スポンサーリンク

こんにちは、BMW 3シリーズ(F30)オーナーのsugiです。


この記事ではタイトルにもあるとおり、BMW 3シリーズ(F30)の内張りを固定するのに使われているクリップ「ドアトリムクリップ(正式名称)」の1つを破損させてしまったのでオートバックスで代替品を購入してきました。

絶対に”サイズを忘れる自信”があるので自分の備忘録的に書いてみたいと思います。同じBMW 3シリーズをはじめ、他メーカーのクルマに乗っている方もよければご参考までに。

内張りを固定しているクリップは「ドアトリムクリップ」という名前

そもそもですが、内張りなどの内装パーツを固定しているパーツの名称は「クリップ」もしくは「ドアトリムクリップ」と呼ぶみたいです。

サイズは車種によって異なるようですが、クリップの長さと太さが合えば多少サイズが違っても案外取り付けができるようです。

トヨタ車用の「ドアトリムクリップ」を購入!BMWとも互換性があった

実際、今回sugiが購入したのはトヨタ車用の「ドアトリムクリップ」という商品でOKでした。取り付けに違和感があったり外れなくなるトラブルはありませんでした。


サイズはクリップ長さが15cm、適合穴径は8.5でした↓

正しいサイズは不明だけどAmazonで買える商品があった

AmazonにBMW車種とMINIに対応した「ドアトリムクリップ」が販売されていました。購入される場合はこちらがおすすめです。

スポンサーリンク


そのほかの車種でお使いになる場合は、車種情報と正確なクリップサイズを調べて購入するか、クリップがセットになった商品もチェックしてみてください↓

内張りを何度も剥がしているとクリップの破損はつきもの

今回はスピーカーとツイーターの後付けのために内張りを剥がす作業をやっていたのですが、何度も付けたり剥がしたりしていると、クリップが劣化して破損する場合があります。

クリップはプラスチックで先端は薄い構造になっているので、曲がりやすく壊れやすいです。そんなに高いものでもないので、破損してしまったら無理に取り付けず新品を購入した方が良いです。


BMWの内張りのクリップはスライド式になっていたので、曲がってしまったクリップを取り外して新しいものに取り替えて作業完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドアの内張り剥がしを初めてやる時って、割と度胸が要る(パーツが硬くて本当にこの外し方で合っているのか不安になる)感じがありますよね(笑)

sugiは何車種かの内張りをDIYで剥がしたことがあるのでだいぶ慣れましたが、油断するとこんな感じでクリップが破損することもあります、、

クリップは車のエンジンルームやトランクルームなど、内張り以外の場所でも数多く使われているパーツなのでDIYを頻繁にする方は買い置きをしておいても良いかもしれませんね。

何かしらの参考になれば嬉しいです。

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で