スポンサーリンク

こんにちは、BMW 3シリーズ(F30)オーナーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、愛車のBMW 3シリーズを納車してから起きた故障・不具合が起きた箇所についてまとめて紹介したいと思います。外車・輸入車は壊れるとよく言われていますが実際はどうなのか。BMWに乗ってみたい方はご参考までに。

ご注意

この記事はあくまでsugiの場合の事例です。走行距離や使用環境によって車のコンディションは変わってきますので、sugiと同じ3シリーズであっても差があります。あくまで一例として参考にしてみてください。

【結論】ほとんど壊れてない!

まず先に結論から書くと、ほとんど壊れてないです!(笑)

納車してからもうすぐ4年目、2回目の車検を迎えますが、これまで不具合で交換したパーツは片手で数えられる程度のもので、突発的な出費もほとんどありませんでした。BMWの認定中古車だったからなのか、中古で購入した割に当たり車両を引いたかなと満足しています。

この記事で登場するBMW 3シリーズ(F30)の車両情報

❍ 車種/グレード:BMW 320i スポーツ(F30)
❍ 年式:平成24年式(2012年)
❍ BMW認定中古車
❍ 走行距離:15,000km(購入時) / 52,000km(執筆時)
❍ 事故/修復歴:なし

BMW 3シリーズ(F30)を5万キロ走るまで修理・交換した箇所

BMW 3シリーズを納車してから自分では3.5万キロ、トータル走行距離では約5.2万キロほど走りました。現時点まで交換したパーツは以下のとおりです。

パワーウィンドウ

パワーウィンドウが納車して1年経たないで故障?不具合を起こしました。

画像はイメージ

症状としては、パワーウィンドウのボタンを押して開閉したときに、最後まで閉まらなくなったり、自動で最後まで閉じなくなったり、最後まで閉まったと思ったら勝手に開いたりなど挙動がおかしくなりました。

原因を調べてもらったところ、パワーウィンドウの開閉に使われているパーツの1つで「レギュレーター」という部品があるらしいのですが、こちらが故障していたようです。

中古車保証の範囲で修理ができたので無料でしたが、通常修理だと2〜5万円ぐらいではないかと思います。部品代が高いともっと掛かるかも。

サーモスタット

「サーモスタット」が1年点検のタイミングで不具合を起こし交換になりました。

1年点検時にBMWの水温計の挙動がどうも不安定(温度が上がらない)だったので質問したところ、システムのログに故障履歴があったようで「サーモスタット」が交換になりました。

このパーツが壊れると、水温計の表示がおかしくなったり、最悪の場合オーバーヒートすることもあるようで、早い段階で見つかって良かったです。

こちらも保証対象で無料交換になりました。通常だと2〜3万円ぐらいになるかと思いますが、見積もりを貰ってないので想像上の金額です。

スポンサーリンク

タイヤ交換(パンク)

まだ溝があったのですが、2年目に差し掛かった頃に左フロントタイヤが釘を踏んでパンクしたようで、タイヤを交換しました。


詳しくは別記事で紹介していますが、脱ランフラットしてピレリのドラゴンスポーツに交換しました↓

履いていたタイヤはコンチネンタルのランフラットタイヤで18インチのサイズだったので1本3万とか4万円(定価)、ディーラーで交換すると10万円〜の見積もりになりますが、タイヤショップで交換&セールを活用したので4万円でお釣りが来ました。

ブレーキパッド/ディスク

消耗品のブレーキパッド/ディスクを同時交換しました。

街乗りが多い方なら4〜5万キロ前後、ロングドライブが多い方は7〜10万キロ前後が1つの目安。前後左右のブレーキパッド・ディスク・センサーの交換で15万円〜20万円前後が相場ではないかと思います。

こちらは消耗品なのでケチらず交換が必要なパーツです。工賃が余計に嵩むので、よほど前輪後輪で減り具合に差がなければ同時交換がおすすめです。

エンジンオイル/エレメント

エンジンオイル/エレメントは前回の1年点検(法定点検)のタイミングで交換しました。BMWのエンジンオイルは「ロングライフオイル」という長寿命のものが使われているため、だいたい1.5万キロ〜3万キロの間で交換が推奨されており、あとはコンピューターが教えてくれます。

sugiはロングドライブも多いので、2万キロ前後を目処に交換を考えています。次回は今年の秋ぐらいで良いかなと。ディーラーで1回2万円〜2.5万円ぐらい。結局納車してから1回しかオイル交換してないことを考えると、1回のオイル交換は高いもののコスパはそこまで悪くないと思います。

スポンサーリンク

ドアトリムクリップ

これは自分で破損させたので交換しました(笑)

お値段は1,000円以下なので消耗品にもカウントできないかもですが、故障箇所が少なすぎて記事化できなかったので一応紹介だけ。

【点検費用】車検・1年点検

これは故障ではないので別記事で詳しく紹介します。点検・オイル交換などのメンテナンスについて詳しく紹介していますのでよければ参考にしてみてください。

これから故障すると予想している箇所

余談になりますが、輸入車が壊れ始めるのはだいたい5万キロを超えてからだと思います。現時点では快調そのもので、ユーザー車検を受けてあと2年は問題なく駆け抜けたいところですが、以下の箇所はこれから故障するリスクがあるので注意箇所として念頭に入れてあります。

これから故障すると思われる箇所

❍ オイル漏れ(F型では少ないけどたまにある)
❍ 冷却水漏れ(こちらも同じ)
❍ ウォーターポンプ交換(5万キロ超えると交換が推奨されていたはず)
❍ バッテリー交換(あと1年ぐらいで消耗品としての寿命)
❍ センサー系統(輸入車は弱い・誤作動が起きる)
❍ コンピューター(これが壊れたら乗り換えかな)

これらは100%壊れる訳ではありませんが、安全で確実に愛車を維持するためには、これらの箇所がいつ壊れても大丈夫なように貯蓄と修理工場の目処は立てておきたいところ。

いきなり壊れると焦りますが、交換時期や不具合の前兆を覚えておくと初期対応が早くなるので少しは安心して乗れると思います。

まとめ

今回はBMW 3シリーズ(F30)を納車してから今日まで壊れた箇所をまとめて紹介してみました!

sugiが乗っているBMWは2012年式でF30型のなかでも前期モデルにあたりますが、これまで大きなトラブルや突発的な不具合もなく駆け抜ける歓びを感じられるクルマです!

輸入車は故障が多いと思われがちですが、車種や年式と前オーナーの乗り方によるものが大きいと思います。F30型は世界的に売れている車種ですし、ネットで検索すると20万キロ以上走っている強者もいるので、当たりを引けば末永く乗れる車ではないかと思います。

これからもBMWのあるカーライフを楽しんでいこうと思います!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で