホコリや汚れでも平気で動きますし、壊れにくくなっていることもあり、見えない内部のホコリまで目が行き届かないことが多いのではないかと思います。

でも、半年に一度、いや1年に一度でもいいので定期的にパソコン内部を覗いてみてください。汚れが酷いならすぐに掃除するのがおすすめです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で