スポンサーリンク

こんにちは、BMWの購入を検討している過走行スイフトオーナーのsugiです。実は先日、BMWディーラーへ試乗に行ってきました!!


BMWは以前から気になっていたのですが、なかなか一人で入りにくかったので、、

車好きの友人と一緒にBMWに乗ってきました!!


今回は、2台のBMWに試乗してきたので試乗レポート・自分用の備忘録として書いておこうと思います!これからBMWに乗りたい・購入を検討されている20代の方は参考までに。

※いますぐではないですが、来年5月を目処に購入を検討しています。
冷やかしとか、そういう類ではありません。

なにかと敷居が高いイメージの「輸入車ディーラー」 だけど実際どうなの?

BMW正規ディーラーに限らずベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンなどの輸入車ディーラーって雰囲気的に入りにくい感じがあるんですよね(笑)

こっちは購入する意思が明確にあっても「20代の若造が行って相手してくれるのかなー」とか「ちょっと敷居が高い」「どこか入りにくい」「気軽に遊びに行くお店でない」といったイメージがあります。おそらくsugiと同じような印象を持っている方は少なくないと思いますが、、

BMWを新車で購入した場合、一番安いモデルでも300万円以上しますし、車種やオプションをてんこ盛りにすれば上限なく1千万円を軽く超える車もあります。

なので本当に車が好きだとか、購入を考えてないとなかなか行くのを躊躇しちゃいますよね。。

BMWディーラーの対応はかなり丁寧

しかし実際に行ってみるとBMWディーラーの対応はかなり丁寧でした。

20代そこらの“あきらかに買わないだろ”って雰囲気のsugiが行っても、丁寧に対応してくれましたので、みなさんも安心して行ってみてください(笑)

駐車場に入るとすぐに店内から営業マンが出てきて店内までスムーズにエスコートしてくれます。

BMW 3シリーズの購入を検討中

冒頭でも書きましたが、sugiは来年の5月を目処にBMW 3シリーズの購入を検討しています。

ほかのメーカーで検討中の車種もありますが、BMWであれば3シリーズを買うことはほぼ確定です。

ただ、3シリーズのなかにも幾つか種類があって、ガソリン/ディーゼルにするか、スポーツ/ラグジュアリーにするかで悩んでいます。

BMW 3シリーズ 候補リスト

【第1候補】BMW 320d (Mスポーツ)
【第2候補】BMW 320d (ラグジュアリー)
【第3候補】BMW 320i

予算はざっくり200〜300万円ぐらいで収まるのが理想で、この価格帯だと中古のBMW(3年落ち/3万キロ以下/事故歴なし)は余裕で買えます。

この時点で新車は予算不足なのですが、値引き金額や条件が折り合えば多少割高でも新車で購入することも視野に入れて検討していました。

下手に型落ちBMWを買って高額な修理代で泣くのも嫌ですし、なによりはじめての輸入車なのでディーラー保証が受けられるクルマということを前提に考えています。

BMWディーラーは22歳でも試乗させてくれた!

BMWディーラーでは免許を持っていれば22歳でも試乗させてくれました!今回は予約/事前連絡なしで行ったのですが店内も割と空いていたようで、、

普通に試乗できました(笑)

混んでいなければ予約なしでも試乗できるようです。免許証があれば年齢も特に関係ないような感じでした。

スポンサーリンク
試乗は事前予約がおすすめ

予約なしで行ったこともあり、sugiが購入を検討している3シリーズの試乗車の在庫がありませんでした。。

そこで今回は営業さんの提案で、2台のBMWに試乗することになりました。どうしても試乗したい車種がある場合は事前予約がおすすめです。

BMWの試乗コースはやや長め

BMWの試乗コースは体感的にやや長めだと思います。

以前、千葉で新型スイフトを試乗した時や、新型プリウスを試乗したときよりもBMWの試乗コースの方が長かったです。

正確な時間は覚えてませんが、1台あたり2,30分ぐらい乗っていたと思います。コースとしては、若干の渋滞・信号待ち、直進、急カーブなどがあり、様々なシーンでBMWの走りを味わうことができました。さらに、購入を前向きに検討している前提であれば、高速道路などの試乗も可能な場合があるようです。

2018年式 BMW 218d(ディーゼル) ラグジュアリーに試乗

まずは新型のBMW 2シリーズ(218d アクティブ ツアラー ラグジュアリー)に試乗しました。2018年式の2リッターディーゼルエンジンを搭載したモデルです。

sugiが乗りたかった320dがなかったため営業さんの提案で「BMWのディーゼルエンジンを体感してもらえるように」という理由から思いがけず2シリーズに試乗しました。

sugiは2シリーズについて全く興味・関心がありませんでしたが、いざ乗ってみると、これが思った以上に良い車なんですね(笑)

※ここからの試乗記はあくまで個人の感想です。気になった方はこの記事を読み返すよりBMWに試乗に行くことをおすすめします。

内装の質感はさすがBMW!もう大好き!

内装はさすがBMWです!いいです!最高です!

BMWの内装はシリーズ毎に違いはあるものの、2シリーズや3シリーズについて言えば、ベンツのような派手さや豪華さなどはないですが、シンプルで実用性を全面に押し出している感じが大好きです。

とはいえ、目につく1つ1つのパーツやステアリングには上品さと程よい高級感があるので良い感じです。実際に座ってハンドル握れば分かります。


座って一番最初に目につくメーター周りはこんな感じ。
電子メーターが搭載されており視認性はかなり良いです↓


2シリーズの価格設定は、370万円からとなっており、sugiが検討している3シリーズより100万円ほど安い価格設定になっています。なので、試乗中に「やばい。2シリーズ、良いかも」って思うシーンが何度かありました。

BMW 2シリーズ(2018)の内装で感じたこと

❍ 内装の質感は高い。所有欲が満たされること間違いなし!
❍ 高級感があるが嫌らしさはない。上品で洗練されてる感じ!
❍ ステアリングめっちゃ握りやすかった!
❍ 電子メーターは視認性抜群! タコメーターの動きが面白い!
❍ 写真ではナビ画面が小さく見えるがサイズ感は丁度良い!
❍ アクセルは「オルガンペダル」

スポンサーリンク

エンジンはディーゼルエンジン(軽油)

エンジンはディーゼル(軽油)の直列4気筒DOHCディーゼルを搭載しています。
JC08モードでの燃費は22.2km/hとなっています。

BMWのディーゼルエンジンってどうなの?

BMWのディーゼルエンジン、めっちゃ良いです!実際に乗ってみてBMWのディーゼルエンジンモデルを一層購入したくなりました!

試乗前から気になっていたディーゼルエンジン独特の「カラカラ音」は確かに聴こえますが、一度走り出してしまえばほぼ気にならないレベルだと感じました。これなら全然アリです。気になっていた車内の静粛性も高く、エンジン音・風切り音などを含め時速60km/hぐらいの街乗りでの不満はほぼ無いです。

なにより走りが気持ち良いです。ディーゼルエンジンらしい低回転域の力強いトルクがとても気持ち良いです。信号待ちからの加速力はなかなかのものです。

さらに、ガソリンエンジンモデルよりも燃費も良いので過走行オーナーのsugiとしてはお財布に優しいので助かります。

乗り心地はやや柔らかめ

2シリーズのなかでも「ラグジュアリー」というグレードに試乗したのですが、乗り心地はsugiがいま乗っているスイフトより柔らかめだと感じました。

柔らかいと言ってもフニャフニャした感じではなく、段差を乗り越えた時のショックがマイルドで心地良さがある感じです。揺れもすぐに収まる感じでした。「乗り心地が良い」「快適」という視点でかなり良い印象を受けました。

スポンサーリンク

装着しているタイヤはランフラットではなくノーマルタイヤだったことも1つの要因だと思いますが、この直後に乗った3シリーズ Mスポーツと比べるとその差は明らかでした(こっちはランフラットタイヤを装着)。

安定性・カーブでの挙動

直進安定性はもちろん、カーブなどコーナリング性能も良かったです。60km/hぐらいの速度でカーブに進入してもスーッと曲がる安定感がありました。

総評

最初は全く興味がなかったBMW 2シリーズでしたが、いざ乗ってみると「2シリーズという選択肢も悪くないかも」と思ってきました。

sugiはどうしても3シリーズのセダンに乗りたいので2シリーズは買わないですが、また機会があればじっくり乗ってみたいクルマでした。

BMW 2シリーズがおすすめなユーザー

❍ 子供がいるけどBMWに乗りたい!
❍ 経済的だけど走りも楽しみたい!
❍ 後席が広くて快適な車が良い!
❍ 高級感も忘れたくない

BMW 318i Mスポーツ(2018年モデル)に試乗

さて、お次はいよいよBMW 3シリーズです!!

スポンサーリンク

試乗車の都合で、試乗したのはBMW 318i Mスポーツ。
320dとはだいぶ違いますが、ワクワクしながら試乗してきました。

Mスポーツは全体的にシュッとしている印象

Mスポーツなので、ラグジュアリーやノーマルグレードの3シリーズと比べて全体的にシュッとしたスタイリッシュ印象に仕上がっています。

第一印象での感想は「なんか速そうなクルマ」でしょうか(笑)
今すぐ走り出したくなる感じがクルマからも伝わってきます。

エクステリアデザインは落ち着いた印象のラグジュアリーモデルよりもMスポーツの方が好み↓


車内インテリアデザインはこんな感じ。
ステアリングは2シリーズ ラグジュアリーよりも細いデザイン↓

ステアリングの質感は決して悪くないですが、個人的には先ほど乗った2シリーズ ラグジュアリーのステアリングの方が好きでした。使っていると汗でテカってきそうな感じがするんですよね。。


内装は先ほどの2シリーズよりも洗練されている感じがあります。世界中で売れているクルマなので間違いないですね。良いに決まってます。このデザインが好きで、憧れて3シリーズに乗ってみたいと思ったので実物が見れて満足です(笑)

エンジンはガソリン(ハイオク)エンジン

BMW 318iに搭載されているエンジンは、1.5ℓ直列3気筒BMW ツインパワー・ターボ、ガソリン(ハイオク)エンジンです。

JC08モードで燃費は17.2km/ℓとなっており、カタログ値の燃費は悪くない数値ですよね。でもこれが320iになるとこれより燃費が悪いです。

BMW 318i Mスポーツの走りは魅力的

BMW 318iは、3シリーズのなかでも一番価格が安いエントリーモデルになります。((※オプションをてんこ盛りにすれば金額は高くなりますが))

そのためBMW 320iや320dと比べるとエンジンのトルクや加速感が劣るのですが、はじめてBMWを運転するsugiには違いが分からないです(笑)

いま乗っているクルマがスイフトなので大前提として全てがよく見えちゃいます。その前提での感想になりますが、BMW 318i Mスポーツの走りは、ごく普通の一般道も楽しく走れるクルマだと感じました。

走りは軽快で滑らか

走り出しは軽快で滑らかです!あまり踏み込まなくても、ぐいぐい加速してくれます。これが320iや320dになると318i以上のトルクと加速を体感できるということですが、街乗りだけなら318iでも十分快適で楽しいのではないかなと。

これがFRなんだ!カーブが楽しい!

sugiはFRのクルマに乗るのはこれが初めてで、FRの特性としてカーブを気持ちよく曲がれるということは聞いていたのですが、実際に乗ってみると「あぁ、なるほど。こういう感じなのね!」ってなりました(笑)

自分が思った通りにカーブを曲がっていくのは楽しいです!このキビキビ動く感じ、めっちゃ好きです。

足廻りは2シリーズよりガッチリした感じで硬めの印象

足回りは、先ほど紹介した2シリーズよりも固めです。装着タイヤがランフラットタイヤだったので余計硬めに感じたこともあると思いますが、嫌な硬さや不快感はありません。

道路の継ぎ目を乗り越えた時にコツコツと振動が伝わってくるのですが、収まりもよく無駄がない感じです。これ、地味にクセになりそうです(笑)

静粛性

Mスポーツというから、もうちょっとエンジンノイズが聞こえるかと思っていたのですが静粛性は十分でした。個人的に納得レベルの静粛性です。

3シリーズは思ったより車内が広くない

1点だけ不満というか想像と違ったことがありました。
それはsugiが想像していたより3シリーズの車内空間が狭かったこと。

もちろんスイフトと比べるとめっちゃデカいし快適なのですが、香港で乗ったBMW 5シリーズがかなり良かったので、改めて5シリーズと3シリーズの差を感じました、、

総評

やっぱりBMWはかっこいいです!
そしてセダンは最高ですね!

外装・内装ともにスポーティーで、BMW独特の高級感があるのも素晴らしいです。気持ちでは今すぐ買って乗って帰りたいですね(笑)

グレードは異なりますが実際に乗ってみて、より3シリーズが欲しくなりました。「いつか乗る」じゃないくて「近日中に買います!」という気持ちがより一層強くなりました。

【余談】BMWはグレードで維持費は変わらない

BMW 3シリーズでいうと「ノーマル」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」の3グレードが用意されています。

それぞれ内外装の材質や装備品が異なっているのですが、搭載されているエンジンは全て同じになりますので、購入後の整備や維持費に差はないそうです。これからBMWを買おうと思っている方はモデルで悩むことがあると思うので参考までに。

BMW 5シリーズ スペシャル・エディションが展示されていた!

映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」とのコラボモデルであるBMW 5シリーズ(ツーリング)のスペシャルエディションが展示されていました。sugiも先日映画を観てきましたがめっちゃ格好良かったです↓


一般モデルとは以下部分が異なります↓

5シリーズ スペシャルエディションの特長

❍ ボディーカラーが映画と同じ「ブラック・サファイア」
❍ ピアノ・フィニッシュ・ブラック・トリム
❍ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング664Mブラック
❍ ダイナミック・ダンピング・コントロール[530i/530i ツーリングのみ]
❍ harman/kardon サラウンド・サウンド・システム(600W、16スピーカー、9チャンネル・サラウンド)
❍ ハイライン・パッケージ[530i/530i ツーリングには標準装備]
❍ 専用インテリア・バッジ(MISSION: IMPOSSIBLEロゴ入り


このスペシャルエディションは2018年限定で販売されます。

“お金のある”ミッション:インポッシブルファンはぜひ2018年内に手に入れてみてください。残念ながらsugiはまだ買えません、、


運転席はこんな感じ↓

言うまでもなく、めっちゃカッコよかったです!
仕事頑張って“そのうち”買います(笑)

BMWディーラーに来店すると記念品が貰える

余談ですが、BMWディーラーに来店すると記念品が貰えます。
これ欲しさで行った訳ではないですが、sugiは今治タオルをもらいました!今治タオルは手触りが良いですよね。あとカタログも貰ってきました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は2018年 新型BMW 2シリーズと318i Mスポーツの2台に試乗してきました。

BMWや輸入車については、まだまだ知識不足のところが多いのでこれから色々と勉強していこうと思います!

同じくBMWの購入を検討されている方の参考になれば嬉しです!

では

任意保険料が安くなるとクルマの購入も現実味が出てきます

いま乗っているクルマの価値を調べる・売却する方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で