スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

昨年のPayPay(ペイペイ)キャンペーンで新型Macbook Air(2018年モデル)を購入したsugiです。


いつもは15インチのMacbook Proを愛用しており、スペック的には大変満足していますが、、

やっぱり(重量が)重い!!

APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3/2.4GHz Dual Core i5/8GB/256GB/Iris Graphics) ME865J/A

15インチのMacbook Proを持ち歩いてると地味に体力が削られます。あとカバンも選ぶので、移動は必然的にリュックになったり、、

Inateck 15.6インチリュック USB充電ポート 撥水加工 バックパック【2019年最新改良版】
Inateck


そんななかPayPayキャンペーンが12月に開催されたので、この機会に新型Macbook Airを買っちゃいました(笑)

購入から1ヶ月ほど使ってみての感想や、新型Macbook Airの購入を検討されている方が気になるポイントをまとめて紹介したいと思います!

新型Macbook Airの購入を検討されている方は参考にしてみてください。


PayPay(ペイペイ)を使ったときの記事はこちら↓

目次

新型Macbook Air 2018年モデルのスペック

この記事でレビューしているMacbook Air 2018年モデルのスペックは下記のとおりです。

モデル/型番Macbook Air 2018年モデル(MREE2J/A)
CPU1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、4MB L3キャッシュ
メモリ8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
※オプションで16GBメモリに変更可能
ストレージ128GB PCIeベースSSD
※オプションで256GB、512GB、1.5TB SSDに変更可能
ディスプレイ/解像度Retinaディスプレイ / 2,560 x 1,600
グラフィックスIntel UHD Graphics 617
Thunderbolt 3対応の外付けグラフィックプロセッサ(eGPU)に対応
バッテリー稼働時間最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大13時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間
50.3Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
30W USB-C電源アダプタ、USB-C電源ポート
拡張性2つのThunderbolt 3(USB-C)ポート搭載:
・充電
・DisplayPort
・Thunderbolt(最大40Gbps)
・USB-C 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
寸法/重量高さ:0.41~1.56 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
重量:1.25 kg
購入金額145,573円(税込)

sugiが購入したモデルは、市販されているMacbook Air 2018年モデルのなかで一番安いモデルになります。

旧型Macbook Airは10万円以下で購入できていましたが、新型はおよそ13万円〜と購入価格が高くなってしまいましたね、、

そのほか、Apple公式サイトにてカスタマイズ(BTO)した高性能モデルもあります。

新型Macbook Air 2018年モデルの用途

新型Macbook Airはどこまで処理性能(スペック)があるかを紹介していきます。
用途の参考にしてみてください。

ネットサーフィンや文章作成は問題なし!

Macbook Airはあくまでサブ機として使いたくて購入したので、はじめから重たい作業は想定していません。

ネットサーフィンして、WordPressでブログ書いて、請求書作ったり経理で使ったりするのがメインになります。

1ヶ月ほど使いましたが、この程度の作業は問題なく快適にできました!


ちなみにsugiはこんな感じの用途で使っています↓

Macbook Airの用途

❍ WordPressでブログ書く
❍ ネットサーフィン
❍ 経理&請求書発行など、文書作成
❍ 出先でのプレゼン
❍ 軽めの現像(Adobe Lightroom)
❍ Photoshop、Illustratorでの作業

現像(Adobe Lightroom)やPhotoshop、Illustratorも動く!

上記で紹介した用途の太字部分は、比較的スペックが必要とされる作業になってきます。

Macbook Airのなかでは一番安いモデルを購入したのでスペック的な不安はありましたが、思ったよりも快適に動作している印象でした。


もちろん扱うファイルサイズに依存しますが、PhotoshopやIllustratorでWebカンプデータを編集したり、LightroomでRAW現像もサクサク動作してくれていました。

もちろん、Macbook Proに比べると若干もたつきはありますが、たまにPhotoshopやIllustratorを開いたり、写真を現像したり、映像をちょっと加工したい。といった用途であれば問題なく使えると思います。

毎日重たい作業をする予定がある方や、動画編集をメインで考えている方は、最初からMacbook Proを買うことをおすすめします。


MacBook Pro 15インチモデルのレビューはこちら↓

新型Macbook Air 2018年モデル 開封

新型Macbook Air 2018年モデルを開封していきます!

いま使っているMacbook Proはシルバーなので、今回はゴールドを買ってみました。


いつもとおりの化粧箱↓

お店の展示機でも触りましたが、開封しながら「薄っ」「軽っ」って思わず声が出ました。

それぐらい薄くて軽いのが今回の新型Macbook Airです。


天板のリンゴマークは光らない鏡面仕上げに↓


旧型Macbook Airよりも薄くなり、さらに洗練された感じになりました↓


裏面も凹凸がなく、本体とディスプレイの僅かな隙間(排熱用)しか穴がありません↓

もうね、ホントApple製品は美しいです。
一応仕事道具なんだけど、どこか芸術品を買ってる感覚があります。

付属品

新型Macbook Airの付属品はこんな感じ。

説明書一式、Appleシール、充電器、Type-Cケーブルが付属します↓

2018年モデルのMacbook AirもType-Cになったことで、現行MacはすべてType-Cに置き換わりました。

これからType-Cが普及していく流れは必然的なので、sugiも2019年内を目処に手持ちのガジェットをType-C対応製品へ移行していこうと考えています。

でないとケーブル多すぎて、外出時の荷物が増える一方ですからね(笑)


旧型MacBook Air 11インチモデルのレビュー↓

旧型Macbook Airよりも薄く、軽く、美しく進化

新型Macbook Airは旧型よりも薄く、軽く、美しく進化しました。

それぞれの違いをポイントで紹介していきます。

旧型Macbook Airよりも軽量・コンパクトに

旧型Macbook Air(13インチモデル)と比較して100gほどより軽量化されいてます。

数字上ではいまいちピンとこないですが、実際に使っていると新型Macbook Airの軽さを実感できると思います。

毎日15インチのMacbook Proを持ち歩いているsugiにはなおさら軽く感じます(笑)

待望のRetinaディスプレイを採用!ベゼル(画面の枠)が細くなり画面が見やすくなった!

新型Macbook Airはついに?ようやくRetinaディスプレイを採用しました。

Macbook Airユーザーは待ちに待っていたのではないでしょうか。

画面解像度は旧モデルより大幅に向上。

文字はくっきり鮮明に、映像は美しく、画面領域を広く使えるようになったことで操作性が大きく向上しました。

sugiが最終的にMacbook Airの購入を決定した大きなポイントの1つがRetina対応でした。


さらにベゼルが細くなったことで、よりスタイリッシュで映像への没入感が高くなったのもポイントです↓

カラーバリエーションは「ゴールド」「シルバー」「スペースグレイ」の3色

新型Macbook Airのカラーバリエーションは「ゴールド」「シルバー」「スペースグレイ」の3色に増えました。

旧型Macbook Airはシルバーのみだったので、新型Macbook Airの方が見た目や斬新さがあります。

ちなみにsugiがゴールドを購入した理由は、かっこいいと思ったのと、金運アップと、PayPay特需で在庫がこれしかなかったからです。

キーボードは新型バタフライ構造を採用! めっちゃ打ちやすい

キーボードは新型バタフライ構造がされています。

現行Macbook、Macbook Proに使われているキーボードより安定性が向上しており、かなりタイピングがしやすくなっています!

あと、旧型よりも若干ではありますがタイプ音が静かになった感じがします。

このキーボードは好き嫌いが分かれるようですが、sugiは好き派です。

キーボードの安定感はsugiが使ってきた歴代Macの中で一番しっくり来ました。

もちろんLEDバックライトも内蔵しているので、暗い場所でも使えます。

トラックパッドは大きく使いやすくなった!

トラックパッドは旧型Macbook Airよりも大きくなりました。

sugiはこのサイズのトラックパッドを使うのは初めてですが、やっぱり使いやすいですね!

スポンサーリンク

このサイズのトラックパッドを一度使うと、旧型の小さなトラックパッドでは若干不満が出てくるかもしれません。

新型Macbook Airはマウスを使わずトラックパッドオンリーで満足しています。

新しくtouch IDが搭載! あると便利だね!

新型Macbook Airにはtouch IDが搭載されています。

iPhoneでもおなじみのやつですね。

Macのログイン/ロック解除はもちろん、Webフォームパスワード入力や、ロックしたメモ帳の閲覧、Web決済(Apple Pay)などの入力手間を激減させてくれます。

sugiはネットで買い物をする機会がとにかく多いので地味に嬉しいです。

新型Macbook Airには電源ボタンがない!? 画面を開いたら起動する、、

ちょっと驚いたのが、新型Macbook Airには電源ボタンがありません。Macを開くと自動で電源が入ります。

Macをスリープ/再起動するには、画面を閉じるか、リンゴマークから「スリープ」を選択します。

Macを強制終了したい場合は、touch IDボタンを強めに5秒以上押す必要があります。

新型Macbook Airは内蔵スピーカーの音質が大幅に向上! これはすごい!

新型Macbook Airの内蔵スピーカーの音質、マジでヤバいです!

めっちゃいいです( ・∀・)イイ!!

公式のPVを観ていて「へぇ〜、スピーカー進化したんだ」程度に知っていましたが、実際に聴いてみると「君、どこからそんな音出してるの?」って感じで聴こえます。

まず旧型のMacbook Airとは全く別物と考えて良いです。それぐらい進化しています。

旧型よりも低音がしっかり出るようになりクリアな音を出してくれるスピーカーです。

癖は少ない方だと思うので、万人受けする聴きやすいスピーカーだと思います。

いつもはBOSE Companion20で音楽を聴いているのですが、最近はMacbook Airのスピーカーがお気に入りです。

深夜とか大きな音を出せないけどスピーカーで音楽を楽しみたい時にちょうどいい感じです。


YouTubeで映画の予告編を再生してみましたが、映画鑑賞も全然イケちゃいます。

いま使っているMacbook Proよりもいい音してます。

旧モデルを知っているからかもしれませんが、新型Macbook Airを使いはじめて一番感動したのが内蔵スピーカーだったりします(笑)

新型Macbook Airは100%再生アルミニウムから作られている!

Macbook Airの新製品発表会で、Retinaディスプレイ対応の次に歓声が上がったのがこれ。

新型Macbook Airには、Appleが開発したアルミアロイ(100%再生アルミニウム)が採用されています。

新しいアルミニウムを一切採掘することなく、再生アルミニウムを使用しながらこれまでと同じ強度、耐久性、仕上がりを実現しています。

環境に優しいのは大変素晴らしいことですね!

Macbook Pro15インチ/iPad Pro 10.5インチ/新型Macbook Airと大きさ比較

いま持っているApple製品で大きさを比較してみました。

一番下から、Macbook Pro 15インチ、新型Macbook Air、iPad Pro 10.5インチモデルです↓


横はこんな感じ↓

新型Macbook Airの画面サイズは13インチですので、MacBook Pro 15インチとiPadとの中間ぐらいのサイズ感になります。

毎日MacBook Pro 15インチを持ち歩いているのでかなり小さく感じました。

改めて思ったのは、やっぱりパソコンのベストサイズは13インチぐらいですね。

15インチは画面領域が広いし、使い勝手は最高だけど持ち運びは△なので用途別にパソコンを使い分けて行きたいと思います。。

新型Macbook Airのモバイル性はめちゃくちゃ優秀!

新型Maのモバイル性に感心したので紹介したいと思います。

前記した、軽い、薄いというのは大前提で、ここからはもっと機能的なお話です。

まだ1ヶ月しか使っていませんが、めっちゃ感激しています。

新型Macbook Airはバッテリーの持続時間が長い!

まだ買ったばかりの新品ということもありますが、新型Macbook Airのバッテリー持続時間はなかなか優秀です。

公式では、最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧/最大13時間のiTunesムービー再生/最大30日のスタンバイ時間と紹介されいていますが、体感的にこの数値に近いと思います。

外で一日中バリバリ使ってもまだ充電が残っており、次の日のお昼分ぐらいまでの作業ができました。

もちろん使い方に大きく影響される部分ではありますが、二泊三日ぐらいの旅行であれば充電器なしでもイケちゃうかもしれませんね。

充電器が小さく互換性があるので便利!

新型Macbook Airの充電はType−Cケーブルで行います。

付属のケーブルは2mの長さがありますが、それでもコンパクト↓


さらに、ACアダプターにあたるコンセント部分は手のひらサイズの超軽量&小型タイプです↓


いつも持ち歩いていたMacbook Pro 15インチのACアダプターと比較するとこんなに差があります↓

なるべく荷物を減らしたいシーンでは、付属品が小さくなるのはとても嬉しいです。

またType-Cが普及してきたことで、充電器やケーブルを統一できるのも嬉しいポイントです。

新型Macbook Airはモバイルバッテリーから充電・給電ができる!

新型Macbook Airはモバイルバッテリーから充電・給電することができます。

これが新型Macbook Airを気に入った理由の1つです。

注意点として、モバイルバッテリーの性能によって充電できるか・給電(本体は充電できないが内蔵バッテリーの消費を抑えられる)の2つがあります。

PD対応のモバイルバッテリーであれば充電することができます↓


一般的なモバイルバッテリーであれば給電することができます↓

上記はsugiがいつも愛用しているCellevo(セレボ)のモバイルバッテリーで24,000mAhの大容量なので重宝しています。

こちらは給電のみ対応となりますが、Macbook Airを買ってから活躍の機会が増えました。

新型Macbook Airの拡張性には違和感が残る

最後に不満を1点だけ書こうと思います。

これは最近のApple製品すべてに当てはまることですが、Macbook Airの拡張性にはまだ違和感があります。

Type-Cが優秀な規格だというのは分かっていますが、まだまだ世間ではUSB-AやSDカードが使われています。


なのにType−Cが2ポート、反対側にイヤホンジャックがあるだけ↓

時代の流れと受け止めるか、改悪と嘆くか、、

人それぞれだと思いますが、せめてUSBポートぐらいは残して欲しかったというのが本音です。

予算に余裕があればストレージ容量は256GB以上がおすすめ

予算に余裕があればストレージ容量は256GB以上がおすすめです。

Samsung 外付けSSD T5 250GB USB3.1 Gen2対応 【PlayStation4 動作確認済】 正規代理店保証品 MU-PA250B/IT

実際に買って使ってみましたが、サブ機でも128GBのストレージは若干心もとない感じがします。

普通に使いはじめてまだ1ヶ月ですが、すでにストレージ残量が37GBになってます(笑)

予算的に厳しいようであれば、外付けのポータブルHDDの購入も検討してみてください。

新型Macbook Airを買ったら一緒に買いたいアイテム

新型Macbook Airを買ったら一緒に買いたいアイテムを紹介しておきます。

「Type-C USBハブ」新型Macbook Airにも対応

新型Macbook Airにも対応している「Type-C USBハブ」を購入しておくと便利です。

というか必需品ですね。

従来のUSB、Type-C、SDカード、HDMI、Thunderboltなどが同時に接続できるドッキング型のUSBハブがおすすめです。

OneOdio USB C ハブUSB Type C ハブ MacBook Pro 13"/15" 2016&2017対応 4K HDMIポート USB 3.0ポート*2 Micro SD/SDカードリーダー サンダーボルト3 充電ポートドッキングステーション アルミニウム (7in1ケープル)

新型Macbook Airに対応したガラスフィルム

新型Macbook Airは画面とキーボードとの隙間が少ないです。

本体に圧力がかかると画面にうっすらキーボード跡が残ってしまうことがあります。

拭き取れば問題ありませんが、汚れが気になる・大切に使いたいと思っている方はガラスフィルムを貼るのがおすすめです。

A-VIDET MacBook Air 2018 フィルム 2018年11月7日発売 MacBook Air 13インチ 2018 ガラスフィルム 9H硬度の液晶保護 0.3mm 超薄型 アサヒガラス採用 耐指紋 撥油性 高透過率 2.5Dラウンドエッジ加工

新型Macbook Airに対応したケース

持ち運びに便利な新型Macbook Airに対応したケースはこちら。

高品質革 超薄型本革 ビジネスバッグケース 12インチ/AIR13.3インチ/新型PRO13インチ/DELL保護ケース PCケース パソコンケース スリーブ 封筒型スプリットレザーバッグ New MacBook Pro 13 (2016 / 2017)など対応 衝撃吸収 ビジネス 手提げカバン 男女兼用 コンピューターバッグ 携帯便利 PC収納ケース 電源収納付き (AIR13.3インチ 深グレー)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は新型Macbook Air 2018年モデルを購入したのでレビューしてみました。

感想として、新型は旧型Macbook Airとは全く別のパソコンとして生まれ変わったと感じました。

sugiはサブ機として使うために購入しましたが、あまり重たい処理をすることがなければメインPCとして使えるだけのポテンシャルは十分にありました。

これからパソコンを買い換える・新規で購入する予定がある方で、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で