BMW

【保存版】Keeperの最上位コーティング「EXキーパー」を10年落ちのBMW 3シリーズに施工した感想・レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、10年落ちのBMW 3シリーズを大切に乗り回しているブロガーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、Keeper(キーパー)コーティングのなかでも最上位に位置づけられている「EXキーパー」を10年落ちのBMW 3シリーズに施工して貰ったので、感想や施工手順・金額などについて詳しく紹介してみたいと思います!

初めに結論を書くと、施工して大満足でした! 3年ほど前には「クリスタルキーパー」を施工して貰いましたが「EXキーパー」はマジで格が違いすぎてヤバいです。久しぶりに自分の車を見て感動しました(笑)

「Keeper(キーパー)」は街中のガソリンスタンドに併設されているカーコーティンのお店

「Keeper(キーパー)」とは、街中のガソリンスタンドなどに併設されている洗車・カーコーティング専門店になります。このような看板が目印で、車を持っていてガソリンスタンドに行ったことがある方であれば、ほとんどの方が知っているかと思います↓

3年ほど前に「クリスタルキーパー」を施工している

冒頭でも軽く紹介しましたが、3年ほど前に同じくKeeperの「クリスタルキーパー」を施工しています。


「クリスタルキーパー」はお手頃な価格ながらしっかり綺麗な状態が続くため、一般にはクリスタルキーパーがおすすめです↓

「Keeper(キーパー)」って実際どうなの? 7年落ちのBMW 3シリーズに「クリスタルキーパー」を施行してみた感想とレビュー こんにちは、7年落ちのBMW 3シリーズオーナーのsugiです。 タイトルにもあるとおり、今回は「Keeper(キーパー...

感想・評判は「高評価」が多い

sugi自身が前回の仕上がりに満足しているのはもちろん、ネットや車好きの方の間でKeeperの口コミは高評価なものが多いです。

具体的には、仕上がりが綺麗、撥水効果が高い、持続性が高い、施工手順が丁寧、説明が分かりやすいなどなど。車を綺麗に保ちたい方は、Keeperのコーティング施工をぜひ前向きに検討してみてください。

水漏れトラブルで泣く泣くコーティングへ

実は今回、Keeperにコーティングを依頼したのは、上階の水道管が破裂して部屋に浸水したことと、溢れた水が外壁を伝って車に掛かったせいで落ちない汚れが固着してしまったから。

クロスの一部が盛り上がって壁の端から水が漏れてきた↓


こんな感じで部屋も水没しました↓

施工前のBMWがこちら

そして水漏れ被害にあった施工前の車がこちら。
ボディ全体、窓、タイヤまで水玉模様がくっきり付いています。。

自分で拭いたり部分的に洗って試しましたが、外壁の塗料?のようなものが混じっているようで通常の洗車で落とすのは難しい状況。こまめに洗車して大切に乗っていたのに残念でなりません。

補足ですが、年末に撮影した時のボディはご覧のとおりツルテカですからね↓

大家の対応がとにかくずさん

ちなみに今回の水漏れの件で、修理と賠償について再三連絡したのに不誠実な対応をされたので引越すことになりました。。100万歩譲って水漏れは仕方ないですが、ここの大家の対応がとにかく酷すぎる。管理会社を通さず直接管理していて管理共益費まで徴収しているのに大家は謝罪どころか賠償にも一切応じない始末。。

あまりにも酷いので今回のコーティングを含め大家に損害賠償請求を民事裁判で起こす予定です。sugiの辞書に「泣き寝入り」という言葉はありませんので。

ってな感じで正月早々災難に見舞われました(笑)
賃貸トラブルは揉めるので皆さんもお気をつけください。。

Keeperのコーティングメニューについて

Keeperのコーティングメニューは一番お手軽な「クリスタルキーパー」から最上位の「EXキーパー」まで全部で5種類あります。それぞれの特長と価格帯を簡単に紹介してみます。

Keeperコーティングの種類
  • クリスタルキーパー:
    ノーメンテナンスで1年耐久、
    ガラス特有のツヤ感が特徴。一番人気。
    16,600円〜(Sサイズ)
  • ダイヤモンドキーパー:
    ノーメンテナンスで3年間(年1回のメンテで5年耐久)、
    ガラスの厚みと密度が深い艶
    47,500円〜(Sサイズ)
  • Wダイヤモンドキーパー:
    ノーメンテナンスで3年間(年1回のメンテで5年耐久)、
    最上級の美しさがコンセプト。
    「ダイヤモンドキーパー」の2倍の厚み、2倍の輝き
    68,800円〜(Sサイズ)
  • ECOプラスダイヤモンドキーパー:
    ノーメンテナンスで3年間(年1回のメンテで5年耐久)、
    いつの間にか登場してた。自然の雨が洗車になるらしい。
    68,800円〜(Sサイズ)
  • EXキーパー:
    ノーメンテナンスで3年間(年1回or2年に1回のメンテで6年耐久)、
    新車を超える艶。息を呑む、過剰なまでの美しさ。がコンセプト。
    108,100円〜(SSサイズ)

個人的にはコスパ重視ならクリスタルキーパー一択、多少お金に余裕があってツヤ感を出したい・車が好きならダイヤモンドキーパーって感じです。それ以上は車への「愛」が試されると思います(笑)

今回は最上位の「EXキーパー」を施工してみることに

sugiは車への”愛”が深いので最上位の「EXキーパー」をBMWに施工してみました!

Wダイヤモンドキーパーと比較すると金額が2倍違ったので、見積書を見た時に少し躊躇しましたが結果的に施工して良かったと思います(笑)

キーパーのコーティングはそもそものクオリティが高いのでWダイヤモンドキーパーでも十分です。ただ10年落ちの車を鏡面研磨すると表面の皮膜がより薄くなりそうで怖かったので、コーティング層に厚みのあるEXキーパーを選んだという理由もあります。多分そんなことないけど(笑)

EXキーパーの特長は以下のとおり↓

スポンサーリンク

5倍の厚みがあるコーティング被膜

コーティングの皮膜は従来の5倍の厚みがあるそうです。
鏡面研磨で結構削られると思いますが、これだけ皮膜を厚くしてくれれば安心かなと。

触り心地がヤバい

触り心地はベールを纏ったような不思議な触り心地。という表現がされています。
様子はYouTubeにアップする動画でも紹介しますが、この手触り感はマジで感動モノです!

撥水力がヤバい

汚れさえはじく撥水力の高さもEXキーパーの特長の1つ。
これからちょうど花粉や黄砂が飛ぶ時期なので、どんな感じになるのか楽しみだったりします!

「水シミ」「水アカ」の原因を根本から解決

さらに「水シミ」「水アカ」の原因を根本的に解決したらしいです。
まだ施工して1ヶ月しか経ってないので効果は分かりませんが、確かに雨上がりの後の撥水具合を見ると「水シミ」「水アカ」は付きにくいのかなと思います。これは今後の維持がラクになるので楽しみです!

6年間耐久

EXキーパーは1年または2年に一度のメンテナンス(有料)を受ければ、施工から6年間の保証が付いています!
ノーメンテナンスでも3年間は効果が持続するそうです。

そもそもこの車をあと6年乗るか分かりませんが、乗っている間はメンテナンスを引き続きお願いしようと思います!

Keeper(キーパー) PRO SHOP 越谷レイクタウン店に施工を依頼

今回は近所にあるKeeper PRO SHOP越谷レイクタウン店に施工を依頼しました。


洗車スペースはこんな感じ。
4台同時に洗車できるスペースと反対側にはコーティング施工の屋内ブースがあります↓

イオンレイクタウンからほど近い距離なので4号線からのアクセスも良いのも◎

受賞歴多数の実力派

Keeper PRO SHOP越谷レイクタウン店は、Keeperの技術コンテンストの全国大会で優勝した実績のあるスタッフさんが在籍されています。接客はかなり丁寧で疑問点や要望にもしっかり答えていただけたので安心して施工をお任せできました↓

見積もりが想像以上に丁寧だった

ちょっと驚いたのは、見積もりがかなり丁寧だったこと。

今回は通常あり得ない汚れ方をしているというのもあると思いますが、実際にボディの一部をマスキングして汚れの落ち具合などについて丁寧に説明いただきました。作業工程についての説明も丁寧で分かりやすかったです。店長直々に対応・コーティングを施工して貰えたこともあり、想像以上に丁寧だったなと。

EXキーパーの施工手順

EXキーパーの施工手順は以下のとおり↓

全部で3〜4日前後と結構時間が掛かりますが、レイクタウン店では代車の貸し出しもお願いできます。詳しくはお店に相談してみてください。

施工作業を見学してきた!

ブログで紹介したいと相談したところ見学と撮影の許可を貰ったので時折様子を見に行って撮影させてもらいました!

手洗い洗車

まずは手洗い洗車。
ボディ全体の汚れを落とします。

Keeperでは水道水に入っている塩素やカルキ成分を除去する「逆浸透膜法純水精製装置」なるものを通した「純水」を使って洗車してもらえます。これだけで仕上がりにも差が出るというからこだわりが凄いです↓

窓ウロコ除去(付着物磨き)

窓に付着したウロコを除去するためコンパウンドで研磨。
これを素人が真似てやると磨きムラができるのでガラスはかなり難しいんですよね。。↓

フッ素ガラスコーティング(窓)

見逃しましたが、フッ素ガラスコーティングを窓全面に施工。
撥水感はガラコを使った時に似ていますが、手触り感とワイパーの滑り方を見ているとこっちのコーティングの方が良さそうな印象。1年保証で人気のオプションメニューみたいです。

ヘッドライトクリーン&プロテクト(前後)

こちらも見逃しましたが、同時にヘッドライト、テールライトも磨いて貰いました。
曇りや傷は無かったのでほぼウロコ除去での研磨です。

鉄粉落とし

鉄粉落としは特殊な溶剤と粘土クリーナーを使って手作業で作業されてました。
まさかの2人体制で作業されてました↓


下地処理には念入りに時間を掛けるらしく、手でボディを触りながら1面ずつ丁寧に作業されているんだとか↓

スポンサーリンク


細かいモール部分までしっかり施工して頂いてました↓

鏡面研磨

続いて鏡面研磨が行われます。
通常の研磨より時間をかけて行うため時間が掛かるそうです。
貼り方は見ていて参考になりました↓


近づいてみると細かな洗車キズまでだいぶ消えてました!
これは嬉しい!!

これだけでもだいぶ綺麗になってましたが、本番はこれからなんですよね(笑)

スポンサーリンク

EXキーパー施工

いよいよ今回の主役、EXキーパーを施工してもらいました!

EXキーパーはこんな感じのスプレー缶に入っています。液体だと思っていたのでちょっと意外。これを専用のスポンジに馴染ませてボディ全体に塗布していくみたいです↓

※ここからは施工順番が違うかもですが、今回依頼したメニューを一通り紹介していきます。

一度に全体に塗布するのではなく、一部分ごとに塗り進めていく感じなので手際よくやっている風に見えてもかなり手間と時間が掛かる作業という印象でした。ちなみにスポンジとタオルはコーティング剤で固くなってしまうため使い捨てなんだそうです。

樹脂フェンダー キーパー

樹脂フェンダーにもキーパーを施工してもらいました。
黒の艶出し・撥水効果があるため、仕上がり後により一層綺麗に見えるオプションメニューだと思います。マツダ車とか樹脂フェンダーが多いSUVとかはおすすめのメニューですね↓

ホイールコーティング

ホイールコーティングもオプションメニューとして依頼しました。
外車はブレーキダストで真っ黒になる(低ダストパッドを入れても汚れる)ので、ホイールコーティングはおすすめ。施工後に何度か洗車しましたが、めちゃくちゃラクになり快適。

ちなみにタイヤワックスは無料で塗布してくれたみたいです↓

モールプロテクト

モール部分は研磨後にコーティングをオプションメニューでお願いしました。
こちらは黄色でマスキングされているドアとドアの間のパーツ部分なのですが、以前から気になっていたキズがかなり消えたので大満足です↓

自分でポリッシャーとか使っても良いけど失敗が怖くて放置していただけに感激です。

EXキーパー施工後のBMWがこちら

そしてEXキーパーとオプションメニュー盛々で施工が完成したBMWがこちら↓


施工してすぐにレイクタウンの立体駐車場へ。
中古で買った時よりも綺麗になったので感激↓


ローソンの看板もここまで鏡面反射↓

ツヤ感と手触りの良さは期待以上!

ツヤ感と手触りの良さは正直期待以上のものでした!

自分でも色々なコーティング剤を試したり、展示会などで商材を見る機会があったのですが、EXキーパーの仕上がりには大満足でした!!

車に詳しくない人が見たら「これ、新車?」って思うぐらいの輝きは蘇ったのではないかと思います。小キズはほぼ消えたし、手触りは新車以上にツルツルになりました(笑)

1ヶ月経過後

余談ですが、施工して1ヶ月後のボディ状態がこちら。
今日まで一度も洗車していませんが、撥水具合はこんな感じ↓

また、ボディを触った時のスベスベ感は未だ健在。大抵のワックスとかだと1ヶ月もするとボディのスベスベ感は薄れてくるのですが、これは施工時とほぼ同じ感触。これは本当に凄いなと感心しました。

1ヶ月後に無料洗車

Keeperでは、1ヶ月後に無料洗車を1回だけお願いできるので洗車してもらえます。

試しに1ヶ月間、一度も洗わずに放置してみましたが、雨水で汚れが流れ落ちていく様子や汚れの付着がそもそも少なかったり、コーティングの効果を実感できた1ヶ月でした。

2ヶ月目に自分で洗車してみた

EXキーパーを施工して2ヶ月目でようやく自分で洗車してみました。

撥水や艶感、触り心地がコーティング施工時のまま劣化していないのはもちろん、汚れの落ち方が今までのコーティングとは桁違いに良いので、洗車時間は過去最低の15分で完了。EXキーパーでコーティングされた車の洗車時間はマジで短縮できます↓

汚れ落ちとふき取りがめちゃくちゃラクすぎて、15分の手洗い洗車とは思えないクオリティかなと思います(笑)

EXキーパーの施工とオプション費用の合計金額は30万円超え(笑)

最後になりますが、今回のEXキーパーの施工に掛かった費用は以下のとおり。
合計で30万円オーバーでした(笑)

作業名価格
EXキーパー128,500円
鏡面研磨50,300円
フッ素ガラスコーティング7,650円
ヘッドライトクリーン&プロテクト(前後)18,970円
ホイールコーティング16,800円
鉄粉取り3,150円
モールプロテクト5,090円
窓ウロコ除去(付着物磨き)66,000円
樹脂フェンダー キーパー11,600円
合計:308,060円

本来は不要な項目も多数ある

今回はボディに汚れが付着した状態で依頼したため、本来は不要だった項目が何個かあります。

❍ フッ素ガラスコーティング
❍ ヘッドライトクリーン&プロテクト(前後)
❍ ホイールコーティング
❍ モールプロテクト
❍ 窓ウロコ除去(付着物磨き)
❍ 樹脂フェンダー キーパー

これらはもともと綺麗だったので不要といえば不要な項目です。

そのため見積もりが高額になっていますが、BMW 3シリーズのサイズでEXキーパーを普通に施工するだけなら20万円前後でおさまります。

車両保険を使ってKeeperを施工

余談になりますが、今回はsugiが個人で加入している車両保険を使ってコーティングを施工しました。

飛来物による破損に該当するらしく、1等級ダウン(1年で等級戻るから差額0円)で保険が使えました。保険会社に相談したら2つ返事で入金してくれたので助かりました。それでも10万円は自己負担なので痛い出費でしたが。。

でも10万円で30万円相当のコーティングが施工できたと思えばラッキー。
前向きに考えるのが大事ですね。

まとめ

今回は色々あって急遽EXキーパーを施工してみましたが、全体的な仕上がりは大満足です。

以前に施工した「クリスタルキーパー」でも十分だと思っていましたが、コーティングの世界は奥が深い。上には上があることを改めて体感しました。

この車にはいつまで乗るか分かりませんが、新車みたいにピカピカになって帰ってきたので、まだまだ大切に乗っていきたいと思います!

コーティングが気になっている方は、相談だけでも越谷レイクタウン店のキーパーさんにしてみてください! SUGI MAGを見たと言えば店長が対応してくれる(かも)です(笑)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。