ドライブレコーダー

【1万円以下で買える】前後2カメラ ミラー型ドライブレコーダー Jansite レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、BMWオーナーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、1万円以下で購入できる前後2カメラ ミラー型ドライブレコーダー「Jansite」について紹介したいと思います↓

フロントカメラ(ミラー)
リアカメラ

このドライブレコーダーは、1万円以下で買える比較的お手頃なモデルながら、しっかり録画ができる・見栄えが良い・夜間も見やすい・さらにAmazonで売上ランキング上位のドライブレコーダーになります。ミラー型のドライブレコーダーをお探しの方でコスパ重視の方に推したいモデルになります。

上位モデルに比べると夜間の録画画質は劣るものの、ミラーとしては実用レベルで使いすかったので、ブログでも詳しく紹介していきたいと思います!

Jansiteとは?

Jansiteは、中国深センにある企業です。ハードウェアの専門知識を組み合わせてカー用品やガジェットを10年以上にわたり販売しています。

おもに中東、東南アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界120カ国以上で販売され、日本でもドライブレコーダー以外のカー用品がベストセラーやランキング上位に入るなど国内でも実績あるブランドです。残念ながら日本語のメーカーページはありませんでしたが、商品購入や返品などの対応はAmazonセラーが対応しているので安心して購入できます。

Jansiteの特長

このドライブレコーダーに商品名がないため、以下Jansiteのドライブレコーダーと紹介します。

Jansiteドライブレコーダーの特長は以下のとおり↓

商品の特長

❍ 10インチディスプレイ搭載(ミラー型)
❍ 前後2カメラ
❍ 前後フルHD
❍ 広角録画
❍ リアカメラはIP68防水設計
❍ メモリーカード128GB対応
❍ 駐車監視機能搭載

開封

実際に開封していきます。

まず、パッケージはこんな感じ。
シンプルなデザインでオール英語表記です↓


本体がこちら。
表面には保護フィルムが貼られているので使用前に剥がしましょう。
全体的な質感や上位モデルと大差ありません↓


本体底面に電源ボタンがあります。
普段は車のエンジンと連動しているので使用する機会はないですが、電源操作を手元で行う場合に使います↓


フロントカメラはミラーと一体型になっています。
引っ張るとこのように伸縮する仕様です↓


マウント部分はミラーに傷が付かないように柔らかい素材が入っていました。BMWだと大きさ不足なので、気になる方は隙間に緩衝材を追加で入れた方が良いかも↓


電源はMini-USB、リアカメラはAV(アナログ)方式、マイクロSDスロットがあります。GPS穴は埋まっていて使えないです。これは恐らく仕様です↓


全ての付属品がこちら。
基本的に必要十分なものが揃っていますが、マイクロSDが入っていないのはちょっと残念。値段を考えれば仕方ないですが、日本市場では入っていた方が喜ばれます↓


説明書とマイクロクロス。
説明書は英語表記、日本語表記がありました↓


ミラーに固定するバンド。
1つ予備扱いなのか3個付属していました↓


こちらがリアカメラ。
防水設計なので車外取り付けもできます↓


リアカメラ取り付け用の両面テープとネジ↓


電源はシガーソケットが付属↓

BMW 3シリーズ(F30)に取り付けてみた!

今回も愛車のBMW 3シリーズ(F30)に取り付けてみました。
BMW純正のミラー形状は、このように湾曲しているので従来のミラー型ドライブレコーダーの取り付けは難しい状況でした(中にETC入ってるからこんな形してます)↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BMWに取り付けるために別売バンドを購入

BMWのようなミラー形状が特殊な車にミラー型ドライブレコーダーを取り付けるには、別売の長いゴムバンドがあると便利です。

今回紹介しているメーカーとは違うお店が販売していますが、実売価格で1,000円ほどで買えるので購入しておくと取り付けが出来るようになります↓

10インチだとBMWには丁度よいサイズ感

実際に取り付けるとこんな感じ。
詳しい配線方法は別記事で詳しく紹介しているのでそちらをチェクしてみてください。

フロントカメラ(ミラー)
リアカメラ
【保存版】前後2カメラ ドライブレコーダー 取り付け方法 まとめ みなさんこんにちは(・∀・)走行距離10万キロ超えスイフトオーナーのsugiです。 今回はタイトルにもあるとおり、前後2...
BMW 3シリーズに前後2カメラドライブレコーダーを取り付けてみた! 配線方法や注意点まとめ みなさんこんにちは(・∀・) BMWを納車してウハウハだけど、プライベートで全然ドライブに行ってないsugiです。 ...
【保存版】スイフトにドライブレコーダーの配線を隠して綺麗に取り付けてみた!取り付け方法 まとめ こんにちは、スイフトオーナーのsugiです。 ここ最近、ドライブレコーダーのレビュー記事が多いので今回はタイトルもあると...

実際の走行映像はこちら

実際に走った映像をYouTubeにアップしました。
画質はこちらの動画で確認してみてください!

はじめてのミラー型ドライブレコーダーにおすすめ!

Jansiteのドライブレコーダーはシガーソケットタイプで、リアカメラの配線長さも10mのロングケーブルが付属しているので、初心者でも割と取り付けがしやすいと思います。

日本語にしっかり対応している

さらに、操作画面はグラフィカル(直感的)で使いやすく、しっかり日本語に対応しているのもおすすめポイントです。一部やや怪しい日本語はありますが、意味はしっかり伝わるので必要十分です。

10インチディスプレイ搭載(ミラー型)

画面サイズは10インチディスプレイを搭載しており、フレームレスでスタイリッシュなデザインと、ミラーとしての視認性も悪くないと思います。

たまに安すぎるモデルを買うと画面の明るさが足りず後方確認がしにくいドライブレコーダーもありますが、Jansiteは視認性がしっかり確保されています。

前後フルHDで録画できる!

ドライブレコーダーの録画画質は前後フルHDで録画できます。

前後とも日中撮影はかなり綺麗に録画できている印象ですが、夜になるとやや画質が落ちる印象でした。今回は車内取り付け(スモークフィルムが付いた窓越しに撮影)だったこともあり、映像は若干暗めですが1万円以下のドライブレコーダーでこれだけ録画できれば十分だと思います。リアカメラを外付けすればより綺麗な映像が録画できると思います。

フロントカメラ
リアカメラ

WDR/HDR補正

映像の白とびや黒つぶれを補正する「WDR/HDR補正」が搭載されています。
反応は他のドライブレコーダーと大差ない印象でした↓

広角録画

フロントが170°、リアカメラは140°の画角で録画できます↓

ドライブレコーダーとしては標準より若干広めに録画できる画角なので優秀だと思います。

リアカメラはIP68防水設計

リアカメラはIP68規格の防水設計になっているので、取り付けができる方はぜひ車外に取り付けてみてください。

スポンサーリンク

今回は車内取り付けで検証していますが、スモークフィルムが付いているため若干暗く録画されています。本来の100%の性能を出すには車外取り付けがおすすめです!

リアカメラの角度調整は画面をスワイプすればOK!

リアカメラの角度調整は画面をスワイプすれば簡単に調整することができます。

もちろん取り付け時の角度調整も大事ですが、ある程度適当に取り付けてもミラー側で補正ができるのでかなり便利。最近のミラー型ドライブレコーダーには多い機能ですが、これは嬉しいです。

まとめ

今回はJansiteのミラー型ドライブレコーダーを実際に使ってレビューしてみました。

1万円以下で買えるミラー型ドライブレコーダーで、Amazonランキングで上位に入ってる商品で気になっていましたが、想像より完成度は高く視認性も良かったので満足度は結構高いドライブレコーダーでした!

新しくゴムバンドを購入したことで、BMWのミラーにも取り付けができるようになったので、これからも気になったミラー型ドライブレコーダーがあれば積極的に使って紹介していきたいと思います。

ミラー型ドライブレコーダーが気になっている方はぜひAmazonページをチェクしてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です